【ひょうたんやまヒロ歯科通信1459】根尖性歯周炎②

皆さんこんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山にある、ひょうたんやまヒロ歯科、歯科医師の安田です。

ひょうたんやまヒロ歯科は明日は臨時休診になりますので、皆さんお間違えのないようお願い致します。

今回も引き続き、勉強会に参加させていただいた際に学んだ根尖性歯周炎についてのお話です。

前回は根管治療においては無菌的な治療がとても重要であり、その中でもラバーダム防湿を行って根管治療を行うことが最も大事なことであるというお話をさせていただきました。

口腔内には様々な細菌が生息しており、それらの細菌が根管内に入り込むのを防ぐ手段としてラバーダム防湿は用いられています。

ラバーダム防湿を行うことで、外部からの細菌の侵入は阻止することができました。

それではもともと根管内にいる細菌はどうやって取り除いていくのでしょうか?

根管内を無菌化する方法は大きく二つあります。

一つは機械的な洗浄、もう一つが科学的な洗浄と呼ばれるものです。

まずは機械的な洗浄方法についてお話します。

細菌は根管内の壁の中に生息しており、そのまま洗うだけでは除去することはできないのです。

なので、ファイルといったような器具を使って根管の壁を削り取って細菌を除去していきます。

皆さんがよく神経治療の時にクリクリされているイメージを持っているものです。

ひょうたんやまヒロ歯科では、ニッケルチタンロータリーファイルといったファイルを電動で使っていますので、クリクリするようなことはあまりありません。

そうすることによって細菌が生息していた根管の壁を取り除き、きれいな部分だけを残すことができるのです。

しかし、このように物理的に清掃できる範囲というものは非常に限られています。

なぜなら以前もお話しさせてもらった通り、根管というものは非常に複雑な構造となっており、器具が届く範囲にも限界があるからです。

このままでは器具が届かない範囲は、細菌が生息したままになってしまうのでしょうか?

そこで用いるのがもう一つの洗浄方法である化学的清掃です。

次回はこの化学的清掃についてお話しさせていただこうと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です