【ひょうたんやまヒロ歯科通信677】クリスマス

皆さんこんにちは
ひょうたんやまヒロ歯科受付兼助手の藤原です。

もう12月中旬ですね〜段々寒くなってしまい、今週なんて気温が一桁になってますね。

そんな12月はイベントも多く一年で1番すぐ一ヶ月が終わるのが早いように感じます。

クリスマスといえばサンタクロースにクリスマスプレゼントですが、不思議なことにクリスマスプレゼントってなぜか靴下の中に入れますよね。

なぜ靴下に入れるのかなと思いました。

とある貧しい一家の3人娘が身を売ると知った聖ニコラウス
娘たちを助けるために煙突から金貨を投げ入れた
するとたまたま干してあった靴下の中にINした

っていうのがクリスマスプレゼントを靴下に入れる由来となっているようです。
もうちょっと詳しくお話しますね。

クリスマスプレゼントを靴下に入れるようになったのは、サンタクロースの起源と言われている人物の聖ニコラウス(セント・ニコラウス)の話が関係しているようです。

昔々、聖ニコラウスの近所にとある一家が住んでいました。

その一家はとても貧しく、3人娘がいたが嫁に出せないので仕方なくこの娘たちの身を売ろうとしていました。

その話を聞いた聖ニコラウスはとても同情し、夜中に煙突から大量の金貨が入った袋を投げ入れたそうです。

煙突から投げ入れた金貨が、たまたま暖炉のそばに干してあった靴下の中に。(どんな状況だよと突っ込みたくなりますがw)

翌朝、起きてきた家族が靴下の中を見るとそこには大量の金貨が入っていたので、とても驚いたそうです。(そりゃ驚きますよねw)

聖ニコラウスは次女の時も三女の時も同じようにして、娘たちを救いました。

聖ニコラウスのおかげで、3人娘は結婚して幸せになったんだとか。

そんなこんなで、クリスマスプレゼントを靴下の中に入れるというのが定着したんですね~。

あと今年ももうすぐ終わってしまいますが風邪などひかないように気をつけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です