【ひょうたんやまヒロ歯科通信1471】歯科ドックの内容

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山駅駅前にある、ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

もう11月に入りましたね。

今年も残すところ後2ヶ月ですよ❗️

ビックリしてしまいますね。

体調には気をつけて、残りの2ヶ月過ごすようにしましょう。

前回私が歯科ドックについて書かせて頂きました。

皆さんもうパンフレットを手に取って頂けましたか?

今回はこの歯科ドックの内容について書かせて頂きたいと思います。

当院で行う歯科ドックの口腔内写真から説明していきます📸

ただお口の中のカラーのお写真を取るだけではなく、これは規格写真といって、ちゃんと倍率や撮る場所などを一定にした写真になります。

ちゃんと問題になる場所がどこか、術前と術後を比較できるようにもしています。

しかも全体をくまなくチェック出来るように、複数枚写真を撮ります。

次にレントゲン写真になります。

このレントゲン写真は、お口全体のレントゲン写真ではなく、個々の歯にスポットを当て、細部が分かるように複数枚取っていきます。

大きなレントゲン写真は、ざっくりした全体像は分かるのですが、1歯単位のことは分かりません。

特に隣り合った場所に虫歯があるのかどうかということが、非常に分かりづらい写真になっています。

そして最後に歯周病の検査をします。

レントゲン写真は、虫歯や歯を支えている骨がどれくらいあるのか、よく分かるのですが、実は2次元の情報しか得ることが出来ません。

ただし、歯は360度あるので、レントゲン写真だけを頼りにしてもいけませんし、実際の歯の周りの情報も必要になります。

目盛りのついた器具を、歯と歯茎の境目の歯周ポケットに入れて、歯周病かの検査をする。

それに加えて、歯茎からの出血があるのかどうか。

そして汚れがどこに付いているのか等、細部まで実際の口腔内を見て検査していきます。

ここまでの情報を取ることが、歯科ドックの内容になります🌟

そしてこれらお口の中の情報を集めると、歯科医師の方で全てをチェックします。

そして後日、お口の中の説明を患者様に直接、歯科医師の方からさせて頂くといった流れになっています。

歯科ドックの大体の内容もこれでご理解して頂けましたか?

年末に向かうこの時期に、お口の中が気になっていらっしゃる方が増えてきます。

その方にも歯科ドックはお勧めです❗️

お電話で歯科ドックをして欲しいと言ってもらっても良いですし、医院に来て頂いてスタッフに直接聞いて頂いても大丈夫です。

歯科ドックに興味を持たれたのであれば、是非ひょうたんやまヒロ歯科までご連絡下さい。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です