【ひょうたんやまヒロ歯科通信1496】1月院内勉強会

皆さんこんにちは。

近鉄瓢箪山駅前で土日診療をしている、ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

皆さんの節分はいかかがでしたか?

2/2で間違えなく、出来ましたか?

私はおうちで巻き寿司を巻いて、南南東を向いて食べました。

今年も良い年になってくれるようにお願いもしましたよ。

今日は以前に書かせて頂いた、院内勉強会の報告をしたいと思います✏️

先月の院内勉強会では歯周基本検査について、歯科衛生士・歯科医師含め共通の理解を得れるように勉強しました✨


歯周基本検査とは何かというと、歯周病になっているのかどうか器具を使って検査をすることです。

内容は、まずは歯科衛生士から歯周病の検査をどのような手順で、どのようにするのかを話してもらいました🎙

歯茎の検査は、どのように器具を動かさないといけないか。

検査を受けられた方はご存知かもしれませんが、あのチクチクする検査です。

実はあの検査は、一回一回抜き差ししているのではなく…

歯の周囲全体の骨の形やなくなり具合を見るために、歯と歯茎の境目の歯周ポケットに器具を入れながら動かして検査を行っているんです。

これをウォーキングプローブ法といいます💡

これにより、歯周病によって減ってしまったいびつな骨の形まで把握しているんです。

またこの時の検査の圧力はどのくらいかというと、約25gぐらい。

これであれば、患者様に痛みを与えることなく、検査も正確に測ることができるんです。

この圧力を計測器を使い、25gとはどれくらいの力なのか体で覚えるようにしました。

実はこれだけでも、約1時間くらいかかってしまうくらい、深い内容なんです。

まだまだこの分野は話すことがあり、実は1回の勉強会でディスカッションが終わらなかったため、他の内容は次回に繰越になってしまいました。

また2月の勉強会の報告も皆様にお伝えするようにしますね。

皆さんに以前からお伝えしている、歯科ドックの中にこの検査は必ず入ってきます。

ひょうたんやまヒロ歯科の衛生士も歯科医師もこのようにより深く知識を持って処置が出来るようにしています。

もしひょうたんやまヒロ歯科の歯科ドックに興味がある方は、是非ご連絡下さい。

では1日頑張っていきましょう。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です