【ひょうたんやまヒロ歯科通信1401】フッ素③

皆さん、こんにちは⛅️

東大阪の近鉄瓢箪山駅、駅前のひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

梅雨の合間の晴れは気持ちがいいですね〜。

今年はよく雨が降っている気がします🌂

この何回かで、フッ素のことについて書きましたが、フッ素については使用の是非についていろいろな意見があります。

インターネットでいろいろな情報が得られますが、インターネットでは「フッ素は毒だ!」

「フッ素は蓄積するので自分の子供には受けさせたくない」等の情報を目にする事ができます。

突然ですが、元素記号の表を覚えていますでしょうか⁉️

理科の実験や、化学の授業で習った方も多いんではないでしょうか?

この元素記号表の中にフッ素が入っています。

この元素は単体だと爆発を引き起こしたり、毒になる物もあります。

例えばナトリウム!

そのまま水に放り込むと爆発を引き起こします💥

このナトリウムが単体では毒になる塩素と引っ付くと塩化ナトリウムになります。

そうです‼️

塩です。

ご理解頂く必要があるのは、化合物はいろいろな物質とひっつくことによって性質を変えるということです。

歯医者で使用しているフッ素は「フッ化ナトリウム」というものを使用しています。

もちろんフッ素も引っ付く物によって有毒物質を作ることも出来ますが、このフッ化ナトリウムは、この間のブログで書いたように歯の表面を強くする事が出来ます❗️

そしてフッ素に対しては取り込みすぎによる、フッ素症というものがあります。

なんだって摂りすぎると体にとっては毒になってしまいます。

子供と大人では摂取量も違います。

大人の量を子供が摂取すると有毒になってしまう事もあります。

なので、子供の定期検診ではフッ素の含有量が少ないフッ素ジェルを使用します。

そして大人には、フッ素の含有量が多く、市販のものでは補えない濃度が高めのフッ素を虫歯予防に使います。

ただし、フッ素症になるレベルの量を使うわけではないので、安心です‼️

このご時世必要なのは、インターネット等情報が盛んに得る事ができるような状態になると、何が正しいのかをきちんと判断することが重要であると言う事です。

ひょうたんやまヒロ歯科ではフッ素を摂取するメリットの方が大きいと判断して、フッ素塗布を推奨させていただいております。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com