【ひょうたんやまヒロ歯科通信089】土日の勉強会

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉裕規です。

今日は、非常に天気も良く、暖かい一日でしたね。昼間は暑いくらいでした。

副院長もブログで書いていましたが、9月27,28の土日で東京のほうに勉強会に行ってきました。 その間は、ひょうたんやまヒロ歯科は副院長にまかせて行っていましたので土日は私の患者さんには治療する事ができず、予約の日が伸びてしまい申し訳有りませんでした。

この土日で、そのようなことを勉強してきたかというとブログにも書いていたようにアメリカの教育を受けアメリカでの専門医のライセンスをもつ先生のもとでアメリカ式の歯周病治療について学んできました。

この土日からの1年間の勉強会になりますが、期待と緊張が半分、半分で行ってきました。

アメリカ歯周病専門医の二階堂雅彦先生の教え方は、やはりアメリカで教育を受けておられるので1つ1つの事に関して、なぜ歯周病がおこるのか、原因がわかったらどのような治療法があるのか、その治療法を行ったら、将来どうなっていくのかを科学的な裏付けに基づいて教えて頂けます。

今回はまだ第1回目だったので、歯周病の基本的な勉強の仕方や、治療計画をより細かくたてる為の資料の集め方の講義でした。

今までも、患者さんの口腔内の写真は撮らせていただいていましたが、被せ物に集中して撮るのと歯肉に集中してとる撮り方には少し違いがあり、非常に勉強になりました。

昨日、副院長も書いていましたが、ひょうたんやまヒロ歯科に新しい歯肉を撮るためのカメラが仲間入りします。

早速、今日衛生士の阿部に昨日教わってきた事を伝え、二人で練習して患者さんにも奇麗に見て頂いてわかりやすく説明できるようにしていきたいと言っていたところなので、カメラが来るのが楽しみです。

一年間このような形で土日に私がいない時があります。その間は副院長が担当しますのでよろしくお願いします。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信088】口腔内写真

こんにちは。ひょうたんやまヒロ歯科の副院長の松倉徳明です。今週の土・日は副院長ではなく院長としてさせて頂いています。いまいちピンと来ていないかもしれませんが、実は今週の土日は院長が研修のために不在なので、私が院長としてさせて頂いているのです。なので院長は不在ですが、私が通常の診療や院長の患者様の応急処置などをさせて頂いているので、ご了承下さい。また何かあれば、ご連絡頂ければ通常通り対応させて頂きます。

本日はひょうたんやまヒロ歯科で多用している口腔内写真について書かせて頂きます。今までひょうたんやまヒロ歯科にはカメラが一台あったのですが、最近用途が増してきたので、違う種類のカメラを一台増やすことになりました。それも含めて紹介させて頂きます。

口腔内写真とは、お口の中の状態を撮った写真のことを言います。患者様が初めて医院に来て頂いた状態を記録として残す場合や、説明のために撮らせて頂く場合、治療計画を立てる為に撮らせて頂く場合。用途は非常に様々です。そしてなくてはならないものなのです。それも普通のデジカメでは細部を撮ることが出来ないので、特殊なレンズやフラッシュ等を使ったカメラが必要になります。

例えば、初めて来て頂いた時に汚れの取り残しがある場合。

IMG_7833

 

そして治療を終えた場合を残しておくと、変化が一目瞭然になります。

IMG_8185

このように治療をしていく上で、記録を残しておくことが有効になる場合があるのです。もちろん患者様に口腔内写真が必要な場合は、お声かけさせて頂きます。そしてこの口腔内写真を撮らせて頂く際に、患者様の唇に器具をかけさせて頂いて、大きくお口を広げさせて頂くことが必要になります。通常は痛みはないのですが、すこし大きくお口を広げるので違和感はあると思います。あとは非常に乾燥する時期や、お口が渇いている場合に口角が切れる場合があります。リップクリームやワセリンを塗って頂く方が不快感がないと思われます。使う場合はお声かけ下さい。こちらからもお声かけさせて頂きます。そして側方面(横から)や咬合面(噛み合わせの面)等を撮る場合は鏡を使わせて頂くことがあります。

image2 image3

 

IMG_8192

鏡も少し大きいものなので、痛みが出ないよう配慮して入れさせて頂きます。しかし強く粘膜に当たってしまうと痛みを伴う場合があります。そのような場合は伝えて頂ければすぐに位置を変えるようにします。決して我慢する必要はないですし、無理に続けるようなことはしません。こうして5〜13枚の写真を撮らせて頂く場合があります。

先ほども書かせて頂きましたが、口腔内写真は治療をしていく中で説明や経過を見るために非常に重要になるものなので、必要である際は患者様に説明をさせて頂いていますので、ご了承頂ければ非常に助かります。

あとの使い道としては、歯科医師と技工士の間で被せ物の色調を合わせる場合等にも使わせて頂くことがあります。やはり目で見たものを伝えることは非常に難しく、写真で色や形を伝えると技工士の方も作り易くなるのです。

スクリーンショット 2014-09-28 16.13.31

ひょうたんやまヒロ歯科では、今までサイドフラッシュというカメラだけでしたが、最近新たなカメラが加わりました。サイドフラッシュとは被せ物の色を合わせる時などはキレイに写る反面、歯ぐきの色等はキレイに写り過ぎてしまったりします。今度の新しいリングフラッシュというカメラは、歯ぐきを鮮明に映し出すことが出来ます。またカメラのボディーの色も赤色になるので、私的には凄く新鮮で楽しみです。カメラはまだ届いていないので、近日公開いたします。

サイドフラッシュ

image1

 

New カメラ

image4

口腔内写真の重要性が分かって頂けたと思います。口腔内写真を撮らせて頂く機会は非常に多いので、患者様に理解して頂けると非常にありがたいです。

この土日は院長不在でご迷惑をおかけしますが、通常通り土日も診療していますので、歯に関するご用がある場合は是非ひょうたんやまヒロ歯科にご連絡下さい。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信087】指しゃぶり2

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉裕規です。

前回にブログで子供の指しゃぶりの種類、指しゃぶりをしているとどのようになってしまい   なぜやめないといけないのかという事を書いていきましたので、今日はその続きの一番気になる、指しゃぶりをやめなければならないのはわかったけどどうすればいいのかを書いていきたいと思います。

この指しゃぶりの対応についてはいろいろな見解があります。                このとき歯科医と小児科医の間で見解に多少のが違いがあります。

小児科医:指しゃぶりは生理的な人間の行為であるので、子供の生活環境、心理状態を重視して無理にやめさせないほうがいいという意見が多い。

歯科医:指しゃぶりは、噛み合わせや歯並びに影響とともに、発音や嚥下(物を飲み込むこと)、口元の変形(前歯が前に出る事による顔貌の変化)、顎の発育にも影響が出てくるため4~5歳を 過ぎた指しゃぶりについては指導しやめさせたほうがいいという意見が多い。

このように見る見地が違うととる方針が全く違います。

また臨床心理士による見解は、指しゃぶりは生理的なものとしながら、4~5歳になっても持続している場合は背景に親子関係の問題や、遊ぶ時間が少ない、退屈しているなどの家庭環境の影響がある為、子供の心理面からの問題行動の1つであるととらえる意見が多いようです。

以上をふまえるとひょうたんやまヒロ歯科の見解を言いますと、

生後12ヶ月までの指しゃぶりは乳児の発育過程における生理的な行為なのでそのまま経過を見る。

1~2歳                                         昼間の指しゃぶりは減少し、退屈なときや、眠い時に現れるのであまり神経質にならずに見守る。

3歳〜就学前                                       この時期になると子供同士が遊ぶようになり、社会性が発達してくるので指しゃぶりは自然と減少してくるはずだが、それでも頻繁に行っているようなら受診してもらい対応していく。

小学校入学時                                      この時期になればほとんど指しゃぶりはなくなっているはずだが、それでもやめられない子は歯科医、小児科医、臨床心理士による連携が必要となってくる。

最後に皆さんが出来る事として                              「まずは、3歳ごろまでは指しゃぶりは特に神経質に禁止する事はないことを理解しておいて下さい。そしてお子さんの生活リズムを整えて、外遊びや、運動をさせてエネルギーを発散させたり、手や口を使う機会を増やしてあげて下さい。またスキンシップを増やす為に、お子さんが寝付くまでの間、手を握ったり、絵本を読んであげる等お子さんが安心出来る環境を作って上げて下さい。

親の愛情を感じる事が、指しゃぶりの特効薬ではないでしょうか?

是非、試してみて下さい!!

それでも指しゃぶりをやめない場合は、ひょうたんやまヒロ歯科までご相談下さい。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信086】仮歯(暫間修復)

こんにちは。ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉徳明です。またまた台風が関西に迫っていましたね〜。もう温帯低気圧に変わったみたいですが、私の来る木曜日にばかり重なって、本当に嫌な気分です。私が来る時に台風が近づいてくるのか、台風が近づいているのにも関わらず私が来たら台風が去るのか、どう解釈すればいいのか・・・これからは晴れるようなので、気持ちを切り替えていきましょう!!

今日は仮歯について説明させて頂きます。皆さん仮歯ってなんのことかお分かりでしょうか?虫歯や歯が欠けてしまったりする場合に、歯の形が大部分残っている場合はいいのですが、多くの場合虫歯を取っていったり、破折片を取ると歯の形を失ってしまいます。このような場合、見た目がよろしくなかったり、噛みにくくなってしまうので仮歯を入れさせて頂く場合があります。

スクリーンショット 2014-09-25 15.56.32

上記に書かせてもらった用途以外にも仮歯の用途は本当に様々あり、歯医者において非常に欠かせないものになります。被せものをする際に仮歯をきっちり合わせる事によって歯ぐきがキレイになり精度の良い型取りができたり、噛み合わせが無くなってしまった場合に、仮歯によって噛み合わせを回復したり、見た目を非常にこだわった被せ物をする際に仮歯で完成のものと近いものを作り様子を見たり。役割は無限大にあります。

こんなに必要なものだからこそ、必要であれば患者様には治療の間に仮歯を作ることを勧めさせて頂くのです。ただしここでひょうたんやまヒロ歯科のホームページにも書いていますが、仮歯は保険治療での作成ができません。なので仮歯自体は実費負担になってしまうのです。

ではホームページにもある、院内作成と技工所作成はどう違うのかというと、1~2本の仮歯を作ることに関しては時間を少し頂いたり削る前に型取りをさせて頂ければ、それに合わせてもしくは私達がその場で作ることが出来るのですが、3本にまたがるブリッジという形であったり本数が多数にわたる場合は型取りをさせて頂いて、技工所で作ってもらわないと作ることが出来ないのです。なのでその違いが出てきてしまうのです。

image1

この必要不可欠な仮歯であるのにも関わらず、造る行程であったり保険適用でなかったりややこしいことがたくさんあります。仮歯は最終の形態をしているのにも関わらず、そのままでずっと使い続けることは難しいのです。なぜかというと、材料がプラスッチックなので割れてしまったりセメントが仮歯用なので虫歯になってしまったりするのです。患者様には仮歯をなるべく理解して頂いて、作る必要がある場合には勧めさせて頂きます。ただし費用がかかるものですので、無理な場合はお申し付け下さい。その場合は、見栄えや適合などは仮歯には劣ってしまいますが、代用のもので出来るだけの処置はさせて頂きます。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信085】指しゃぶり1

皆さん、こんにちは。

近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅南出口降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科       院長の松倉裕規です。

今日は、子供の指しゃぶりについて書いていきたいと思います。

ひょうたんやまヒロ歯科も、開院して4ヶ月目になり幸いな事に多くの患者さんに来院して頂いておりますが、その中でも6歳以下のお子さんの来院も多くなってきました。

自分にも、1歳半の子供がいますが、お子さんを連れてこられる親御さんが歯医者でよく聞いていかれる質問があります。

「指しゃぶりはいつまでにやめればいいの?」

気にはなっているがなかなか誰も答えをもっていないらしくそのままさせているけど…という方が多いようです。

そこで、その問いにお答えしたいと思います。

指しゃぶりというのは、実はお母さんのお腹の中にいるときからしているんです。       胎生14週頃から口に手を持って行く動きが始まり、24週頃には指を吸う動きが出てくるそうです。32週頃から指を吸いながら羊水を飲む事ができるようになり、生まれてすぐに母乳を飲む準備をしているようです。

ここで、生まれてからの、指しゃぶりの特性を紹介したいと思います。

乳児期                                         生後2ヶ月〜4ヶ月:口のそばに来たものを無意識に吸う                   5ヶ月;なんでも口に持って行きしゃぶる

幼児期前半                                       1歳〜2歳:手を使い遊べるようになり、昼間の指しゃぶりは減少して、退屈な時、眠いときに  見られるようになる。

幼児期後半                                       3歳〜就学前:母子分離が出来ると自然と指しゃぶりは現象する。5歳を過ぎると指しゃぶりはほぼなくなる。

学童期                                         6歳になってもまれに指しゃぶりを続けている子がいる。特別な対応をしない限りは消失することは少ない。

では、ここでなぜ指しゃぶりをやめなければばらないのか?を知って行きたいと思います。   指しゃぶりが別に悪いものでなければ、指しゃぶりをしてくれている間はおとなしくしてくれているし特にやめる必要はないですもんね。

指しゃぶりをやめなければいけない大きな理由は指しゃぶりをしていると歯並びや、噛み合わせに大きな影響が出るからです。

よくあるのは                                       •上顎前突

スクリーンショット 2014-09-24 12.41.12                           •開咬

スクリーンショット 2014-09-24 12.41.20

上顎前突とは前の歯が前に出てしまいます。これは指が入っている事によって上の前歯が押し出されてしまい舌の歯は指で押され中に入ってしまいます。                   そして指が入る事によって前歯の間にスペースができることを開咬といいます。        このようになってしまうと舌が前歯のスペースに入ってしまう癖がついてしまったり唇が閉じにくくなってしまう、発音がしにくくなってしまう。というような症状が出てしまいます。

ではこのような指しゃぶりはどのように対応していけばいいんでしょうか?          歯医者で対応するものなのでしょうか?

ここからが一番知りたいところだと思います。                       また次のひょうたんやまヒロ歯科ブログで紹介していきたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

 

【ひょうたんやまヒロ歯科通信084】歯性上顎洞炎

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅南出口降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科   院長の松倉裕規です。

今日は、本日初診でひょうたんやまヒロ歯科に来院された患者さんで以前ブログでも書いた事のある歯の神経治療をした後に歯の根の先が膿んでしまう根尖性歯周炎になってしまい後もう少しで 上顎洞という鼻の空洞まで炎症が波及するという危ない症例に遭遇したのでその話を書きたいと思います。

根尖性歯周炎とは歯髄が最近感染を起こして歯の根尖周囲の組織に炎症が起きたものを言います。以前にラバーダムの重要性などを書きましたが、無菌的に治療を行っていなかったりすると神経の空洞に細菌が侵入し根尖周囲にまで炎症を起こしてしまいます。

根尖性歯周炎になっても痛みがでて気づくことができればいいんですが、痛みがないまま進行してしまうことがあります。

皆さん痛みがなかったり詰めものが外れたりしなければ歯医者になかなか来院されないことが多いため歯医者に来てレントゲン等で見て驚かれることが多いです。

上の歯の小臼歯と言われる奥の歯と前歯の中間にある歯や大臼歯と言われるいわゆる奥歯の根の先には上顎洞という空洞があります。いわゆる蓄膿になった時に膿が溜まってしまう場所です。  歯の根の先に細菌が繁殖してしまい病巣が大きくなるとこの上顎洞に炎症を引き起こします。 「歯性上顎洞炎は上顎洞炎の実に1割を占めると言われています。

スクリーンショット 2014-09-22 20.35.20

歯性上顎洞炎になってしまうと蓄膿症と同様の症状が出ます。

本当に気づかないままに進んでしまう事が多いので過去にラバーダムをして神経治療していなかったり、歯の神経治療をしているけど大丈夫かな?と思われたらセカンドオピニオンだけでも承りますのでひょうたんやまヒロ歯科にご連絡下さい。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信083】感動の手紙!!

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科の     院長松倉裕規です。

昨日、ひょうたんやまヒロ歯科に東大阪市立縄手南中学校の川上先生がいらっしゃいました。  以前のブログでも書きましたが、9月8.9日でジンジャモール瓢箪山と東大阪私立縄手南中学校の2年生で「イキイキひょうたん山」という職業体験がありました。                その時に、いろいろとお世話になったのが川上先生だったんです。

その川上先生が、受付に立っておられ、何かな?と思っていると、ある封筒を渡されました。

「生徒たちの感謝の気持ちが入ってます」と言われ開けてみるとなんとひょうたんやまヒロ歯科に職業体験に来てくれた高野さんと荒谷さんから手紙が入っていました。

内容は、2人ともひょうたんやまヒロ歯科に来て、実際に患者さんという普段接することのない方と接してみて楽しかったし、すごくいい経験になったというものや、笑顔で接すると患者さんが笑顔で返してくれて嬉しかったというものです。そして、ひょうたんやまヒロ歯科のスタッフが患者さんに接しているのがすごく優しくて印象に残り、もし自分が虫歯になったら通いたいというものでした。

その内容を読んで、ひょうたんやまヒロ歯科のホームページにも書いてありますが、      ひとりひとりの顔が見える歯医者を目指して、患者さんがひょうたんやまヒロ歯科に来て頂き治療を受けて頂いて少しでも不安が無くなったとか人の温もりを感じて頂ければと思いながら診療をさせて頂いています。その理念を全く歯医者のことを知らず、ひょうたんやまヒロ歯科のことも知らなかった高野さんと荒谷さんが感じてくれたことにこの東大阪の瓢箪山という土地で開業させていただいてやってきたことが医院に根付いてきているんだなと思い、嬉しい気持ちともっと頑張ってもっともっと多くの人に理念が伝わるようにしなければと再確認させられました。

すごく、感動してまた頑張ろうと思えた手紙だったので大切に保管して励みにしようと思います。

本当に、高野さん、荒谷さんありがとう!!

 

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

 

【ひょうたんやまヒロ歯科通信082】ユニバーサルスタジオ2

皆さん、こんにちは。                                  東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      受付兼助手の福西です。

昨日、ブログで休みを利用してユニバーサルスタジオに行ってきましたという話を聞きましたが、今日は、その続きを書いて行きたいと思います。

今日は、ユニバーサルスタジオのアトラクションで楽しかったものを紹介していきたいと思います。

一押しはもちろん、テレビのCM等でもやってるハロウィーンホラーナイトです!!

これは、毎年行ってますが、間違いなく楽しいです。

どのようなものかというと、17:55分頃に突然モニターにニュースが流れ始めます。

ニュースの内容は最新鋭の刑務所が出来たので、そこへ囚人達の移送が始まったとのニュースです。そしてその中にはあのジェイソンが含まれているというものです。

そして、しばらくするとまたニュースが流れます。                     その内容は、USJに遊びにきていた少女が突然発作を起こして病院に運ばれたというニュースです。

そして、気づくと18:00になり、突然爆発音が鳴って周りから悲鳴が聞こえてきたと思ったら周りにゾンビが…

スクリーンショット 2014-09-20 10.13.08

一般人に混じって、ゾンビがいるので、全くわかりません。                 本当に振り返ってみるとそこにゾンビがいるという感じですwww

大人になると、大声で叫んだりすることもなくなりましたよね。               ホラーナイトだったら一目を気にせずに大声で叫んで楽しめます!!

皆さん、ハロウィンなんで、恋人、友達、家族で楽しんで下さい!!

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信081】ユニバーサルスタジオ1

皆さん、こんにちは。                                  お久しぶりになります、ひょうたんやまヒロ歯科の助手兼受付の福西です。

9月も中頃になり、過ごしやすくなりました。院長も書いてましたが、瓢箪山も少しずつ寒くなってきてますね。風邪をひきやすくなるので皆さん注意して下さいね。

さて、今日は休日について書いていきたいと思います。                   先日の休みに、ユニバーサルスタジオジャパンへ行ってきました。              以前は、年間パスを持っていたのですが、期限が切れてからは一度も行く機会がなかったのですが、CMでいろいろやってるのを見て行ってみました。

ちょうど今、ハロウィンイベントという事もあり、平日にもかかわらずすごい人でした…。   CMでは混雑のピークは過ぎました!と言っていたはずなんですが…嘘です。

写真 2

ちょうど、地方からの修学旅行生や遠足の学生、外国人の方もたくさん来られていてすごくたくさんの人がユニバーサルスタジオにいたんでは?と思っています。

朝から行っていたんですが、人気のハリーポッターやバイオハザードは整理券がないと入れません…

バイオハザードは楽しみにしていて是非行こうと思っていたんですが、あっという間に整理券の配布が終わり、入る事が出来ませんでした(泣)

写真 1

ハリーポッターは整理券が簡単に手に入りますが、エリアへの入場時間が限られていました。  その時間に、エリアに行ってみると乗り物で4時間待ち!お土産を買う店に入るだけでも2時間待ちと言われあきらめて帰ることにしました(笑)皆さんは、4時間並びますか?

写真 3写真 4

写真 5

私は無理ですww                                     もし歯医者で4 時間待ちとか2時間待ちとかなら怒ってしまいますよねww           また次の機会にしようと思います。

でもそれなりに楽しむことができました。

明日は行ってみたおすすめのアトラクションを紹介してみたいと思います。

 

あ、歯医者のことについてまったく書いていませんでした・・・!

 

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

 

 

【ひょうたんやまヒロ歯科通信080】副院長の土・日

こんにちは、ひょうたんやまヒロ歯科の副院長の松倉徳明です。先週の土・日は勉強会参加の為にお休みを頂いておりました。患者様皆様にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。関東地方は連休も重なり、大変な人のにぎわいでした!皆さん知っていましたか?私は勉強会に行くようになってから初めて気づいたのですが、3連休の中日の朝早くの飛行機ってかなり空いているんですよ。私は勉強会に行くときはいつも土曜日の早朝の便に乗って、日曜日の夜の便で帰ってきます。決まって連休の中日の朝一の飛行機は空いています。これはかなり主観的になってしまうのですが、連休に用を入れ忘れたという方でも、少し早起きすれば当日にでも旅行に行くことは出来るんです。この時間に関東に行けば1日中遊ぶことは可能ですし、是非狙ってみてもいいんではないでしょうか?

 

今日はこの土・日で学んだことに絡めて、院長が以前に書いていた歯医者の勉強会の話を補足したいと思います。

私は今回の勉強会で、歯の削り方を学んできました。こんな書き方をすれば、この歯医者歯の削り方も知らないなんて、どんな歯医者だろ?と思われるかもしれません。しかしただただ削るということを学んできたのではなく、被せ物をするのであれば、どのくらいの量を、どの方向で、どういうことを考えて、歯という貴重な組織を削るかということを学んできたのです。

スクリーンショット 2014-09-18 13.23.13

院長も以前に書いていましたが、私達歯科医師は歯医者になる前に国家試験があります。そこをクリアーして臨床研修というものを1年間受けます。その段階である程度歯をどう削るかということを学びます。ここからは私の意見になりますが、その学びは非常に曖昧な物であります。歯を、何の為に削り、何を考えて削るか、この歯は本当に削らなければならないのか、どの部分を削ってどの部分は削らなくていいのか。こんなことはあまり教えられないのです。

これを学びに、私は大学を卒業してからも勉強会に行っているのです。この勉強会ではどのような人が教えているのか。その教えている方がどのような根拠に基づいてそれを言っているのか、ということを自分で判断して今の勉強の仕方を選択しているのです。歯を削るにしても、①歯の中にある神経をなるべく傷つけないように配慮する ②周りの歯周組織に配慮する ③歯をなるべく削らないようにする ④入れた物が取れにくいような形態にする ⑤見た目を考慮する といったことをどういう根拠に考えなければならないと教えてもらえるのです。

私が本当に目から鱗になるところは、これが一部の人にしか出来ないように教えるのではなく、誰にでも考えて出来るように、非常にシステマチックにかつ事細かに教えて頂けることです。根拠や理論を学んだ後に、それを練習する。そうすることで、非常に意味を分かりながら歯を削ることが出来るようになるのです。本当にこういうところが、アメリカっぽいなと思うと同時に、日本とかなり違う部分のように感じます。

写真 1

歯科界でよく使われる言葉に、Science&Artという言葉があります。根拠についてはどう求めるものなのか、ということは院長の方で説明があったと思います。Scienceというものは、この根拠の部分に当たると思います。Artというものは、削ったり処置をすることに当たると思います。今回の勉強会で、このArtの部分というものは努力によって培われるものであるということも教えて頂きました。この努力に関しては、歯科医師の仕事をしている以上は欠かせないものであると思います。

今日から院長に削り方をチェックしてもらって、鍛錬を積もうと張り切っています。もしかしたら今晩遅くまでひょうたんやまヒロ歯科に電気がついているかもしれません。気づいた方は、私が院長に厳しく削り方を指導されているんだなと思って温かく見守っていて下さい。今後とも今回学んだことを真摯に受け止め、日々鍛錬を欠かさず頑張っていこうと思います。

写真 2

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています