【ひょうたんやまヒロ歯科通信1441】親知らず 2-3 分類

こんにちは。

瓢箪山でホワイトニングを行なっている、ひょうたんやまヒロ歯科の中上です。

今日も前回に引き続き親知らずについて少し解説していきたいとおもいます。

親知らずといっても古くから様々な研究がなされていて、その中に親知らずのClass分類というものがあります。

ざっくり難易度をクラス分けしたものですね。

そのなかでも有名なものがPell and Gregory の分類というものとG.B.Winterの分類があります。

僕も普段からよく使っています。

まずは Pell and Gregory の分類 からですが。

これは親知らずの”深さ”と親知らずの後ろにどれだけ”奥行”があるかというものです。

深さについては、第2大臼歯(親知らずの手前の歯)と比べてどれくらいの深さにあるかです。

具体的には、親知らずのてっぺんが、Position A :第2大臼歯と同じ高さ、Position B:第2大臼歯の咬合面(てっぺん)から歯頚部(くびれ)の間、PositionC:第2大臼歯の歯頚部(くびれ)より下という深さをPositionで表します。

次に、奥行きについては、下顎枝の前縁(下顎の横の立ち上がってるところの前)が親知らずに、ClassⅠ:全然かかっていない、ClassⅡ:大部分がかかっている、ClassⅢ:ほとんどもしくはすべてかかってるに分けられます。(一部改変)

ClassⅠ Position A なら侵襲は少なく、短時間で処置が可能で、ClassⅢ Position C なら、かなり侵襲は大きく、時間もかかるといった具合です。

Radiologic assessment of mandibular third molars: an ex vivo comparative  study of panoramic radiography, extraoral bitewing radiography, and cone  beam computed tomography - ScienceDirect

続いて、G.B.Winter分類は、垂直位、近心傾斜、水平位、遠心傾斜など歯の傾きを表します。

この様に親知らずを事前に診断、分類することで、処置の難易度を考え、それに応じて説明、処置を行っています。そのほかに根の形や本数、神経との位置関係など様々な情報も診断しています。

皆さんも一度レントゲンを見てご自身の親知らずがどんな分類になるか見てみてください!

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信1436】親知らず 2-2

こんにちは!

近鉄瓢箪山で土日診療を行っている、ひょうたんやまヒロ歯科の中上です。

前回に引き続き、親知らずについて少し説明したいと思います。

そもそも、親知らずは抜かないといけないものなのでしょうか?

親知らず=抜歯 という印象がありますが、本当にそうなのでしょうか?

そんなことはありません。

ちゃんと親知らずが生えるスペースがあり、上の歯と噛み合い、清掃ができる状態であれば、親知らずも立派な、大切な歯です。

しっかり清掃して、一生大事にしていただきたい大切な歯です。

でも、現代人の顎は小さくなってきている傾向にあるようで、親知らずがちゃんと生えるスぺ―スがないということが多いです。

スペースがない結果、歪んで生えるもしくは、一部分しか生えないということになってしまいます。

そうなってしまうと、うまく清掃することができず、親知らずが虫歯になってしまったり、親知らずの周りの歯茎が晴れてしまったりします。

この様に親知らずが悪い状態になってしまうことも怖いのですが、親知らずの手前の歯に虫歯を作ってしまったり、歯周病を発症・増悪させてしまったりします。

親知らずは、最悪抜けばいいのですが、親知らずの手前の歯は、とても大切な歯です。

親知らずを抜くことが遅れて、手前の歯にダメージが残るということは最も避けるべきことだと考えています。

抜歯が必要な場合は手遅れにならないように早期の処置をお勧めします。

また、完全に埋まっていて、手前の歯に全く影響のない状態であれば、無理に抜く必要はありません。

歯茎にうまったまま暮らしていきましょう!(完全に埋まっていても手前の歯に影響を与えている場合はあります。)

僕自身も左の上下の親知らずはちゃんと生えるスペースがなく、歪んで生えてしまい、清掃が難しかったので抜歯を受けました(研修医時代の副院長に抜いてもらいました (笑))。

そんなに痛くなかった気がします🎵

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信1431】 親知らず 2-1

皆さんこんにちは。

近鉄瓢箪山駅前でホワイトニングから歯科治療、口腔外科まで行っているひょうたんやまヒロ歯科の中上です。

先日ブログで副院長に紹介していただいきましたが、僕は普段は奈良県立医科大学附属病院 口腔外科で勤務しています‼️

早いもので、入局して10年が過ぎ、今は口腔外科学会認定医として外来小手術やインプラントを専門とし、研修医の指導などを行っています。

外来小手術のなかで代表的な処置が親知らずの抜歯になります。

数年前からひょうたんやまヒロ歯科で非常勤として勤務するようになり、ちょこちょこ器具も揃え、今では大学病院で行うときと変わりなく処置ができるようになりました🌟

違いは、静脈内鎮静法※や全身麻酔での処置が困難というところくらいです💦

※精神鎮静法とは、名称の通り「鎮静(リラックス)」を得る方法です。

歯科治療中の緊張や恐怖心を和らげることを目的としています。

また、リラックスすることで、血圧や脈拍なども安定するため、心臓病などの全身的な病気のある患者さんの歯科治療にも適しています。 (日本歯科麻酔学会 HP 引用)

抜歯前にCTを撮影し、しっかり精査したうえで安全に行えるように処置を行っています。親知らずについて気になることがあれば気軽に相談してください。

お待ちしています!

次回から親知らずの抜歯について説明していきたいと思います🎵興味のある方は覗いてくださいね❕

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信1427】親知らず③

皆さん、こんにちは。

近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅でホワイトニングも行っている、ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

ここ最近瓢箪山も異常な暑さが続いており、階段の上り下りだけでも汗がジワっと出てきてしまいます💦

皆さん熱中症には本当に注意しましょう❕

お盆休み前から親知らずについて書かせていただいています。

親知らずは、抜歯の依頼が必要なものと必要がないものがあり、難易度も分かれているということも書かせて頂きました。

実は以前からひょうたんやまヒロ歯科のブログでもちょこちょこ登場している中上先生。

実を言うと、ひょうたんやまヒロ歯科に非常勤で働いている先生です。

本来は口腔外科で勤務をしており、親知らずの抜歯から口腔癌の治療まで行っているんです。

なので、ひょうたんやまヒロ歯科では以前より親知らずの抜歯が可能な範囲が広がっているんです‼️

以前は真横に生えている親知らずや、神経付近に根っこがある親知らずは大きな病院に抜歯を依頼させて頂いていたのですが、ひょうたんやまヒロ歯科でも抜ける機会が多くなってきました。

但し、何でもかんでもが抜歯が出来ると言うことではなく、きちんとした診査・診断があった上で抜歯を行っています。

抜歯を行う前に、CT写真を撮らして頂き、神経にかかっていないかどうかを確認し、抜歯が可能か判断しています。

本当に難易度が高く、大病院の管理下でしか無理な場合は紹介をさせて頂く場合もあります。

ただ、患者様がわざわざ大きな病院に出向かずひょうたんやまヒロ歯科で処置が出来ると言うことは非常にメリットがあるのではないかと思います。

親知らずの抜歯を検討されている方は、ぜひひょうたんやまヒロ歯科に一度相談をして頂ければ、しっかりとした診査をして、抜歯が可能かどうかを判断させて頂きます。

ちなみにいくら口腔外科の先生が抜歯を行ったからと言っても、切開や親知らずの分割を必要としている抜歯に関しては、痛みや腫れは伴います。

そこはご了承お願いしたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信1427】親知らず②

皆さん、こんにちは。

近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅でホワイトニングも行っている、ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

梅雨が明けてから、本格的な暑さがやってきてもうへばりそうです💧

皆さんの暑さ対策はどうしていますか?

ちなみにひょうたんやまヒロ歯科のお盆休みは8/10(月)〜8/14(金)までです。

歯にお困りの方は、なるべく早く連絡を下さいね。

先日親知らずについて書かせていただきました。

真っ直ぐに生えている親知らずは、難易度が比較的優しいために、わざわざ口腔外科を紹介せずに抜歯をすることが出来ることが多いんです。

では、一般の歯科医院で親知らずの抜歯が困難と判断する時はどう言う時だと思いますか?

親知らずがかなり深くに潜り込んでいる場合・上顎洞にかなり近接して生えている場合・下歯槽神経に近接している場合・真横に生えていて、更に骨に完全に埋伏している場合。

など色々あります。

多くは人間の体の解剖学的に抜歯が困難になる場合だと思って下さい。

やはり親知らずの抜歯を行う以上、患者様の安全や安心を最優先したいと考えますので、大きな病院の口腔外科で抜歯を行って頂くことも多々あります。

大きな病院で抜歯を行うことのメリットとしては、何か起こった時の対応が迅速に取れると言うことです。

親知らずの周りは非常に大きな血管や神経が通っていることが多く、出血が多く起こった場合や、神経が麻痺を起こした場合も投薬処置などで対応してくれます。

また全身疾患がある方などは術中の管理をしながら抜歯を行うことも可能です。

あとはケースがかなり困難なケースや、精神的に耐えられない場合や、親知らずを1日で全て抜歯する場合等、全身麻酔下で抜歯を行えることも非常に大きなメリットだと思います。

こういった場合は、ひょうたんやまヒロ歯科でも紹介状を書かせて頂くこともあります。

なので、親知らずの抜歯は医院でできる場合や紹介をさせて頂く場合があるので、まずは診査をしてからの判断になります。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


[ひょうたんやまヒロ歯科通信1418】残せる歯

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です

本当に何回も書いていますが梅雨はいつ終わってくれるんでしょうか?毎日毎日雨で早く暑くてもいいから梅雨が明けて晴れて欲しいものです。

今回は最近多い依頼ですが歯をなんとか残して欲しいというものが多いです。ひょうたんやまヒロ歯科では他院では残せなかった歯も残せる可能性を大きくする技術は持っていますが、残念ながら私どもが手掛けてもどうしても残せない歯があります。

その残せない理由の最も大きなものは歯の破折です。

根管治療が適切に治療されていなくて他院で治療したとか虫歯が大きくて歯茎の下まで広がっているがなんとか残して欲しいとかという要望は治療をして残せる可能性は高いのですが、破折だけは今の地球上のどんな技術をもってしても残すことはできません。

ですので破折してしまった歯は抜歯という選択肢になってしまいます。

ですので当院に来て破折だから抜歯だよと言われてしまった歯は大概どの歯医者に言っても抜歯になることが多いです。すいませんが受け入れていただくしかないのが現状です。これを治せる技術が出たらいち早く皆さんにお知らせします。

ちなみに破折は神経が生きている歯では起こりますが非常に可能性は低いんです。実は歯が破折してしまうものの多くは神経を過去に除去してしまった歯なんです。

その理由がなぜかは次回のブログで書かせていただきますのでお楽しみに!


——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信599】抜歯の新しい技術

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉 裕規です。

毎日、ブログを更新してきてとうとう次で600回目を迎えます。                本当に早いものでここまであっという間でした。                      これからも700回、800回と皆さんに少しでもひょうたんやまヒロ歯科のこと          歯に対することをお知らせできればと思いますのでよろしくお願いします。

歯科でも新しい技術などが出てきていますが、最近新しい技術で面白いものがあったので    紹介してみたいと思います。

残念ながら歯周病や、虫歯が大きくなってしまったり、歯が折れてしまったりと色々な     理由で抜歯になってしまう場合があります。

従来は、抜歯を行う際にはペンチのような器具で歯を握って抜く方法と            エレベーターと言われる器具を使用し梃子の原理で抜歯をする方法がありました。

スクリーンショット 2016-08-29 17.44.12スクリーンショット 2016-08-29 17.45.23

スクリーンショット 2016-08-29 17.45.02スクリーンショット 2016-08-29 17.46.29

歯が歯肉の上に十分に残っていればペンチのような器具で歯を握って抜けば問題ありませんが、 虫歯等で抜歯に至ってしう場合歯が歯肉の上にほとんど残らない場合が多いです。       その場合はエレベーターという器具を使用して抜くしか方法はありまでんでした。

歯を握って抜ける場合は、歯の周りの組織を傷つけることは少ないんですが、         エレベーターという器具を使用する場合、骨を傷つけてしまうことがあるんです。

そこで新しい技術が出てきたというわけです。

少し、もったいぶるようですが次に新しい技術を書いていきたいと思います。

【ひょうたんやまヒロ歯科通信417】抜歯後の抗生物質

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉 裕規です。

今日も、夜からまたまた雨が降ってきています。明日もまた雨になるようです。        また雨が上がったら、さらに寒くなるのでしょうか?                    私は、寒さが苦手なので、なんかもうちょっとこれぐらいの気温でとどまっていてほしいと思います。笑

今日は、当院で抜歯をしたり、外科手術、腫れが出てしまった時などに処方している      抗生物質について書いていきたいと思います。

抜歯をしたり、外科手術をしたり、腫れが出た時に抗生物質を処方して飲んでいただいていますが、患者さんによっては「明日、診てもらってその時に消毒してもらえるから飲みませんでした」とおっしゃる方がいますが、これにはリスクが伴います。

まず、知っておいていただきたいのは、今までのブログでも書いてきましたが、お口の中の   病気はほとんどが細菌が関与しています。口腔内というのは細菌が非常に多い場所になります。 歯の表面の歯垢の中には1gあたり1000億個の細菌がいるとされています。

外科手術や抜歯をすると、歯槽骨という体の内側が細菌だらけの場所にさらされてしまいます。 体の中に細菌が入ってきてしまう恐れがあるということです。

通常、体が元気な状態であれば外界から体内に入ってくるものは体が排除してくれますが、   抗生物質を飲むことによって、血中の細菌増殖を抑えることができます。

少しでも、リスクを回避するために抗生物質を処方しています。

この作用は、一定時間で効果が弱まってくるので、処方された量は定期的に飲むようにしてください。

まあいいだろうといったものが、重篤な病気を招いてしまうこともありますので、きえ

【ひょうたんやまヒロ歯科通信209】抜歯後の痛み

皆さんおはようございます。 ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。 折角の土曜日ですがあいにくの天気ですね〜。 ただ明日は晴れて、天気も暖かくなるようですよ! 気持を切り替えて今日をしっかり乗り切りましょう。

今日は抜歯後の痛みについて書かせて頂こうと思います。

皆さんは歯を抜く経験をしたことがりますか?

スクリーンショット 2015-03-06 23.35.27

歯を抜くというとネガティブなイメージがありますが、歯を抜く理由は様々あります。

虫歯が大きいから・歯周病だから・根っこの治療が不十分なため・矯正治療で必要と判断されたため・親知らずが何かの理由で抜歯と判断されたため。

列挙してみるとネガティブなものもあれば、ポジティブな理由で抜歯が選択されることもあります。

抜歯を行なった後、ほとんどの方が思った以上に痛みがなかった。 又は少し痛みがあるけど、鎮痛剤を飲めば大丈夫と言って頂けます。

ただ抜歯を行ない、数日経った後に痛みが増してこられる方もいらっしゃいます。

原因は1つに断定することは難しいのですが、歯がしっかり抜けている場合はドライソケットというものが1番疑われます。

スクリーンショット 2015-03-06 23.37.35

ドライソケットとは歯が抜けているのにも関わらず、ズキズキと痛む。 痛みが長引く。飲食時の刺激で痛む。 といったことが起こります。

通常の場合抜歯をした後は、穴が空いたところ(傷口)に血が溜まって傷が治っていきます。

ドライソケットはその傷口に血が溜まらず、骨がむき出しになってしまい痛みが生じてしまいます。

ドライソケットになる原因として、①うがいを何度もしてしまう ②喫煙 ③血の巡りがよくなるようなことをする(激しい運動・飲酒・長風呂etc…) ④抜歯の時の傷 ⑤自己免疫の問題 等が挙げられます。

こういうことがあるので、ひょうたんやまヒロ歯科では、抜歯後はこういったことをしないよう必ず注意をさせて頂いています。

ただ抜歯後の偶発症ですので、医者側がこれらを注意してもどうしてもなってしまうことがあります。

その場合は、抜歯をした後の穴をよく洗浄して、必要があればお薬の追加や変更を行ないます。 そして経過を見ます。

スクリーンショット 2015-03-06 23.47.09

治る場合がほとんどですが、それでも治らない場合は骨の上にある不良な組織を取り、再度血が溜まって傷口が治ってくれるよう促す処置をします。

このように抜歯は、抜けば終わり。 というものではなく、経過も必ず見ないといけないものなのです。

痛みがある状態で、いつか治ると思って放っておくと、骨にまで炎症が波及することがあります。 こうなると非常に治療が複雑になってきてしまいます。

なのでこのような痛みがある場合は、ちゃんと歯医者に見てもらうようにしましょう。

このように怖い思いをする前に、何か抜歯をしてお困りの方は、歯科口腔外科と連携を取れているひょうたんやまヒロ歯科までご連絡下さい!!