【ひょうたんやまヒロ歯科通信1459】根尖性歯周炎②

皆さんこんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山にある、ひょうたんやまヒロ歯科、歯科医師の安田です。

ひょうたんやまヒロ歯科は明日は臨時休診になりますので、皆さんお間違えのないようお願い致します。

今回も引き続き、勉強会に参加させていただいた際に学んだ根尖性歯周炎についてのお話です。

前回は根管治療においては無菌的な治療がとても重要であり、その中でもラバーダム防湿を行って根管治療を行うことが最も大事なことであるというお話をさせていただきました。

口腔内には様々な細菌が生息しており、それらの細菌が根管内に入り込むのを防ぐ手段としてラバーダム防湿は用いられています。

ラバーダム防湿を行うことで、外部からの細菌の侵入は阻止することができました。

それではもともと根管内にいる細菌はどうやって取り除いていくのでしょうか?

根管内を無菌化する方法は大きく二つあります。

一つは機械的な洗浄、もう一つが科学的な洗浄と呼ばれるものです。

まずは機械的な洗浄方法についてお話します。

細菌は根管内の壁の中に生息しており、そのまま洗うだけでは除去することはできないのです。

なので、ファイルといったような器具を使って根管の壁を削り取って細菌を除去していきます。

皆さんがよく神経治療の時にクリクリされているイメージを持っているものです。

ひょうたんやまヒロ歯科では、ニッケルチタンロータリーファイルといったファイルを電動で使っていますので、クリクリするようなことはあまりありません。

そうすることによって細菌が生息していた根管の壁を取り除き、きれいな部分だけを残すことができるのです。

しかし、このように物理的に清掃できる範囲というものは非常に限られています。

なぜなら以前もお話しさせてもらった通り、根管というものは非常に複雑な構造となっており、器具が届く範囲にも限界があるからです。

このままでは器具が届かない範囲は、細菌が生息したままになってしまうのでしょうか?

そこで用いるのがもう一つの洗浄方法である化学的清掃です。

次回はこの化学的清掃についてお話しさせていただこうと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信1319】歯性上顎洞炎⑤

こんにちは。

ひょうたんやまヒロ歯科の中上です。

ここ数回にわたり、歯性上顎洞炎について解説してきましたが、今回が最終回になります🎬

今回のお題は”手術療法”です。

上顎洞炎が生じ、原因となる歯の治療(根管治療、抜歯)をしても薬物療法をおこなっても、どうしても治らない!というときに行う処置です。

上顎洞炎の手術は、少し前までは全身麻酔で、歯肉を切開・剥離し、上顎洞の前面に穴をあけ、上顎洞の中にある粘膜や炎症組織をすべて取り、上顎洞から鼻腔に穴(対孔)をあけるという手術が行われていました😩

僕が研修医の頃(10年ほど前になります💦)は月に1度はある印象の手術でした。

しかし、内視鏡手術が進歩し、今では鼻からの内視鏡の手術が主流になっています❗️

内視鏡下 副鼻腔手術(Endoscopic sinus surgery, ESS) といいます。

内視鏡手術になったことで、歯肉を切開せず、大きな穴もあけず、低侵襲で上顎洞内の炎症組織を取り除き、上顎洞に空気を送り込むことが可能になりました✨

これは、すごい進歩ですね💡

手術は主に全身麻酔にはなりますが、以前の手術と比べると侵襲はけた違いに軽くなりました。

この手術は口腔外科ではほとんど行われておらず、耳鼻科での手術になります🏥

いままでお伝えした方法で上顎洞炎が改善しなかった場合は、このように内視鏡での手術が必要になります。

それでも改善しなかった場合は、上顎洞根治術が必要ということになります。

そこまで必要になることはまれですが…

以上で上顎洞炎の説明を終了したいと思います‼️

判りにくくはなかったでしょうか⁉️

もし疑問点などありましたら是非ひょうたんやまヒロ歯科で声をかけてください!

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1313】歯性上顎洞炎④

こんにちは。

近鉄瓢箪山駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の中上です。

歯性上顎洞炎について第4回は薬物療法について説明したいと思います❗️

上顎洞炎の薬物療法には抗生剤をつかいます💊

抗生剤は一般的には長くても2週間以内の投与を行います。

しかし、慢性副鼻腔炎に対してはマクロライドという種類の抗生物質を少量で、長期間(3~6か月)内服する治療方法があり、”マクロライド低用量療法”といいます💡

いままでの上顎洞炎の説明で、上顎洞炎は主に細菌感染が原因で起こると説明しました。

上顎洞に細菌感染が波及した結果、炎症産物が産生されます。

そして鼻粘膜が障害されて、粘液の分泌が亢進し、鼻汁の排泄の通路が妨げられたりします💭

その結果、鼻閉感(鼻づまり)、後鼻漏(膿がのどの方に垂れる)、頭重感(頭が重たい感じもしくは頭痛)などの症状が現れます。

少量のマクロライドは本来の抗菌作用を期待するのではなく、抗炎症作用、免疫系への作用、細菌のバイオフォルム形成や付着抑制作用などを期待して投与されます💊

その結果、炎症産物を減少させたり、鼻汁の分泌を抑制したり、繊毛の動きを活発化(鼻の中の粘膜にあり、鼻水を追い出す作用がある)する効果があります✨

この様に上顎洞炎に対しては薬剤を用いた治療を併用することがあります。

しかし、細菌の感染源が残っている限り根本的な解決には至りません‼️

そのため、細菌の元を断つ治療(根管治療など)が必要になります。

薬物療法や根管治療、抜歯を行っても改善しない場合には手術が必要になります‼️

次回は手術について説明させていただきます!

では、また次回~

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1310】飛沫



皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

前回のブログで根管治療や薬を詰める治療、作ってきた歯をつける際に装着するラバーダムについて書かせていただきました。

このラバーダムを装着して治療を行うか行わないかで治療の成功率が大きく変わりその要因として飛沫というものが関連しているというところまで書きましたね。

最近新型コロナウイルス感染症のニュース等でもしきりに飛沫のことは取り上げられていますので知っている方もいるかもしれませんが書いてみたいと思います。

飛沫とは何かというと咳やくしゃみをすると口から細かい水滴が飛び散ります。この細かい水滴を「飛沫」と言います。この飛沫に病気の原因となるウイルスや細菌が含まれていてこれを吸い込むことで起こる感染を「飛沫感染」と言います。

しかしこん飛沫は実は話をしたりするだけでも起こり、全てを肉眼で補足することはできません。

根管治療の失敗や病気の原因は細菌が関与しています。ですので根管治療の最中には飛沫が起こると感染が起こってほしくない根管の中に感染が起こってしまいます。

そこでラバーダム防湿という飛沫が起こっても物理的に防止してしまうことが必要になるのです。

根管治療の成功はいかに根管の中の細菌を減らすかということにかかっているのでいかにラバーダムをしないことが不利益につながりラバーダムをするということが利益につながるかがわかると思います。

ラバーダムをした歯で初めて根管治療を行なった成功率は約92%、しなかったら50%を切るという結果に繋がっているということです。


———————————————————————————

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら埋め込み URL埋め込み

このコンテンツは埋め込むことができません。
もう一度お試しください リンクに変換

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1309】歯性上顎洞炎③

こんにちは。

ひょうたんやまヒロ歯科の中上です。

今回は先週に引き続き、歯性上顎洞炎について説明します。

第1回では、上顎洞の構造を、第2回では上顎洞炎の成因をお伝えしました。

第3回の今回は治療方法についてです。

歯性上顎洞炎は、歯に生じた細菌感染が上顎洞に波及したものであると説明しましたが、治療方法として、まずは歯に生じた細菌感染の治療を行うということになります。細菌感染のもとを断つということですね。細菌感染のもとがコントロールできなければ、何度でも症状が繰り返されてしまうためです。

具体的には前回お伝えした根尖性歯周炎が原因の場合には、根管治療が必要となります。根尖性歯周炎は、根管内(歯の根の中。神経のあったところ。)で増殖した細菌が原因なので、その根管内を消毒することで、症状は改善します。この治療を感染根管治療といいます。それでも細菌感染がコントロールできない場合や、歯自身が治療に耐えられない、治療が困難な場合には抜歯が必要になります。

感染根管治療については、今院長がラバーダムから説明をしていますので、そちらを参考にしてください♪

感染根管治療や、抜歯と並行して行うのが、薬物療法です。

次回は歯性上顎洞炎に対する薬物療法について説明させていただきます!

ではまた次回~

———————————————————————————

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1308】ラバーダム防湿



皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

久々のブログになりますので何を書こうかと思ったのですが、日常のことよりもやはり歯科のことについて書いていきたいと思います。

何度か書いたことがあると思うのですが、当院では根管治療を行う際に必ず気をつけていることがあります。

なかなか他院で目にすることは珍しいやり方ですが、ラバーダムというものを根管治療の際には必ず行います。

実はこの方法はいろいろな理由があって日本の歯科の中で使用している医院は約1割ぐらいと言われています。

ではこのラバーダムというものはなんなのでしょうか?

歯の神経は歯の真ん中にあります。歯を上から削っていって神経を歯の組織と一緒に削る処置です。

その際に歯にクランプという器具をかけてその周りをゴムで覆っていく処置のことをラバーダムと言います。

実は根管治療が成功するかしないかはこのラバーダムという処置が大きく関わっています。ラバーダムを行なった場合は成功率は約92%行わなかった場合は約40%です。

なんと約50%の違いがあります。100回行えば50回ぐらいの違いがあります。

これって医療の世界ではビックリするぐらいの違いなんです。

ではなぜこの違いが生まれてくるんでしょうか?

それにはこのコロナウイルスでも飛沫ということが言われていますがこの飛沫が関連しています。

このことは次回書いていきたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1267】破折ファイル2


皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

前回破折ファイルというものについて書きました。残念ながら根管治療中に器具が破折してしまうことがあるということ。そして破折したにも関わらず破折していないかのように治療を終了してしまう方が残念ながらいるということです。

ではこの器具が破折してはなぜいけないのでしょうか?

実はこの答えは今までにこのブログでも何度も書かせていただいたラバーダムというものになるんです。

ラバーダムとは根管治療中に根管の中に細菌が入っていかないようにするための道具でした。

答えを書いてしまうと器具が破折することはあっても感染がなければ問題なし!

すなわちラバーダムをかけていて器具が折れてしまったのかかけてなくて折れてしまったのかで全く違うということです。

もちろん折れてしまっても取れればベストです。ただかなり根管が曲がっているとかで取れない場合もあります。その場合はラバーダムをしていれば無理に取りに行かずにその上までを極力細菌の量を減らし病変ができないかを経過観察すれば大丈夫です。

ただしラバーダムをせずに器具が折れてしまった場合は極力取りに行くほうがいいと思います。

折れてしまった器具が細菌が繁殖する足場になってしまうからです。イメージからいうと海の中の岩礁のような感じです。

次回は破折ファイルが取れない場合にどのようにするかを書いていきたいと思います。」

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信911】向井です

皆さん、こんにちは。

ひょうたんやまヒロ歯科助手の向井です。

私は、この9月からひょうたんやまヒロ歯科で勤務させていただくことになり、もう直ぐ2か月になります。

私は、歯科で働くこと自体が初めてなのでどのような器具を使っているとかどのような処置をしているとか全くわからない状態からなので毎日覚えることがいっぱいで仕事の夢を見るぐらい追われています…笑

今月16日からは1階もオープンして忙しい中、先輩達も教えてくださるので私も早く先輩方のようにテキパキと働けるように頑張ろうという気持ちが日に日に強くなっています。

もし私が担当になって至らない点がありましたら遠慮なく言ってください。

これからもっと寒くなっていきますが、皆さん体調には気をつけてください。

ひょうたんやまヒロ歯科でお会いできることを楽しみにしています。

【ひょうたんやまヒロ歯科通信789】勉強会

皆さんおはようございます。

ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

今日は5月の最終日です。

本当にあっという間ですね!

だいたい私は月初めにブログを書かせて頂くことが多かったのですが、月末は久しぶりなので、何か感慨深いものがあります。

それはそうと、つい先日診療が終わってから院長と一緒に勉強会に参加をしてきました!!

去年もお伝えさせて頂いた、勉強会の第2回目となります。

院長と私が受講していた、藤本研修会の講師の先生の講演会でした。

ありがたいことに、今年も院長と私に協力の声がかかり、会場の手配や声かけ等の仕事を任されました。

去年同様、院長と私が受付をするという、なんとも不思議な感じでした。笑

内容は、失活歯のマネージメントという題でした。

どういうことかというと、歯の神経を抜いている歯をどう処置していくかというものでした。

昔から、歯の神経を抜いている歯は脆いと言われてきました。

なので脆い歯に力が加わり、折れてしまった結果抜歯になってしまうということがよく起こります。

これをどう防いで、どう長く持つような歯にしていくのか…

ということを勉強してきました。

内容はまたお話ししますが、非常に色々考えさせられる内容でした。

またひょうたんやまヒロ歯科でもフィードバックしていきたいと思います!

最後は先生方と記念に一枚、写真を撮りました!

勉強になる一日で、非常に光栄な仕事をさせて頂きました。

またこのようなことがあれば、皆さんに報告させてもらいますね!

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信549】ラバーダム

皆さん、こんにちは。

ひょうたんやまヒロ歯科衛生士の阿部です。

もういよいよ夏になりそうな感じですね!梅雨が明けたらいよいよではないでしょうか?    皆さん、体調はいかがでしょうか?

最近、テレビで見たのですが、なんとなく見ていた番組ですが、歯医者の内容について     いい歯医者、悪い歯医者という特集をやっていたので、思わず貼り付いて見てしまいました。

ありきたりな感じの内容だったんですが、見ていると保険診療についてのやり方、       自費診療の内容など様々な事柄について放送されていましたが、その中でも          「ラバーダム」というフレーズが出てきたので、バッっとテレビの方に目を向けてしまいました。

あまり、テレビでは聞いたことのない専門用語だったので、ついつい食いついてしまいました。

皆さん、「ラバーダム」はご存知でしょうか?

院長も副院長もブログで書いていましたが、「ラバーダム」とはゴム製のシートに穴を開けて  それを歯に引っ掛ける道具を使って歯と口の中を隔離するような器具になります。       このラバーダムは、神経の治療を行ったり、歯に詰め物をしたり、いろいろな治療で使用します。

スクリーンショット 2015-04-08 20.14.12

この効果は

①.唾液などによる感染を防ぐことができ、消毒した歯が清潔に保たれるので神経治療などの成功率が上がります。

②.器具などの口腔内への落下防止、誤嚥を防ぎます。

この処置は、やれば非常に効果の高いものなんですが、この処置は行われていない歯科医院の方が圧倒的に多くて、しているところの方が珍しいのが現状です。

海外では90%以上で使用するのに対して、日本では25%以下の使用率になっています。

日本で使用しない理由は、めんどくさい、時間がかかるというのが一番だそうです。      すごく寂しい結果ですね…

ひょうたんやまヒロ歯科では、必ず使用させていただいて患者さんの治療が成功するように日々 努力しています。

もし周りで、お困りの方がいらしたら、教えてあげてください!