【ひょうたんやまヒロ歯科通信1200】優勝トロフィー🏆

皆さんおはようございます☀️

東大阪にあるひょうたんやまヒロ歯科、副院長の松倉 徳明です。

今週は晴れ間も多かったのですが、週末はスッキリしない天気ですね🌀

先週ラグビーW杯まで100日を切ったというお話を書かせて頂きました!

あれから様々な100日前イベントが行われていました✨

テレビでも色々取り上げられていました📺

それに伴い、ラグビーW杯熱が上がるようなことが幾つも起こっています🇯🇵

その一つとして、ラグビーW杯の優勝トロフィーである、ウェブ・エリス杯が日本にやってまいりました🏆

実はこの優勝杯は2017年からマレーシアやインドなど19カ国・地域を巡回してきたんです🎌

そしていよいよ日本にやってきたというわけですね〜。

実は6/12から大会開幕前日の9/19まで全国12カ所の開催地を中心に回っていくそうです!

しかもその一発目の披露の場所が、我らが東花園ラブビー場だったことは知っていましたか⁉️

https://higashiosaka.keizai.biz/headline/1001/

そこから天王寺の「てんしば」など大阪を巡っていたそうです!

これから富士山頂などにも巡回するウェブエリス杯です🗻

皆さんも是非見に行ってみてください!

それでは良い週末を😁

https://www.rugbyworldcup.com/?lang=ja

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ホームページから365日・24時間予約出来るようになりました!!

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1192】新人衛生士の佐藤です🎀

みなさんこんにちは🦷

初めまして💫

ひょうたんやまヒロ歯科 歯科衛生士の佐藤です‼️

4月より新人歯科衛生士として働いています😁

今は毎日覚えることがたくさんありますが、院長、副院長はじめスタッフのみなさんから、色々なことを学ばせて頂き、とても勉強しやすい環境だと思います⤴️

これからたくさんの患者様に寄り添って、一人前の歯科衛生士になれるように頑張っていきたいと思います🦷

そんな私の趣味は、休みの日に愛犬達と色々なところにお散歩に行くことです🐶

2人とも散歩となると大はしゃぎして尻尾がちぎれそうなくらいブルブルしてます😭

大人しくなった瞬間を狙って急いで写真をとった1枚です😁

ベンチに座って休憩タイムの瞬間です☕️

やんちゃな愛犬達ですが毎日とても癒されています🐶

そんな私ですが、これからも皆さん宜しくお願い致します✨

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1185】ラグビー観戦

皆さんこんにちは。

瓢箪山ヒロ歯科 歯科医師 中上です。はじめまして!

実は私も大学生時代ラグビーをやっていたので、院長・副院長とラグビーの話でよく盛り上がります。

皆さんパシフィックネーションズカップって知っていますか?

https://www.rugbyworldcup.com/news/167449

ワールドカップ前の非常に重要な大会です!

8月3日にパシフィックネーションズカップの試合が花園ラグビー場で行われます!

試合の相手は vs トンガ です!

今日はそのチケットの一般発売日です!

皆さんは知っていましたか?

ワールドカップ直前の試合です。是非会場で試合を観戦したいですね!

、、、、とブログを午前中に書いていたのですが、、、チケットを手に入れることができました!

ラグビーワールドカップまで1カ月半となった日程での試合。どんな戦いになるか楽しみですね!日本代表は8月3日はみんなで日本代表を応援しましょう!

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1167】和田です!

皆さん、こんにちは。
ひょうたんやまヒロ歯科、アシスタントの
和田です。

先日はホワイトデーがありましたね!!
バレンタインから1ヶ月…あっという間です…
院長・副院長、スタッフからたくさん頂きました
(T ^ T)ありがとうございます!!

最近、気温の変化が激しいですが
体調など崩していませんか??
私は寒いのが苦手なので、一番ちょうどいい
春や秋が待ち遠しいです!!

ところで、私は先日のお休みに京都へ
行ってきました!
貴船神社⛩という所に行ってきたのですが
なんといっても景色が最高でした!!他にも
樹齢1000年の木があったり、水占いができたり
と色々楽しめました!
ちなみに小吉( ˙-˙ )…
京都なので色々神社はありますが、私の中では
一番といってもいいほど綺麗で落ち着きました。
その写真がこちら!

皆さんも気になったのではないでしょうか。
結構山奥にあるので、車かバスでいくことを
お勧めします!
ぜひ足を運んでみて下さい!🦷

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1166】免疫

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

ではここからなぜ感染した根管の60%しか触ることができないのに痛みがなくなったり病気が治っていくのかに非常に重要なことを理解するのに非常に重要な免疫について書いていきたいと思います。

皆さんは免疫力というのは聞いたことがありますか?

では免疫力とはなんなんでしょうか?

免疫力とは私たちの体に備わっている菌やウイルスに攻撃された時に病気にならないように対抗する力のことです。

私たちの体は日々たくさんのウイルスや細菌に攻撃されています。しかし全く自覚症状はなかったり気づかなかったりします。なんなら毎日私たちの体にはがん細胞ができているんですよ!

でもそれを免疫細胞などが死滅させているから発症しないわけです。

しかしなんらかの影響(環境やストレス等色々あります)によって免疫力が下降してしまう場合があります。

そうなると普段抑えられている病原菌が抑えきれなくなり発症してしまうんです。

ですから根管の中を100%清掃できなくても病原菌の活性を抑えられるだけの量に抑えておけば免疫力が下がっても病気は治るし発症しなくなるんです。

ただしこの免疫力は個人個人によって違います。

免疫力がもともと強い方もいれば弱い方もいます。なのでどの程度まで清掃すれば発症しないかは個人で違うのでこれ以下ならいいという基準がありません。

ということはなるべく少なくする必要があるということです。

そこでラバーダムが必ず必要になるわけですね!!

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1164】春

みなさん、こんにちは。
ひょうたんやまヒロ歯科、アシスタントの平山です。

今週は少し暖かい日がありますね。
みなさん、体調はいかがでしょうか?
私は今のところ風邪もひかずに頑張っています。
寒いのが苦手で早く春にならないかなーと毎日布団から出る時の戦いをしてます(笑)
寒いとうつむき加減になりやすいんですけど‥この前通勤途中にの信号待ちでふと顔を上げると梅の花が咲いてました!まだまだ寒い中少しづつ春の足音が聞こえてきてるのを実感しました。
みなさんも少し顔を上げてみて春を探してみてください。

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1163】隔壁

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

かなり回数が続いていますが根管治療についてまだまだ書いていきたいと思います。

前回根管の上の部分の感染除去を行ったら隔壁というものを立てると書きました。

ではこの隔壁とはどのようなものなのでしょうか?

根管治療を行う前に根管の上の部分の感染除去を行いこれから根管治療を行っていく上では細菌が新たに感染して欲しくはありません。

ただし細菌感染の具合によっては歯が大幅に失われてしまう場合があります。

その失われてしまった場所にレジンという材料を使用して感染が再び起こらないように壁を立ててしまうことを隔壁と言います。

この治療まで終わってやっとラバーダムを行って根管の中を触っていきます。

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1162】根管治療前の感染除去

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

今回のブログも引き続き神経治療について書いていきたいと思います。

前回のブログでどのように細菌感染が起きていくのかを書いていきました。

そして治療の目的はこの細菌感染を取り除いていきたいわけです。

では根管治療を極力無菌的に行っていきたいわけですがその前に行っておかなければ行かないことがあります。

それは根管以外の細菌感染を取り除いておくことです。

どういうことかというと神経治療を行う前に必ずその上の歯牙にある虫歯を徹底的に取り除かなければならないということです。

この処置を不十分に行われてしまっている治療を多く見かけます。

根管の上の細菌感染を完全に取り除いておかなければどんなに上手に根管治療を行ってもいい結果を生みません。その理由はもうわかりますよね!!

ただこの細菌感染を取り除くという処置がかなりの時間を要するんです。

ですからひょうたんやまヒロ歯科ではこの虫歯を取る処置で一回時間をいただいております。

そして以前のブログでも書いた隔壁というものを立てていきます。

これができて初めてやっと根管の中の細菌感染処置を取り除く処置に入っていくことができるわけです。

次回は隔壁というものについて書いていきたいと思います。

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1161】根管の細菌感染

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

最近のブログで改めて根管治療について書いていっていますがまた今回も根管治療について書いていきたいと思います。

前回のブログで実際に根管全体の約60%しか触ることができないと書かせていただきました。

以前のブログで根管治療の目的は細菌の除去と書きました。

では60%しか根管を触れないのに目的は達成できているのかというのかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

では実際に細菌は根管にどのような経緯で感染するのでしょうか?

歯の細菌感染は毎日の食事の後の磨き残しから始まります。

食事をすると歯に汚れが付きます。そしてその汚れは細菌に取って成長するのに適した環境になります。

そして最近は成長する過程で酸を産生して歯を溶かしていってしまうのです。

そして細菌感染が起こって柔らかくされてしまった歯に細菌がどんどん成長していき溶かす範囲を広げていきます。

これがいわゆる虫歯です。

そしてこの虫歯が広がっていき歯の際中央部である根管に広がっていくんです。

そしてこの根管の中に細菌が侵入していくと根管の中の細菌感染が始まっていきます。

そしてこの根管の中をどんどん歯の根尖方向へ感染が広がっていきます。

【ひょうたんやまヒロ歯科1160】神経 追記

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

前回のブログで神経を取ったと言われたのになぜ痛みが出るのかと言うことを書きました。

それについて少し追記しておきたいと思います。

神経を取ったとよく歯医者で言われることが多いですし、実際自分も神経を取りますねと説明をすることが多いんです。それで皆さん神経を取った後に響いたり痛いのはなぜかと聞かれることが多いのではないかと思っています。

では神経はもともとどのようにつながっているのでしょうか?

実は歯の神経というのは歯の中にだけ存在しているわけではないんです。

歯の神経は歯を通り越して骨の中にまでつながっています。

そしてこの神経の入っている根管というスペースに動脈と静脈の血管が入っています。

私たちがいう歯の神経を取るというのはこの長ーくつながっている神経や血管の歯の中にあるところだけを取ります。(それでも歯の中でも60%ぐらいしか取れませんが…)

すなわち骨の中には神経組織は全然無傷のまま残っているんです。ですから神経を取った後にも痛みを感じることがあるんです。

前回の説明だけでは不十分だったので追加で説明しておきます。