【ひょうたんやまヒロ歯科通信067】被せ物のための型取り

皆さんこんにちは。ひょうたんやまヒロ歯科の副院長の松倉徳明です。昨日今日とどのような予定をお過ごしでしょうか?私は土日と仕事ですが、昨日から毎年恒例の24時間テレビが始まり、僕もついつい家に帰っては見てしまいます。もちろんひょうたんやまヒロ歯科の待合室のテレビでは、24時間テレビを放映しています。城島リーダーはしっかり時間内に完走してくれるんでしょうか?瓢箪山のジンジャモール商店街でも24時間テレビの余波で、チャリティー活動が朝から活発にされています。ノボリが出ていたり、机を出してきて募金活動をしていたり、商店街の中でサライがずっと流れていたり、24時間テレビ一色となっております!もしよければ皆さんもチャリティー活動に参加しましょう。

スクリーンショット 2014-08-31 15.57.26

今日はひょうたんやまヒロ歯科の被せ物を作る為の型取りについて書かせて頂きます。ひょうたんやまヒロ歯科では、型取りの時によくお口全体の型を取らせて頂きます。例え一個の部分的な金属でも、上下ともお口全体の型取りをしなければいけないんです。

スクリーンショット 2014-08-31 17.08.48

これは何故か。一個の金属を入れる為には他の部分の噛み合わせを見て作る必要があります。噛み合わせの面は特になんですが、これが一本全部を覆うような被せ物の場合は当たる点や顎が動く方向等も考えて作らなければなりません。これらは私達歯医者側と作り手の技工士側の話になってくるのですが、患者様として分かりやすい言い方で言えば、金属を入れた時に高くないかどうか。歯医者に行って金属を入れられる際に、なかなか高さが合わなくて何度も赤い紙を噛まされて時間がどんどん過ぎていってしまった経験はございませんか?こういったことを極力防げるように全体の噛み合わせをたとえ一個の金属を入れるだけだとしても、全体の噛み合わせを取らせて頂いて噛み合わせの精度を上げるようにしています。

スクリーンショット 2014-08-31 17.10.43

それ以外にもひょうたんやまヒロ歯科では、取った印象から模型にする際になるべく誤差が出ない物を作る為に、型取りをしてなるべくはやく石膏を流すようにしています。その石膏も粉液比を必ず守り、真空練和をして流し、固まる際に変形しないように専用の箱に入れています。

スクリーンショット 2014-08-31 16.52.07 スクリーンショット 2014-08-31 16.52.47

こういったことを守ることにより、より少ない調整で患者様のお口に入る時に違和感なく入れれるようにしています。ですのでいつも大きく型取りすることをご理解ご協力よろしくお願いいたします。ただ非常に嘔吐しやすい患者様もいらっしゃいますので、型取りの際にイスをなるべく起こしてしたり、嘔吐反射が起こりにくくするためにトレーをなるべくフィットするように選んだり、印象材が柔らかくなりすぎないよう注意を致しますので、嘔吐しやすいなどご自身にあるようでしたら事前におっしゃって頂ければありがたいです。

このように作った被せ物がお口に入る際にどれくらい調整がいるか、よく見ておいて下さい。ひょうたんやまヒロ歯科では保険治療の被せ物でも調整はわずかです。自費治療の被せ物になるとなおさらです。保険治療と自費治療の違いについてはまた書かせていただきますね。

なるべく精度のいい被せものが入れたい、被せものを入れる際に削られすぎていて噛み合わせがしっくりこない等があるようでしたら、土日も診療していますのでひょうたんやまヒロ歯科までいらして下さい。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

 

【ひょうたんやまヒロ歯科通信066】丸福

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉裕規です。

朝、晩がすこしずつ気温が下がり始めてようやく秋の匂いがしてきました。          秋と言えば何を想像しますか?                              食欲?運動?

ひょうたんやまヒロ歯科では、昨日診療後に食欲を満たす為にひょうたんやまヒロ歯科がある  ジンジャモール商店街にある焼きそば、お好み焼きの「丸福」に行ってきました。

丸福は瓢箪山に昔からあるお好み焼きの店で、メニューは一般的な豚玉やイカ玉、ミックス、モダン焼き、ネギ焼き、ゲソ塩焼き等があります。(書いてるだけで、お腹が鳴ってきてしまった…)

ひょうたんやまヒロ歯科は瓢箪山の東通り商店街とジンジャモール商店街の両方に面していますが、東通り商店街には飲み屋さんが多く、歯医者が終わって掃除している時に、窓をあけるとなんともいい匂いが漂ってきます。

昨日も、診療が終わって、歯医者を出た瞬間にとてもいい匂いが漂ってきてそのまま飲み屋に消えてしまいそうになりましたが、なんとかもちこたえました(笑)

丸福では本当に昔ながらのおいしいお好み焼き、焼きそば等が食べれますので、是非一度行ってみて下さい。(もしかしたら会うかもしれませんね 笑 )

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信065】耳掻き専門店ララアスリ(2)

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉裕規です。

この間のブログで、イヤースコープという歯医者のマイクロスコープという顕微鏡に似た器具で 耳の中を見ながら耳掃除をしてくれるララアスリという耳掃除専門店に行ってきたという話を書かせていただきました。(私の耳が大変汚かったという話も書かせていただきました。だいぶ恥ずかしい話ですが…)

では、どのようにして耳掃除をしていくのか。

耳の入り口には、鼻と同じで異物が侵入してこないように毛が生えています。         イヤースコープで見る時に邪魔になってしまいますので、入り口の毛をカットしていきます。

写真 1

毛をカットしてしまえばもう汚れが見えていますので、特別な耳垢を溶かしてくれる薬剤のついた綿棒で汚れを取っていきます。

写真 2

実は耳垢は耳の入り口の毛があるとこにしかたまらないみたいです。             知ってました?                                     綿棒をする時は、奥の方まで入れないと汚れがとれないと思ってましたが、奥の方まで入れてしまうと逆に汚れを奥の鼓膜近くまで押し込んでしまうようです。                奥深くまで汚れを押し込んでしまうと外耳道が炎症を起こして、外耳道炎になってしまうようなので、皆さんも気をつけて下さい。

耳掃除をされていて、歯医者のクリーニングに似てるなーと思いながら、掃除をされていました。

歯医者でも、磨き方を指導されたことのない患者さんは、来られた時に汚れがかなりついています。しかし、患者さんに聞くと毎日きちんと歯ブラシしてるのになーとほとんどの方がおっしゃいます。それで歯ブラシ指導でどこの場所にきちんとブラシが当たらないといけないのか、どのように歯ブラシをもつのか等説明させて頂きます。

そうすると、次の治療時にお口の中を見せて頂くとビックリするくらいキレイになっていることはよくあります。

よくよく聞いてみると歯医者には行っていたけどきちんとした指導をされた覚えはないということでした。

知らないでやっていると、逆に体に悪い事をしてしまうこともあると言う事です。

ひょうたんやまヒロ歯科では、磨き方から指導させて頂いておりますので、磨き方を指導して欲しいという方は是非お越し下さい。

土日も診療していますのでよろしくお願いします。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

 

【ひょうたんやまヒロ歯科通信064】臭い→匂い

こんにちは。ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉徳明です。今朝は天気がいまいちでしたが、だんだん日差しも出てきましたね!最近は朝晩と少し涼しくなってきて、夏もそろそろ終わりに近づいている感じですね。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆さんお気をつけ下さい。

今日は歯医者のニオイについて書かせて頂きますね。皆さんはどうでしょうか?歯医者独特のニオイってどんなの?と聞かれるとどういうことを想像しますか?僕はパッと薬剤強烈なニオイを想像してしまいます。

スクリーンショット 2014-08-28 18.45.48

これはなぜかというと、一昔前までは、歯医者では根っこの消毒の治療に、強いニオイがするホルマリン系の薬剤が使われることが主でした。この薬剤は非常にニオイがキツく分かりやすいので、いわゆる歯医者独特のニオイと皆さんの脳裏に刻まれる事になったのではないかと思われます。

スクリーンショット 2014-08-28 18.38.59 スクリーンショット 2014-08-28 18.38.47

しかし今は根っこの消毒のお薬に代表されるホルマリン系の薬剤は、シックハウス症候群のような化学物質過敏症のアレルギー症状を引き起こされる事が分かってきており、世界ではこれらの薬剤が使用されなくなってきているのが現状です。また細胞毒性の高い薬剤の使用は、細胞のみならず生体の細胞傷害を及ぼすことにもなるため、生体に為害性の少ない物が使われるようになってきています。これらが原因となって、神経処置をした後になかなか痛みが取れなかったり、当たると響く症状がずっと消えなかったりすることが起こったりします。

ひょうたんやまヒロ歯科ではなるべく、生体に害が少なくかつ細菌に効く水酸化カルシウム製剤というものを使うようにしています。これにより、様々な症状を出す事なく確実に神経治療を行えるだけでなく、歯医者のニオイも独特な臭いがしないようになったのです。

写真 1スクリーンショット 2014-08-28 18.43.06

ただし患者様にとって、昔の神経治療と大きく変わる点があることもお伝えしとかなければなりません。それは神経治療の際に、毎回麻酔をしないといけないということです。患者様に昔は麻酔をこんなにしたかな?と尋ねられることがあります。これは先ほどもお伝えしたホルマリン製剤の特徴ですが、一度そのお薬を置くと神経を壊死させる効果があります。なので、過去の神経治療にはあまり麻酔を使用しなくてもよかったのですが、先ほども説明させて頂きましたが、欠点が多いので使用されなくなっていています。水酸化カルシウム製剤は、神経を壊死させる作用はなくそのままの処置では痛みが出てしまいます。あとは以前にも説明させて頂いていますが、神経治療の際にはラバーダムというゴムのシートをかけさせていただきますので、必ず麻酔をさせて頂いております。

yjimage-1 yjimage03_16_01007

これで院長が書いていた、麻酔が痛くならない為の当院の機材をなぜそこまでしているかという事に、つながってきたのではないでしょうか?こういったことでひょうたんやまヒロ歯科ではなるべく歯医者独特の臭いという物を、匂いに変えれるよう様々な工夫を科学的にも、格好的にもするようにしています。院長のこだわりで、歯医者にはディフューザーも置いております。興味のある方は、また院長に匂いの話を降ってみて下さい。東大阪の瓢箪山でいい匂いの歯医者として根付いていければ幸いだと思います。歯医者のニオイって苦手なんだよな・・・という方は是非ひょうたんやまヒロ歯科に来て頂いて、一度大きく深呼吸をしてみて下さい!今までのイメージを一新できるのではないでしょうか?

写真 2 写真 3

 

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信063】耳掻き専門店ララアスリ(1)

皆さん、おはようございます。                              東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉裕規です。

今日は、昼から研修があるため午前診のみになります。よろしくお願いします。

今日は、昨日体験してきたなかなか体験しない事を書きたいと思います。

昨日は、休みだったので、本町にある耳掻き、耳エステ、耳つぼダイエットの「ララアスリ」に行ってきました。

http://www.larasasri.net

耳掻き専門店というと、膝枕してもらって耳掻きしてもらうといったイメージがあるかもしれません(自分だけ?笑)。

しかしこのララアスリの耳掃除は少し違って、イヤースコープという以前紹介した根管治療の時に使うマイクロスコープのようなものを使用して実際に耳の中を見ながら掃除をしてくれるんです。

実際にひょうたんやまヒロ歯科に来て下さる患者さんにも初診で来られた時に口腔内の写真を撮って説明をさせて頂きますが、皆さん「自分の口の中を見るのなんか初めてやわー」とびっくりしながら、興味津々に見られています。それと同じように耳の中をイヤースコープで見せてもらうと びっくりするくらい汚い(恥ずかしいですが…)。

写真 2-2

ここからまだ経験したことのない耳掃除が始まっていきます。

その模様は、次回のブログでまた書かせて頂きます。乞うご期待!!

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信62】釣り

皆さん、こんにちは。                                  東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科の歯科衛生士阿部です。

他のスタッフが夏の思い出の事を書いていたので、私も遅れながら書きたいと思います。

私はお盆休み中に、何か夏らしいことがしたいと思い、山か海どっちに行くか悩みましたが、海に行く事にしました。

海といっても海に入って遊んだりするんではなくて釣りです!!

港から海へ船を出し、ポイントにある船に移り乗り、そこで釣りを楽しむという釣りでした。

写真 1

その日は大漁で入れ食いでした。

私はあまり虫の幼虫の類いを触れないので大きい餌はつけられず、サビキというエビをかごの中に入れて籠の先についた針を海に落として、小さい魚を釣るという方法でした。         私はやっていませんが、他に生きているミミズを針につけたり、疑似餌をつけて遠くに投げて少し大きめの魚を釣る方法もありました。

そのポイントがよかったのか、針を入れた瞬間に食いついて上げてみると、何匹も鯵がつれました。

そしてまた餌を入れて、落とすとすぐまた鯵が….

そんな感じで2,3時間していると、あっという間に鯵が40匹以上、他にスズキ、キス等バケツが満タンになるくらい大漁で楽しく釣りをしました。

写真 2

しかし…釣ったまではよかったのですが、釣った魚の後の処理が大変だったんです。

ぜいごを取って、頭とはらわたをとって、背びれと腹びれを切り落として洗うんです。

またこのぜいごが硬くて、手が痛い!

その処理を続けること1時間…やっと全てさばくことができました。              後は調理です!…………..またまた戦いです(泣)

釣った魚は南蛮漬け、唐揚げ、天ぷら、煮付け、すこしだけ造りも作りました。        調理は大変でしたが、どれも美味しくて大満足でした。

写真 4写真 3

でもしばらく魚をさばくのは遠慮しようと思います。(笑)

皆さんも是非、自分で魚を釣って、さばいて、食べてみて下さい!!

 

【ひょうたんやまヒロ歯科通信061】CT

こんにちは。ひょうたんやまヒロ歯科の受付兼助手の福西です。

早い物で8月ももうすぐ終わりになりますね。夏が好きなひょうたんやまヒロ歯科のスタッフはとても寂しいです。…泣

さて、今日はひょうたんやまヒロ歯科の設備について紹介したいと思います。         ひょうたんやまヒロ歯科では従来のレントゲンの機械に加えてCTを導入しています。

皆さん、CTがどのようなものか知っていますでしょうか?                  聞いた事があるけどもどのようなものか知らないといった感じではないでしょうか?

私もひょうたんやまヒロ歯科で働くまではどのようなものか知りませんでした。

CTを導入している歯医者さんは、あまり多くはないようです。

CTとは簡単に言うと顎や歯等を3次元的に立体的に見ることのできるレントゲンです。

写真 2

従来のレントゲンはどのようなものだったかというと人間の顎をある一定の位置で輪切りにして見る事ができると思って頂くと良いかもしれません。

写真 1

ですので従来のレントゲンでは二次元的にしか見る事ができず、情報量が限られてしまいます。

ではCTはどのような時に撮影をするのかを紹介してみたいと思います。

色々なケースがありますが、撮影をする機会が多いのは、インプラントや親知らずの抜歯、歯の神経治療の時です。

つい先日に、私も親知らずを抜きましたがその時にCT撮影をしました。

CT撮影をすると歯の生えている方法、歯の根っこの数、骨の厚み、歯から神経までの距離等を詳しく知る事が出来ます。

このCTで私の歯が内側を向いていて根っこは1本で神経まで十分な距離があって、抜くのには安全だという事が分かります。

写真 5写真 4

写真 3

情報が少ないままに治療をしようとすると、神経を傷つけてしまって顎がしびれたままになってしまったり、出血が止まらない、いくら治療をしても良くならない等マイナスなことが多いんです。

過去に、情報が十分でないまま治療が行われて、残念ながら死亡してしまったという事例があるくらいです。

皆さんも、いくら治療をしてもなかなか治らない、治療をするんであればきちんとCTを撮影してから行いたい、CTのことについて聞いてみたい等ありましたらお気軽にひょうたんやまヒロ歯科に来て下さい!!

スタッフ共々、心よりお待ちしております。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信060】痛くない麻酔

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉裕規です。

ここ最近の、私のブログでは歯医者のことから離れたことを書くことが多かったので、今日は歯医者のことについて書きたいと思います。

以前、高田が麻酔を痛くなくする為に、院内でしている事として表面麻酔としてペンレスというシールを麻酔前に貼ってから治療を行うと、麻酔のチクッとするのを和らげることができると紹介をさせて頂きました。

写真 2

今日はそれに追加して、麻酔をなるべく痛くなく受けて頂くために行っている事を紹介できればと思います。

ひょうたんやまヒロ歯科では麻酔をする際に痛くなくする為にしていることが3つあります。

1.麻酔前には、ペンレスという表面麻酔のシールを貼る。(以前に高田が書きました)

2.使用している針は33Gのものを使用する。

3.麻酔の液を体温程度まで温める。

です。

針は細ければ細いほど、刺されていることを感じません。

G(ゲージと言います)は数が大きければ大きいほど細くなります。

yjimage-1

33Gの針は現在一番細い針になり、最も痛みを感じにくい針になっています。

そして、ひょうたんやまヒロ歯科では麻酔の液をカートリジウォーマーを使用して       体温程度(37℃)にまで温めています。                          体温程度まで温めた麻酔の液と室温程度の液では体温程度まで温めたほうが痛みが少ないんです。

yjimage

この3つで麻酔をなるべく痛くなくさせて頂いています。

今まで歯医者で麻酔で痛い思いをした、少しでも痛くない治療を受けたいという方は      是非、ひょうたんやまヒロ歯科までお越し下さい。                     スタッフ共々心よりお待ちしています。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信059】まさか…

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科

院長の松倉裕規です。

今週末は雨みたいです。(最近は毎週末雨です)今日も昼から雨みたいなので皆さん、傘を忘れないように!!

今日は一昨日と昨日起こったなんで?ということについて書きたいと思います。

実は一昨日は自分に、昨日は副院長になんで?という出来事が起こりました。

どんな出来事かというと…

二人とも履いていたズボンが破れてしまったんです。

よく股のところが、長年履いていてすれてきて破れることはありますが、今回破れたのはなんとお尻の部分と太ももの前の部分!

写真 2写真 1

経験したことありますか?なんで?

朝、電車が来るまで座って待っておこうと思い、座った瞬間

「ん?なんか太ももの裏が冷たい」

イスが濡れててズボンが濡れてしまったのかな?と思いズボンを触った瞬間

「まさか?」

触れるはずのない自分の太ももが触れる。

いつから破れていたのか?破れた感じも全くなく朝履いたときは違和感がなかったので家から駅に向かうまでの間か?

しかも早めに破れていたとしたら太ももとパンツ丸だしで街中を歩いていたことになってしまいます。

こんな経験は、なかなかすることがないので貴重な経験でした。(もう起こってほしくないですが…)

皆さんも、いつどんなまさかが起こるかわからないので気をつけて下さい。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信058】副院長の夏期休暇!

皆様お久しぶりです。ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉徳明です。

今日はお盆休み明けの初出勤です!休みは長いようで短かったのですが、私自体が非常勤なので、やっと帰ってきたという感じです。もうひょうたんやまヒロ歯科のスタッフは一通り夏休みに何をしたか書いているみたいなので、今日は追加分として私が何をしていたかを書かせてもらいます。

皆さんの今年のお盆休みはどうでしたか?ひょうたんやまヒロ歯科の患者様も皆さん心なしか肌の色がこんがり良い色に焼けていて、田舎に帰ったり、海にいったりしたのかな?と、ふと考えてしまいます。私は数少ない休日に、BBQをしました。火を起こすところから焼くところまで自分の仕事でした。夏の暑さに加えて、火の熱さで汗が滝のように流れました。普段は室内でずっとこもっているので、そんな気持ち悪い環境でも何故か清々しく感じてしまい、お肉の味が日頃の数十倍の旨味と化していました!それにしてもこの暑さ、異常じゃないですか?心の片隅で少し海に行けば良かったかな?と思ってしまいました。

image

 

残りの休日は、前から書かせて頂いていた藤本研修会に行っていました!夏休み気分の中気持ちを必死で切り替えながら勉強をしてきました。本当に今の勉強会の素晴らしいところは、ただ単に歯を削って入れるという、流れ作業的な物を学ぶのではなく、噛み合わせとは何なのか。何故そこで噛み合ないといけないのか、その噛み合わせを作るにはどうすれば一番効率が良いのかということを徹底的に教わります。

皆さんはご自身のお口の中に入っている金属がどのように作られているかご存知でしょうか?型取りをすればいきなり金属になるという単純なものではありません。分かりやすく言うと、歯の鋳型を作り、その鋳型に金属を流し込むと出来上がるのですが、それが簡単な物ではありません。

スクリーンショット 2014-08-21 19.09.25

 

まずはこの始めのろうを作る事から始まります。このろうを作るのは完全に手作業になります。今の歯科の現状で言うと、型取りをしてその模型を技工所に送って、完成品が出来上がってくるというのが主流となっております。つまりこの行程を習うのは大学生の時以外にあまりないのです。

スクリーンショット 2014-08-21 19.09.48

私が今回の勉強会で何を学んできたかというと、このろうをどのように機能的に作らないといけないのか。どのように歯と歯が噛み合っていて、どのように作っていかなければならないのか。その人固有の噛み合わせにあった物を作るにはどうしなければならないのか。ということを2日間ろうを作る事を通じて学んできました。決して1回で自分が作れるようになるという事が目的ではなく、これを通じて噛み合わせを学ぶことに重きが置かれています。

image_2 image_3

 

時間内にロウ作りが終わらず、宿題になってしまいました。気が滅入る2日間でしたが、少しでも理解を深める為に頑張りたいと思います。院長も同じことを経験してきています。これは日常の診療において噛み合わせを学ぶ上で非常に有効なトレーニングだと思います。少しでも噛み合わせについて知りたい方、自分のお口に入っている金属に興味がある方は何でも聞いて下さい。

これで僕の夏休みは終わりです。勉強会ばかりで夏休みも大変だなと思ってもらったかもしれませんが、皆さん御心配なく!横浜で勉強会終わりに、勉強会を受けている先生方とナイトクルージングをしてきました!ちゃんと息抜きも出来ています。横浜の港もまた奇麗でした。本当に充実した夏休みだったと思います。今日も含めて、今週も土・日を含めて頑張っていきます!

image_1

 

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています