【ひょうたんやまヒロ歯科通信1589】歯磨きの理想回数

みなさん、こんにちは。

大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長松倉裕規です。

みなさんは1日に何回歯を磨きますか?

口の中におびただしい数の細菌が溜まっている朝起きた時と口の中を清潔にしてから寝るという意味でも寝る前に最低歯を磨くと良いです。

が、原則に何回磨くというのはなく、「気になるのではあれば何回でも」というのが答えですかね。

人によって口の中の状態は違うものだと思いますから、絶対こうでなければならないというものはありません。

正直なところ、一番の理想としては、「口の中にものを入れる度に歯を磨くのがベストだったりします。

食べ物を口に入れるたび、細菌のエサを取り込んでいるようなものなので、それを毎回掃除しているイメージで。

毎食後が厳しければ間食などはカウントしないとして、せめて朝・昼・晩だけでも磨くだけで違うと思います。

毎回、歯を磨くのが難しいという場合であれば、うがいしたりするだけでも良いでしょう。

とにかく食事した際は、何らかのオーラルケアはしようとこころがけることをおすすめします。

ちなみに歯磨きの時間としては平均で毎回3分ほどかけて磨いていただけると幸いです。

自分ではきちんと磨いたつもりでもなかなかとれない汚れもあるでしょうし、口の中を完全にきれいにすることを考えると3分は必要かなと思います。

そんなに時間とれないという方もなかにはいらっしゃるかもしれません。

そういう場合には一日のうち、一回だけでも3分歯磨きする時間を作っていただけると幸いです。

当院は土日診療やネット予約も受付けています。

歯磨きのことで何かありましたらお気軽にお越しただき、ご相談いただけたらと存じます。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1588】歯周病を放置するとどうなるのか

みなさん、こんにちは。

大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長松倉裕規です。

以前、どうして歯周病になるのかについて語らせていただきました。

そこで今回は、歯周病を放置しておくとどうなってしまうのかについて少しお話させていただこうと思います。

歯周病は放置してしまうとどんどんどんどん骨が溶けていってしまいます。

骨が溶けると歯の位置が下がっていってしまうのです。

最悪、歯茎が痩せて歯が抜け落ちてしまうなんてこともあります。

歯を失ってしまうと精神精神的にも身体的にも大きなダメージをくらってしまいます。

脳への刺激が減り、体の歪みを引き起こすなど、歯以外のところにも影響を及ぼすことにもなるのです。

そのため、歯周病にかからないことはもちろん大前提として大事ですが、それ以上に放置しないことはもっと大事です。

歯茎から血が出たり、歯がネバネバしたりしていませんか?

歯茎が腫れるなどといった形で歯からのサインがあるはずです。

そのサインに気づき、早めに歯医者に駆け込み、対処するようにしましょう。

歯周病は本当に恐ろしい病気です。

ちょっとくらい大丈夫とは思わずに気づいたらなるべく早く行動することをおすすめします。

当院は土日診療やネット予約など行っていますからいつでも困った時はご連絡ください。

歯周病の悩みにももちろんご相談に乗らせていただきます。

いつでも気軽にお越しいただけましたら幸いです。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1587】歯の神経をとるとどうなるの

みなさん、こんにちは。

大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長松倉裕規です。

突然ですが、歯の神経をとると歯の状態はどうなるかご存じですか?

歯の神経は血管に直結しています。

水分や栄養を送る役割をし、植物でいうと葉っぱとか根といったイメージです。

そのため、歯の神経を抜くと血管も同時に取り除かなくてはならないのです。

歯の神経は生きています。

なので、抜いてしまうと枯れた植物のような状態になります。

そのためそれにより様々な異変が起きてしまいます。

歯の異常を感知できなくなったり、歯が変色したり、もろくなったりするなどといったことです。

そのようなことになってしまうと生活に不便な状態をきたしてしまうことになりかねません。

異常を感知することができないとなると、自分の歯が病んでいても気づけないため、危険です。

しかしながら歯の状態などによっては歯の神経を抜いたほうが良い場合だったり、抜かないと仕方ない場合なども存在します。

歯に炎症があったり、虫歯がかなり進行している場合などがそれに該当します。

ですが、歯の神経は歯にとって大事な役割をしているので、神経を抜かなくても良いように、やはり日頃から歯の状態を健康に保つよう、努力をすることは必須です。

当院は土日診療やネット予約も行っていますから、歯の神経を抜くべきか迷っている時など当院にお越しいただき、遠慮せずご相談いただけましたらと存じます。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1586】虫歯の進行速度について

みなさん、こんにちは。

大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長の松倉裕規です。

虫歯は悪化すると取返しがつかないことになりますので、早めの治療がベストです。

ですが、どのくらいのスピードで進行していくかご存じですか?

今回は虫歯の進行速度について少しお話できればと思っております。

まず、虫歯の進行速度に関しましては歯の場所によって多少の違いがあります。

基本的には、虫歯菌が増殖してから一か月くらいで虫歯になるとされています。

が、酸に対する抵抗力が弱めな生えたての永久歯や乳歯などはそれよりも早く虫歯になってしまうこともあるのです。

また、歯周病や加齢などにより歯茎が垂れ下がった場合などはさらに早くなるので注意が必要です。

そしてそれだけではありません。

日頃の生活習慣が原因となり、速度があがってしまう場合もあるのです。

「きちんと歯を磨いていない」「糖質を過剰にとる」といった行為でも進行速度を早めてしまいます。

なお、ゆっくり食事をするのもあまりおすすめしません。

ゆっくり食事をすると口の中がだんだん酸化してきて、虫歯になるリスクも速度も結果としてたかまってきてしまうのです。

そのため、日頃から虫歯に対して意識して生活することは大切になってきます。

すぐ治療すれば良くなることでも進行が進んでしまうことで治療したくてもできなくなることもあります。

なので、虫歯かと思ったら迷わずにすぐ歯医者に駆け込んで欲しいなと思うのです。

当院は土日診療およびネット予約も行っています。

ですので、虫歯を感じたらすぐお越しいただけたら幸いです。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1585】お子さんが歯医者を怖がらなくためにできること

お元気ですか?

大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長松倉裕規です。

お子さんと歯医者に行く際にお子さんが嫌がって連れていくのにてこずった、あるいは連れていけなかったなんて話を聞くことがあります。

お子さんにとって歯医者は怖いものでしょう。

しかし、歯の治療は本当に大切なものなのでできることなら来ていただきたいです。

そこでそんなお子さんが歯医者に通えるようになるためにできることについて考えてみました。

これをやれば確実というものではないですが、少しでも効果があれば幸いです。

よく聞くのは「お菓子をあげる」という方法ですが、その場合、結局のところそのお菓子が原因で虫歯になってしまったり虫歯菌が増殖してしまうおそれがあります。

ので一番おすすめはできない方法かなと。

なのでおもちゃで遊ばせるですとか、待合室には絵本がありますので絵本で心を落ち着かせるなどが効果的かと思います。

そういうことも大事ですが、何より一番のポイントは「怖さ」を取り除くことです。

慣れることで歯医者への嫌なイメージが消えたというお子さんも実際いるようです。

そのため、嫌がるから連れていかないのではなく、逆に積極的に連れていき、歯医者に対して慣れていただくことが克服の第一歩なのではないかと考えます。

そして治療が終わったあとは、お子さんをとにかく精一杯ほめてあげてください。

人はだれでもほめられるとうれしいし、また頑張ろうという気持ちにもなるのでは無いかと思います。

当院は土日診療やネット予約を行っています。

お子さんが少しでも通いやすい空間になるようスタッフ一同努めてまいりますので、ぜひお気軽にお越しいただければと存じます。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1584】自宅で安全にできる黄ばみ落としケアとは

みなさん、こんにちは。

大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長の松倉裕規です。

以前、ホワイトニングに関するブログを書かせていただいた際に、自宅でケアする方法について少しお話しました。

そのように、自宅でも黄ばみケアはできることはできます。

しかし、重曹やテープなどを使って黄ばみを落とそうとする方も見受けられますが、それは絶対に辞めて欲しいです。

黄ばみについて書かせていただいた時にも言いましたが、「歯を傷つけると余計黄ばむ」からです。

歯の中の深部の成分が出てくると黄ばみが出てきます。

そこで前置きが長くなりましたが、今回は「安心」「安全」に自宅で黄ばみケアする方法について少しお話します。

それは「ホワイトニング用の歯磨き粉」を使って歯を磨くことです。

歯磨き粉と言っても様々な種類があります。

その中に「ホワイトニング用」というものも存在するのですが、こちらは歯の汚れを浮かせて取り除き、歯を白くする効果が強いものがそろっており、おすすめです。

しかし通常の歯磨き粉より少し高いです。

また種類も割と豊富にあるので、いろいろ見てみてご自身に合うものを探してみることも大事かと思います。

基本的に歯磨き粉で得られる効果としては直接的に歯を白くするものではなく、「汚れをとる」ことで結果的に歯を白くするというものです。

そのため、「しっかりと歯を白くしたい」などと思う場合は歯医者でホワイトニングを受けるのが一番といえるでしょう。

当院は土日も診療しており、ネット予約も行っています。

ですので黄ばみのことで相談がございましたらお気軽にお越しくださいませ。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1583】歯が黄ばんでしまう原因とは

みなさん、こんにちは。

大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長 松倉裕規です。

突然ですが、歯が黄ばんでしまうのには様々な原因があります。

大きくくくると「食べ物」「加齢」「タバコ」「薬やケガによるもの」などです。

一番主流な原因としては「食べ物」が原因で起こる”着色汚れ”よるものでしょう。

別名:ステインとも言います。

磨き残しなんかも原因になったりするので歯磨きなど行う際は、必ず毎回、全ての汚れをなくすよう気をつけることも本当に大事になります。

歯に歯垢がついたままにしていると脱灰といって歯の表面にかかっているエナメル質を溶かしてしまうおそれがあります。

それが原因で黄ばみを運んでしまうこともありますので汚れは残さないというのは本当に大切です。

また、年をとると象牙質と呼ばれる歯の深部にある黄色い部分が目立ってきてしまうので、自然な黄ばみがでてしまう現象が起きてしまいます。

薬などに入っている抗生物質が原因で意図せずに黄ばんでしまうこともあるのです。

生まれつき、黄ばんでしまう人もいます。

なので、そうした意図せず黄ばんでしまう場合は仕方ありませんが、着色汚れなどは、きちんと日頃から清潔な歯を保つことで予防することもできますので、気を付けるようにしましょう。

ただ汚れがつくだけではなく、歯の表面が削れてしまったりなどが原因のこともある故、歯を傷つけずにキレイにすることが本当に大事です。

難しいかもいしれませんが「歯にダメージは与えずキレイにすること」を心がけるのがポイントと言えます。

なので、研磨剤が入っている歯磨き粉は避けるなどしましょう。

当院は土日診療やネット予約も行っているので、黄ばみケアのことで何かありましたらお気軽にご相談いただけましたらと存じます。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1582】どうして歯周病ってなるの?

みなさん、こんにちは。

大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長の松倉裕規です。

みなさんは「歯周病の原因」ってご存じですか?

歯周病は主に糖のとりすぎや歯の磨き残しといった状態から歯垢がたまり、そのことで炎症を起こしてしまい、起きる歯の病気です。

歯茎や歯の骨が溶けだしてしまい、歯が崩れてしまいます。

30歳以上の成人の約80%ほどがかかっていると言われるものです。

進行の度合いによっては歯を抜かないといけなくなる場合もあり、注意が必要です。

口の中はおよそ500種類以上の細菌がいます。

これらの細菌はあるからといって普段は特に体に影響を及ぼすということはありません。

ですが、糖の過剰摂取や磨き残しがあると細菌が歯の表面にくっつくようになり、歯垢が誕生します。

歯垢には10億近くの細菌が住みついており、ここから虫歯や歯周病を引き起こしてしまうのです。

なので、日頃の食生活や歯の健康を保つためのケアはとにかく日々、怠らないようにすることが予防にもつながりますし、かなり必要となってきます。

歯垢は取り除かないとどんどん毒素を出して歯周病を進行させていきます。

自宅でのケアだけでは限界なこともありますので、歯医者にて定期的に専門的なクリーニングを行うことも大事な予防になります。

ですので、当院は土日診療やネット予約も行っていますからぜひお越しいただき、定期的な歯のメンテナンスをこころがけていただいてはいかがでしょうか。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1581】歯周病をケアするための歯磨き法

みなさん、こんにちは。

大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長の松倉裕規です。

今回は、歯周病ケアのための歯磨きの仕方について簡単ではありますが、お教えしようと思います。

大事なのは歯周ポケットを意識すること。

そこに歯垢が溜まっていくと歯周病の原因になってしまうからです。

歯と歯茎の間に大体45度くらいの角度でブラシをあて「毛先磨き」をしましょう。

鉛筆を持つような持ち方でもってブラッシングするのがコツです。

力は入れずに優しく丁寧に磨いてくださいね。

歯茎が崩れないように気をつけながら慎重に磨くことがポイントでもあります。

小刻みに磨いてあげてください。

しかしながら汚れが歯周ポケットの奥深くまで到達していた場合、歯を磨いても汚れが取れない場合もあります。

そんな時は、歯医者で取り除く必要がありますので、ご相談くださいませ。

「まだ歯周病じゃないし、意識しなくても大丈夫」という方もいるかもしれません。

しかし、いつ歯周病になるかわかりません。

なってからでは、進行度によりますが、最悪手遅れになってしまう可能性だってあります。

そのため、たとえ今、歯周病じゃなくても日頃から”ケアしておく”ことがとても大事になってくるかと思います。

当院は、土日診療やネット予約も受付ております。

そのため、歯周病について不安を抱える方や、磨き方がよくわからない方などどうぞ当院にお気軽にお越しいただき、相談してください。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1580】虫歯の治療後、痛くなってしまうのは何故?

みなさん、こんにちは。

大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長 松倉裕規です。

虫歯というのは、本来は”痛みを取り除くための治療”なのですが、たまに虫歯の治療後、痛みを伴ってしまう場合があります。

それは一体なぜなのか。そして、そうなってしまった時、どうすれば良いのかについて簡単ではありますが解説させていただきたいと思います。

【原因】

神経の近くを治療しているため炎症を起こしてしまい、ほんの少しの刺激でも「痛み」と感じてしまうことがあるからです。

また、あるいは詰め物がものによるんですが温度など感じやすくなり、敏感に反応してしまうことがあります。

これらの要因により、虫歯後に痛いと感じてしまうことがあるのです。

【対処法】

対策としては、痛みが落ち着くまで「熱いお風呂に入らないこと」です。

「え?何言ってるの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、お風呂に入ることで新陳代謝が良くなり、血液の循環が良くなると痛みが強くでてしまう恐れがあるんです。

そのため、痛みがしっかりおさまったことを確認するまでは注意してください。

また、食べるものにも気をつけていただく必要があります。

治療箇所に刺激物(熱いものや冷たいもの)があたらないように気をつけてください。

これらも痛みを悪化させる可能性があり、注意が必要です。

そのためご不便おかけしますが、虫歯の治療後は注意が必要となってくる場合もあります。

痛むからといって該当箇所を手で触ってしまうと細菌が付着するおそれがあるので絶対しないように気を付けてください。

当院は土日診療やネット予約も行っていますので何かわからないこと困ったことがありましたらお気軽にお越しください。

虫歯の悩みももちろん相談に乗ります。 

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–