【ひょうたんやまヒロ歯科通信1320】浸潤麻酔



皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

前回、前々回と書かせて頂いている麻酔についてですが、今回は麻酔の種類としては最後となる浸潤麻酔について書いていきたいと思います。

この浸潤麻酔とは歯医者で最も使用する頻度の高い麻酔になります。

歯医者に行って麻酔をすると言われたら大体がこの浸潤麻酔だと思ってもらっていいぐらいです。

ではこの浸潤麻酔とはどのような麻酔なのでしょうか?

麻酔は治療をする歯や歯肉に効かせたいものですが、歯は周囲を360度骨によって取り囲まれています。

ですので効かせたい歯になかなか麻酔の液が到達しないんです。

しかし骨には小さな穴がたくさん空いていますのでその穴に麻酔の液が浸潤して麻酔が効いていくんです。

麻酔の液を浸潤させていくので浸潤麻酔というんですねー。

次回はこの麻酔の液の成分について書いていきたいと思います。




———————————————————————————

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら埋め込み URL埋め込み

このコンテンツは埋め込むことができません。
もう一度お試しください リンクに変換

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)http://mywhitening.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です