【ひょうたんやまヒロ歯科通信1451】歯内治療の割れない工夫

皆さん、おはようございます☀️

近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅前でデンタルローンをしているひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

皆さん4連休の方も多いのではないでしょうか⁉️

月曜日当たりは、非常に涼しくなるようです🌾

皆さん風邪などひかれないように注意してください。

今歯の破折を食い止めるように、どのようにひょうたんやまヒロ歯科が工夫をしているか書かせて頂いています。

前回は優しい土台の外し方と言うことで、超音波で土台を取っている話を書かせて頂きました。

一度神経の処置をしている歯は、土台を外した後に虫歯を取ってから再度神経処置を始めていきます。

神経処置をしている場合、天然歯よりも多く削られている場合が多く、歯の破折が起こり易い状況にあります。

なので、極力虫歯を取る際も、大きく削りすぎないよう注意をする。

そして根っこの中の処置をする際に、極力元々の根っこの管の大きさから最小限に拡大すると言ったことを注意しています。

要は既存の歯を削りすぎないと言うことを注意しています。

そして根っこの治療の際に必ず必要になるものが、根っこの中を洗浄する薬液です。

この使う薬剤も使い方を誤ると、歯を脆弱にしてしまうものもあります。

その使い方も注意しながら、細菌を減らすようにすることが根幹治療の成功に繋がります。

このようにして、根っこの再治療でも歯が破折しにくくなるよう、工夫しています。

次は根っこの処置が完了した後の話について書かせて頂きたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信1438】割れ方の対策②

皆さん、こんにちは☀️

近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅前で本格ホワイトニングをしているひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

9月になりましたね‼️

ただ暑さはまだ真夏のまんまです💦

まだまだ熱中症には注意しましょう😄

前回歯の割れ方の話をしました。

では上の図のように、虫歯は全て取り切った。

しかし内側に薄い歯が残ってしまった。

このような場合はどうすれば良いのでしょうか⁉️

実は皆さんはとても嫌がるかもしれませんが、ここの薄い歯牙は削って何かしらで修復するしかありません。

自分の歯は削らない方がいいのですが、薄くなってしまって中途半端に残す方がリスクが高いのです。

なぜかと言うと、被せ物をした後に歯が欠けてきたり。

欠けてくれるくらいであればいいのですが、前にも書かせて頂いたように、破折となると、どう割れるか分からないのです💧

つまり、この薄い歯を中途半端に残した事によって、この歯そのものを将来的に抜かないといけない事になるかもしれません。

これが前回お伝えした、ジレンマになってくるんです。

ひょうたんやまヒロ歯科は極力歯を大きく削らないようにしています。

しかし虫歯を取り除き、歯が一定以上薄くなってしまった場合は、今まで書かせて頂いた観点から、大きく削る事にはなりますが、割れないように被せ物で覆ってしまいます。

一見大きく削るようには見えますが、将来的には破折のリスクを軽減できるので、歯が長持ちすると言う事になるのです。

元々歯の神経を取っている場合は、もう少し破折のリスクが上がるので、また次回からひょうたんやまヒロ歯科で気をつけていることを書いていきたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信1434】割れ方の対策

皆さん、こんにちは☀️

近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅前で本格ホワイトニングをしているひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

最近の瓢箪山の夕立のレベルが凄くないですか⁉️

あの勢いが一時間も続けば、瓢箪山は水没してしまうのではないでしょうか?

皆さんも夕立に備えて、折り畳み傘などを用意しておく方がいいかもしれませんね🌂

以前から歯の割れる(破折)の話をさせて頂いております。

歯の割れ方は誰にも予測がつかないので、歯の破折に備えることが大事というお話で終わっていましたね📕

実は歯が割れるというのは、単純に歯が大きく削られてしまう事によりおこってきます。

大きな虫歯があり、大きく削らなければならない。

つまり、残っている歯が薄くなってしまう。

そうすると、歯も物理的に力が加わると割れてしまうんです。

なので、ひょうたんやまヒロ歯科ではどのような場合でもなるべく大きく歯を削らないように心がけています。

ただし、虫歯は必ず取りきらなければなりません。

虫歯が残ると、またそこから虫歯が進行してしまうので、残すことはしてはいけません。

ここがジレンマになってくるんです。

では上の図のように、虫歯は全て取り切った、しかし内側に薄い歯が残ってしまった。

このような場合はどうすれば良いのでしょうか⁉️

また次回書かせていただきたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信1430】歯の割れ方

皆さん、こんにちは☀️

近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅前で本格ホワイトニングをしているひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

最近危険なレベルの暑さが続いていますが、皆さんバテていませんか⁉️

今週末は雨が降って、暑さも少し和らぐようですよ✨

前回のブログから、歯の割れやすさのお話をさせて頂いております。

ではなぜ歯は割れてしまったらダメなんでしょうか?

実は歯の割れ方によって、保存できる場合と保存できない場合に分かれてくるんです。

こういう場合は歯の破折が上の方なので、修復すれば歯がまだ使えますよね⁉️

こういう場合も同じです。

歯の一部分が欠けているところを埋めてあげれば、まだ歯は使うことが出来ます。

では皆さんこういう場合はどうでしょうか⁉️

もう見るからにはが真っ二つに破れていますよね?

こういう場合も同じです。

このように真っ二つに破れてしまうと、歯はくっつきません❕

そうなると歯にくっついていた歯茎もくっつかなくなり、そこにばい菌が繁殖するので、抜歯をしなければならなくなります。

では歯の破折って、縦に割れる場合と歯の上の部分で割れる場合とコントロールできると思いますか?

実は、歯の割れ方は誰にも分からないのです。

では、どのように歯の破折に備えなければならないのでしょうか。

それはまた次回書かせて頂きたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


[ひょうたんやまヒロ歯科通信1418】残せる歯

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です

本当に何回も書いていますが梅雨はいつ終わってくれるんでしょうか?毎日毎日雨で早く暑くてもいいから梅雨が明けて晴れて欲しいものです。

今回は最近多い依頼ですが歯をなんとか残して欲しいというものが多いです。ひょうたんやまヒロ歯科では他院では残せなかった歯も残せる可能性を大きくする技術は持っていますが、残念ながら私どもが手掛けてもどうしても残せない歯があります。

その残せない理由の最も大きなものは歯の破折です。

根管治療が適切に治療されていなくて他院で治療したとか虫歯が大きくて歯茎の下まで広がっているがなんとか残して欲しいとかという要望は治療をして残せる可能性は高いのですが、破折だけは今の地球上のどんな技術をもってしても残すことはできません。

ですので破折してしまった歯は抜歯という選択肢になってしまいます。

ですので当院に来て破折だから抜歯だよと言われてしまった歯は大概どの歯医者に言っても抜歯になることが多いです。すいませんが受け入れていただくしかないのが現状です。これを治せる技術が出たらいち早く皆さんにお知らせします。

ちなみに破折は神経が生きている歯では起こりますが非常に可能性は低いんです。実は歯が破折してしまうものの多くは神経を過去に除去してしまった歯なんです。

その理由がなぜかは次回のブログで書かせていただきますのでお楽しみに!


——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com