【ひょうたんやまヒロ歯科通信1436】親知らず 2-2

こんにちは!

近鉄瓢箪山で土日診療を行っている、ひょうたんやまヒロ歯科の中上です。

前回に引き続き、親知らずについて少し説明したいと思います。

そもそも、親知らずは抜かないといけないものなのでしょうか?

親知らず=抜歯 という印象がありますが、本当にそうなのでしょうか?

そんなことはありません。

ちゃんと親知らずが生えるスペースがあり、上の歯と噛み合い、清掃ができる状態であれば、親知らずも立派な、大切な歯です。

しっかり清掃して、一生大事にしていただきたい大切な歯です。

でも、現代人の顎は小さくなってきている傾向にあるようで、親知らずがちゃんと生えるスぺ―スがないということが多いです。

スペースがない結果、歪んで生えるもしくは、一部分しか生えないということになってしまいます。

そうなってしまうと、うまく清掃することができず、親知らずが虫歯になってしまったり、親知らずの周りの歯茎が晴れてしまったりします。

この様に親知らずが悪い状態になってしまうことも怖いのですが、親知らずの手前の歯に虫歯を作ってしまったり、歯周病を発症・増悪させてしまったりします。

親知らずは、最悪抜けばいいのですが、親知らずの手前の歯は、とても大切な歯です。

親知らずを抜くことが遅れて、手前の歯にダメージが残るということは最も避けるべきことだと考えています。

抜歯が必要な場合は手遅れにならないように早期の処置をお勧めします。

また、完全に埋まっていて、手前の歯に全く影響のない状態であれば、無理に抜く必要はありません。

歯茎にうまったまま暮らしていきましょう!(完全に埋まっていても手前の歯に影響を与えている場合はあります。)

僕自身も左の上下の親知らずはちゃんと生えるスペースがなく、歪んで生えてしまい、清掃が難しかったので抜歯を受けました(研修医時代の副院長に抜いてもらいました (笑))。

そんなに痛くなかった気がします🎵

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です