【ひょうたんやまヒロ歯科通信1434】割れ方の対策

皆さん、こんにちは☀️

近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅前で本格ホワイトニングをしているひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

最近の瓢箪山の夕立のレベルが凄くないですか⁉️

あの勢いが一時間も続けば、瓢箪山は水没してしまうのではないでしょうか?

皆さんも夕立に備えて、折り畳み傘などを用意しておく方がいいかもしれませんね🌂

以前から歯の割れる(破折)の話をさせて頂いております。

歯の割れ方は誰にも予測がつかないので、歯の破折に備えることが大事というお話で終わっていましたね📕

実は歯が割れるというのは、単純に歯が大きく削られてしまう事によりおこってきます。

大きな虫歯があり、大きく削らなければならない。

つまり、残っている歯が薄くなってしまう。

そうすると、歯も物理的に力が加わると割れてしまうんです。

なので、ひょうたんやまヒロ歯科ではどのような場合でもなるべく大きく歯を削らないように心がけています。

ただし、虫歯は必ず取りきらなければなりません。

虫歯が残ると、またそこから虫歯が進行してしまうので、残すことはしてはいけません。

ここがジレンマになってくるんです。

では上の図のように、虫歯は全て取り切った、しかし内側に薄い歯が残ってしまった。

このような場合はどうすれば良いのでしょうか⁉️

また次回書かせていただきたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です