【ひょうたんやまヒロ歯科通信1617】焼肉パーティー!!

みなさん、こんにちは。

東大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにある
ひょうたんやまヒロ歯科のアシスタント兼受付の平山です。
今年ももぅ、4月‼

しかも後2週間くらいで、ゴールデンウィークですね、
まだ、まだ気楽にみんなで集まって、外出がままならない日が続いてますね、今日は長男家族が帰ってくるので、みんなで晩御飯を食べようと思ってます。少し早起きをして材料を切ったり、ご飯を炊く準備したりしてバタバタしてます。
私だけ仕事なので、帰ってたらすぐ食べれる様に準備しました。

後はホットプレートを出すだけです😋✨

外食がなかなか行けないので、おうちご飯が良いですよね~
みんなでご飯楽しみです❣

今日は気温が上がらず、寒いですね、
この前の休みに衣替えを済ませてしまったので、
何を着て行こうか‥悩みます‥
気温差が激しいこの季節、体調崩さないように、そして、花粉症の方は辛い日が続くので、気をつけてくださいね。

ひょうたんやまヒロ歯科では、土日も診療しております。

緊急の痛みや、何か被せ物が外れた方はお気軽にお電話くださいね。

EPARK歯科にてネット予約も24時間受付ております!

当日のご予約の患者様もいらっしゃいます。多少も順番待ちはございますので、ご了承下さい。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラhttps://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp 

●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

【ひょうたんやまヒロ歯科1616】歯磨き粉・マウスウォッシュについて

皆さん、こんにちは。

近鉄瓢箪山駅(ひょうたんやま)降りてすぐにある

ひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉裕規です。

今日は歯磨き粉・マウスウォッシュについて書かせて頂きます。

歯磨きのときに使用する歯磨き粉にはどんな種類があるのかをご紹介します。

ペースト状タイプ

普段ペースト状タイプの歯磨き粉を使用している人が一番多いです。発泡剤が入っていてよく泡立ちます。たくさんつけなくても口内の隅々までいき、スッキリする感じです。電動歯ブラシを使っている人の場合はあまり泡立ちが良すぎるので飛散しやすくなってしまいます。ペースト状タイプには虫歯予防、口臭予防、知覚過敏予防、殺菌などさまざまなものが販売されています。

ジェル状タイプ

ペースト状タイプの歯磨き粉よりも粘着性が高くなるのがジェル状タイプの歯磨き粉です。歯の表面や歯間に付着しやすくなっています。ジェルタイプの中でもコラーゲンを含有している商品は歯茎にもよいものが多くなっています。ジェル状タイプの場合、泡立ちはありません。

フォーム状タイプ

フォーム状のタイプはポンプになっていてそこから泡状で出てきます。ワンプッシュするだけで目安の量が出てきます。手軽に使えるので人気があります。時間の短縮と歯磨き粉をムダにすることがありません。泡のキメが細かくて口腔内の細かいところまで行き渡ります。市場にはまだそんなに出回っていないようです。

〇マウスウォッシュについて

マウスウォッシュをする人もセルフケアとして使う人は増えています。マウスウォッシュをしているから歯磨きはしないでもいいと考える人もいますが、それは間違いで歯磨きはきちんとする必要があります。

マウスウォッシュ(洗口液)とデンタルリンス(液体歯磨)

マウスウォッシュは口に入れてすすいで吐き出します。デンタルリンスは口に入れてすすいだ後に歯ブラシでブラッシングや口に含んだままブラッシングすることで効果がでるものになります。

マウスウォッシュの効果

マウスウォッシュは口の中の洗浄や口臭を防ぐという効果です。商品によっては、虫歯の予防、歯垢沈着の予防、口臭予防、歯肉炎の予防になるものもあります。

マウスウォッシュの使い方

マウスウォッシュの使い方は適量を口に含みます。20秒~30秒ほど口の中ですすいでから吐き出します。口の中に全体にいきわたらせます。使用後は口をすすぐ必要はありません。

種類

マウスウォッシュの種類によって配合などが違います。選ぶときには薬効成分の種類、香料、アルコールの有無などをチェックしてみましょう。

使用するタイミング

マウスウォッシュは、就寝時に使用するのがベストです。就寝中は唾液の分泌量が減るので細菌が繁殖しやすくなるためです。

⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ

http://hiro-dental.com/

●クレジットカード・デンタルローン取扱

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1614】虫歯について

皆さん、こんにちは。

近鉄瓢箪山駅(ひょうたんやま)降りてすぐにある

ひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉裕規です。

ブログ更新かなり久しぶりになりましたが、皆さんお元気ですか?

季節は、春に変わり以前に比べるとかなり過ごしやすい気候となりましたね。

新型コロナウイルスも変異を繰り返しており、少し窮屈な毎日ではありますが

皆様どうか体調管理だけは十分お気を付けてお過ごし下さい。

では、本日のブログを書かせて頂きますね!

今日は虫歯について書かせて頂きます。

〇虫歯

虫歯になると治療しなければならなくなりますが、どんな治療になるのかご紹介します。

・歯がしみる

冷たいものを飲むと歯がしみてしまうことがあります。それも虫歯の可能性があります。治療は、エナメル質の下の象牙質に達している場合は削って型を取り、できたものを詰めます。

・痛みが伴う

神経まで達して歯髄炎を起こしている場合は激しく痛みます。麻酔をして歯を大きく削って神経をとります。

・歯の神経が死んでいる

神経が死んでいると痛みは少なくなりますが、菌が血管を通って心臓病や腎臓病を引き起こす場合もあります。抜歯することもありますが、歯根の中の治療をします。

虫歯の原因

虫歯になってしまう原因は虫歯菌が食べ物の中の糖分を栄養にして酸を発生させます。歯を溶かしてしまい、虫歯となってしまいます。糖分を撮る場合は虫歯になるリスクも高まります。

虫歯にならないために

普段からの生活で虫歯は予防できます。食事などの食べることが多いほど虫歯のリスクが高まります。よく噛んで食事をすることも大切で、唾液の分泌量を増やすようにします。また、食後の歯磨きと就寝前には必ず歯磨きをすることが大事です。虫歯になっていないかどうかは定期健診にいくとよいでしょう。

⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ

http://hiro-dental.com/

●クレジットカード・デンタルローン取扱

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

hiro-dental.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1613】被せ物について

皆さん、こんには。

東大阪近鉄瓢箪山駅(ひょうたんやま)降りてすぐにある

ひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉裕規です。

今日は、セラミックについて書かせて頂きます。

歯のセラミックの特徴とは

セラミックの治療は詰め物や被せ物にセラミックを使う治療があります。セラミックは透明感があります。

ホワイトニング

セラミックは天然の歯に近い透明感が特徴で本物の歯に近いきれいな見た目で歯を作ることもできます。ホワイトニングや矯正などに利用する人もいます。セラミックは強度も高く、噛みあう歯を傷つけません。金属アレルギーでも安心できます。

メタルボンドクラウン

歯全体を削ってその上から金属にセラミックをコーティングして作った冠をかぶせる治療です。見た目もきれいで自然の歯に近いです。汚れにくく変色しにくいです。

オールセミッククラウン

歯全体を削って、その上からセラミックのみで作られた冠をかぶせる治療法です。金属を使用しないので透明感があります。汚れにくく変色もしにくいです。歯茎の見た目への影響も少ないのが特徴です。費用は高額になっているので,一般的には1本5万から15万くらいかかります。

⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ

http://hiro-dental.com/

●クレジットカード・デンタルローン取扱

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

hiro-dental.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1612】マウスピース

皆さん、こんには。

東大阪近鉄瓢箪山駅(ひょうたんやま)降りてすぐにある

ひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉裕規です。

今日は、マウスピースについて書かせて頂きます。

マウスピースは歯ぎしり用に使われます。寝ているときに無意識に歯ぎしりをしてしまう人は多いためマウスピースを使うこともあるのです。

マウスピースの効果

マウスピースを使うことで歯のすり減りや割れることを防げます。また顎関節への負担も和らげ、頭痛や肩こりなどが起こるリスクも減らすことができます。

マウスピースの使い方

歯ぎしり用のマウスピースは歯科医院でもらいます。眠るときや気になった場合に装着するようにします。

マウピースの価格は?

歯科医院作ると自分の歯に合っているものが作られます。費用は保険適用で5000円程度になっています。

ダメージが減らせる

マウスピースを付けることでつけていないときよりも歯にダメージを受けにくくなります。

マウスピースの種類

マウスピースの種類はセルフタイプ、ナイトガードのソフト、ナイトガードのハード、スポーツ用マウスピースがあります。眠るときに使うナイトガードはハードとソフトがあり、睡眠中の歯ぎしりから歯やあごを守るために使用します。スポーツ用のマウスピースは衝撃から歯を守ります。ソフトタイプが多くて耐久性が少し弱い場合もあります。ネットで売っているようなセルフで作るタイプのマウスピースもあります。

⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ

http://hiro-dental.com/

●クレジットカード・デンタルローン取扱

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

hiro-dental.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1611】歯磨きの重要性

皆さん、こんには。

東大阪近鉄瓢箪山駅(ひょうたんやま)降りてすぐにある

ひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉裕規です。

今日は、歯磨きの重要性について書かせて頂きます。

毎日最低でも1日2回はする歯磨きですがそれは歯の健康のためにも重要になっています。正しい磨き方をしないと虫歯や歯周病になってしまうので注意が必要になります。ほかにも病気を引き起こす原因となるので歯磨きをすることはとても重要になってきます。

〇歯のためにすること

1.デンタルフロス

1日に1回、寝る前に歯に詰まっている食べかすをデンタルフロスで取り除きます。

2.1日2回

朝と夜、2回2分間かけてしっかりと歯を磨きます。

3.マウスウォッシュ

マウスウォッシュをしましょう。

4.歯ブラシの交換

歯ブラシは3~4週間おきに交換するようにします。家族とは共用しないことです。

5.シュガーレスガム

ガムをよく噛んでいると虫歯と歯垢が少な目だと言われています。

〇歯ブラシの毛の硬さ

歯ブラシの毛の硬さは普通か柔らかい歯ブラシがおすすめになります。硬いものだと歯茎も傷つけることがあり、歯もすり減って知覚過敏になりやすくなってしまうのです。

〇歯ブラシの毛の種類

歯ブラシの毛はラウンド毛とテーパー毛などがあります。ランド毛は基本的な歯ブラシ毛で毛先は丸くなっています。テーパー毛は毛先にいくほど細いものになります。毛が細く、細かい隙間に入り、汚れを書き出します。歯周ポケットがある場合にはおすすめです。

⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ

http://hiro-dental.com/

●クレジットカード・デンタルローン取扱

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

hiro-dental.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1610】麻酔について

皆さん、こんには。

東大阪近鉄瓢箪山駅(ひょうたんやま)降りてすぐにある

ひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉裕規です。

今日は、麻酔について書かせて頂きます。

歯医者で虫歯や抜歯をするときには麻酔を必ずしますが、麻酔にはいくつかの種類があります。麻酔の注射が痛いというイメージを持つ人も多くいます。歯医者が苦手な人は特にこの痛さと怖さがだめなのかもしれません。それではどんな麻酔があるのかをご紹介していきます。

〇局所麻酔法

歯茎に打つ注射を局所麻酔といいます。その種類は次の3つの方法があります。

・表面麻酔法

歯茎に塗布する麻酔で間隔を麻痺させる方法です。針を刺す痛みを和らげるものになります。歯石をとるときや、注射をするほどではないものわずかな痛みしかないような治療に使われる麻酔です。

・伝達麻酔法

麻酔が効きにくい箇所に施す方法です。奥歯の治療のときによく使われます。効き目が強い反面、4時間から6時間くらい切れないこともあります。口の中の感覚もなくなっているので、麻酔が完全に切れるまでは食事も控える必要があります。

・浸潤麻酔法

歯茎に注射で麻酔を施す方法です。一番使われる麻酔で虫歯の治療の痛みを和らげます。この麻酔の注射が痛いと感じる人は多いようです。現在では細い針になっているので痛みもかなり軽減されています。治療をしているときに痛みを感じることはほとんどないという麻酔です。

~年末年始休暇のお知らせ~

誠に勝手ながら年末年始は、12月28日(火)~1/4(火)までとなります。

皆様にはご不便おかけし申し訳ございませんが

ご理解の程宜しくお願い致します。

⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ

http://hiro-dental.com/

●クレジットカード・デンタルローン取扱

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

hiro-dental.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1609】歯科医院の痛み止め

皆さん、こんにちは。

近鉄瓢箪山駅(ひょうたんやま)降りてすぐにある

ひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉裕規です。

今回は、痛み止めについて書かせて頂きます。

歯の痛み止めには様々な原因があり、生体内炎症が生じた結果によることが多くあるようです。

歯科医院で処方されている痛み止めはロキソニンやカロナールという薬です。

痛み止めはその人の症状に応じて効き目も違います。

ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬といわれる薬です。

虫歯が神経にまで達していたり、歯周病が進んでいたりすることが原因となり体内からアラキドン酸という物質が出ます。

アラキドン酸からプロスタグランジンが合成されることで炎症や痛みが生じます。

ロキソニンはこのプロスタグランジンの合成抑制により鎮痛・解熱、抗炎症作用と発揮します。

カロナールはアセトアミノフェンが主成分です。

鎮痛・解熱作用を有していてプロスタグランジンの合成を阻害しますが、作用は弱く抗炎症作用はほとんどありません。安全な薬なので子どもでも飲むことができます。

ロキソプロフェンとイブプロフェンも併せて配合されている場合、

小児への使用はできないと言われています。ロキソプロフェンが配合されている痛み止めは飲んでから血液に吸収されて肝臓で代謝を受けたうえで初めて痛み止めとして効き始めます。

有効成分としてロキソプロフェンを配合している薬は虫歯の痛みがひどいときに服用するようにします。

⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ (※コチラにリンクを入れる) ●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

hiro-dental.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1608】被せ物の種類

皆さん、こんにちは。

近鉄瓢箪山駅(ひょうたんやま)降りてすぐにある

ひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉裕規です。

今回は、被せ物の種類について書かせて頂きます。

歯の処置に使われる被せ物や詰め物をすることがありますが審美歯科と言われています。歯を美しく見せるための施術になります。被せ物の種類は次の通りです。

〇硬質レジンジャケット冠・・・被せ物全体が硬質レジンという歯科用のプラスチックでできています。安価で保険適用になりますが強度に不安があります。

〇硬質レジン前装冠・・・金銀パラジウム合金などの金属の上に白いレジンを貼り付けた被せ物です。保険で前歯の被せ物を作る場合はほとんどこの硬貨レジン前装冠を用います。

〇保険適用の金属冠・・・銀歯といわれているもので保険では金銀パラジウム合金とニッケルクロム合金の2種類の金属が使用できます。

〇メタルボンド・・・金属にセラミックを貼り付けた被せ物です。変色がなくて見た感じもよいものです。強度が十分にある被せ物です。

〇ジルコニアセラミッククラウン・・・内側にジルコニアという人工ダイヤモンドを使用し、表にセラミックをつけています。

〇ゴールドクラウン・・・金合金や白金加金など生体親和性の高い貴金属でできた被せ物です。

白ではないので目立ちます。

〇ブリッジ・・・抜けた歯の両隣の歯を削り橋を渡すように人工歯を入れる治療法です。

⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ (※コチラにリンクを入れる) ●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1607】歯軋りと食いしばりについて

皆さん、こんにちは。

近鉄瓢箪山駅(ひょうたんやま)降りてすぐにある

ひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉裕規です。

今回は、歯軋りと食いしばりについて書かせて頂きます。

歯軋りの中ではグラインディングがたくさんの人に見られます。

一般的なもので頻度の多い歯軋りで周りの人も気が付きます。

上下の歯を強く噛んで横に滑らせてこすり合わせる動きで無意識に睡眠中にしています。

歯がすり減っていって平になってしまうという特徴があります。

音がしない歯軋りをする人もいます。食いしばりはクレンチングとも言われています。

上下の歯を強い力で噛みこむことで横にこすり合わせることはありません。

仕事などで力が入ると歯を食いしばってしまいますがそれが就寝のときも同じように力が入ることになります。音がしないので自覚している人もほとんどいません。

クレンチングの場合頬の筋肉に力が入るので堅く膨らんでみえることもあります。

睡眠中の歯軋りと食いしばりはナイトガードで緩和します。

放置してしまうと多くの病気の原因にもなるため注意が必要となります。

歯ぎしりと食いしばりでのかむ力は自分の体重の2倍から5倍であると言われていて女性でも100キロ以上の力が毎日顎にかかることになるのです。

ナイトガードは睡眠時専用のマウスピースで装着すると負担の軽減と歯軋りの音を防止することができます。慣れてしまえば違和感もなくなるようです。

⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラ (※コチラにリンクを入れる) ●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

東大阪市瓢箪山ひょうたんやまヒロ歯科

hiro-dental.com