【ひょうたんやまヒロ歯科通信1441】親知らず 2-3 分類

こんにちは。

瓢箪山でホワイトニングを行なっている、ひょうたんやまヒロ歯科の中上です。

今日も前回に引き続き親知らずについて少し解説していきたいとおもいます。

親知らずといっても古くから様々な研究がなされていて、その中に親知らずのClass分類というものがあります。

ざっくり難易度をクラス分けしたものですね。

そのなかでも有名なものがPell and Gregory の分類というものとG.B.Winterの分類があります。

僕も普段からよく使っています。

まずは Pell and Gregory の分類 からですが。

これは親知らずの”深さ”と親知らずの後ろにどれだけ”奥行”があるかというものです。

深さについては、第2大臼歯(親知らずの手前の歯)と比べてどれくらいの深さにあるかです。

具体的には、親知らずのてっぺんが、Position A :第2大臼歯と同じ高さ、Position B:第2大臼歯の咬合面(てっぺん)から歯頚部(くびれ)の間、PositionC:第2大臼歯の歯頚部(くびれ)より下という深さをPositionで表します。

次に、奥行きについては、下顎枝の前縁(下顎の横の立ち上がってるところの前)が親知らずに、ClassⅠ:全然かかっていない、ClassⅡ:大部分がかかっている、ClassⅢ:ほとんどもしくはすべてかかってるに分けられます。(一部改変)

ClassⅠ Position A なら侵襲は少なく、短時間で処置が可能で、ClassⅢ Position C なら、かなり侵襲は大きく、時間もかかるといった具合です。

Radiologic assessment of mandibular third molars: an ex vivo comparative  study of panoramic radiography, extraoral bitewing radiography, and cone  beam computed tomography - ScienceDirect

続いて、G.B.Winter分類は、垂直位、近心傾斜、水平位、遠心傾斜など歯の傾きを表します。

この様に親知らずを事前に診断、分類することで、処置の難易度を考え、それに応じて説明、処置を行っています。そのほかに根の形や本数、神経との位置関係など様々な情報も診断しています。

皆さんも一度レントゲンを見てご自身の親知らずがどんな分類になるか見てみてください!

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です