【ひょうたんやまヒロ歯科通信1421】歯の割れやすさ

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

前回のブログで神経を取った歯の方が神経の残った歯よりも歯が割れやすくなってしまうとお伝えしました。

ではなぜ神経を取ると割れやすくなるのでしょうか?

歯の強度は歯肉の上にどの程度自分の歯が残っているかで決まってきます。

歯肉の上の歯が少なければ横からの力がかかった時に抵抗してくれるものがないんです。歯肉の上に歯が残っているとその力に耐えることができるので歯が割れにくくなってくれるんです。

ただ神経を取る様な状況というのは非常に虫歯が進行している場合が多いです。そうなると虫歯を取ると歯肉の上に残る歯の量は自ずと少なくなっていきます。

そうなると歯はどんどん割れやすくなってしまうということなんです。

歯がなくなってしまうとそこに歯を入れるために土台を入れます。よくこの土台をしっかりしたものにすると歯が割れやすくなるのを守ってくれるという方がいますが実はこの土台はどの様なものを入れても歯を強化することはないんです。

このことについては次回また書いていきたいと思います。


——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です