【ひょうたんやまヒロ歯科通信1448】土台の優しい外し方

皆さん、こんにちは☀️

近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅前で本格ホワイトニングをしているひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

最近日中も秋らしさを感じれる気温になってきていませんか?

皆さんも感じるのではないでしょうか。

今週末から4連休の方も多いと思います。

皆さん秋を感じに、お出かけしてみてはどうでしょう😁

ちょっと前の話になってしまいますが、歯の破折について書かせて頂いていました。

神経処置をしている場合、天然歯よりも多く削られている場合が多く、歯の破折が起こり易い状況にあります。

ではこのように、既に神経処置をしている歯が根っこの中で感染を起こし、再度処置が必要になってしまった場合。

歯が破折しないように、どのようにすれば良いのでしょうか⁉️

処置をするにあたって、先ずは被せ物を取らなければなりません。

どのように被せ物を取るかご存知でしょうか?

このように被せ物にスリットを入れて、金属を半分に割って取ります。

この時に、中の歯を極力削らないように注意して削ることが重要なんです。

被せを取ると、多くの歯がこのように土台が入った状態で出てきます。

この金属の色をしているものが土台です。

実はこの土台を外す際に、歯の破折がないように最も注意を払わなければなりません。

土台を外すからといって、削りたくると残っている歯の量が減ってしまいます。

では、ひょうたんやまヒロ歯科ではどのようにしているか。

実は必要最小限に削り、あとは超音波の振動で土台を取っています。

この土台の外し方が、最も破折のリスクが少なく歯に優しいんです。

このようにして、根っこの再治療の時にどのようにして破折のリスクを減らすことが出来るのかを考えながら処置をしています。

ただし、この超音波で土台を取る際は、非常に振動が加わります。

また土台に熱を生じますので、少し痛む場合がございます。

その時は、麻酔を使わせて頂く場合もございます。

歯にとって、極力優しい方法を取っていますので、皆さんのご理解のほどよろしくお願い致します。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です