【ひょうたんやまヒロ歯科1578】歯茎の腫れとコロナウィルスの危険性

お元気ですか?

大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長 松倉裕規です。

歯茎の腫れ具合では、コロナウィルスが悪化する可能性があることをご存じでしたか?

今回は簡単にではありますが、そのリスクについて語らせていただきたいと思います。

一概には言えませんが、歯が健康な人よりも虫歯や歯周病などで歯の病気を患っていたり、歯茎が腫れたりしている人のほうがコロナウィルスにかかり、しかも最悪重症化してしまう可能性がすごく高いと言われているんです。

なぜかというと細菌などが入りこむなどして歯の衛生環境が悪くなると、歯茎が出血したり腫れてしまうことがあります。

その炎症とウィルスが結合して口の中で増殖し、細胞にどんどん侵入してしまいます。

そのためにウィルスが体に入り込んでしまったり肺炎を巻き起こしてしまう要因が起きてしまったりもするのです。

これはインフルエンザにも通ずることです。

そのため、日頃から歯の健康を保つということはウィルス予防にもつながりますからとても大事になってくるといえるでしょう。

逆に口腔ケアをしっかりしているとウィルスの侵入口をふさいだり、予防することができるので、自分を守ることができます。

また、万が一ウィルスに感染し、人工呼吸器をつける際、口の中の細菌が肺に入り込んだりするため、日頃から口の中をキレイにしていくことでそれを防げるのでおすすめです。

ケアの方法はいろいろあるかと思いますが、やはり基本は歯をしっかりキレイに磨き、汚れを残さないことでしょう。

そのために毎日の歯磨きをしっかりできるよう頑張りましょうね。

当院は土日診療やネット予約も行っています。

ですので、正しい歯磨き方法など何か聞きたいことがありましたらお気軽にお越しください。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です