【ひょうたんやまヒロ歯科通信1278】忘年会

こんにちは。瓢箪山ヒロ歯科の中上です。

年の瀬にさしかかり皆さんも忘年会などに忙しい日々を過ごしておられるのではないでしょうか?

僕もことしも多くの忘年会に参加させていただきました。とても楽しいのですが、二日酔いになってしまうと翌日の仕事がつらいですよね。。。

少しまえに二日酔いについて調べ、僕なりに対策を立ててみたのでブログに書いてみますね。

二日酔いの原因は諸説あるのですが、アルコールを摂取すると、血液中にアセトアルデヒド が生じます。これを肝臓で代謝し、排泄するのですが、飲酒量が多くなると 肝臓がアセトアルデヒドを十分に処理しきれず、血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなるため、その毒性によって胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、動悸、頭痛などの症状が現れると考えられてきました。しかし、二日酔いの状態で血液中にアルデヒドが検出されたとされるデータはほとんどないそうです。

そのほかに、二日酔いの原因と考えられているのは、

  1. 軽度の離脱症状
  2. ホルモン異常・脱水・低血糖・その他
  3. 酸塩基平衡のアンバランスや電解質の異常
  4. 炎症反応の亢進
  5. 睡眠や生体リズムの障害
  6. 胃腸障害
  7. メタノール
  8. 酒に含まれる不純物(congener)

などが挙げられています。

理由は何であれ、症状の原因は血管内の脱水・腸管運動の低下・胃粘膜の損傷により生じていると考えられるので、それぞれの症状に併せて飲酒まえからケアをしています!

それにより以前に比べ二日酔いでしんどいということは格段に減らすことができていますよ!

具体的な対応については医院を受診された際に僕を見かけたら聞いてみてくださいね!こっそりお教えします♪