【ひょうたんやまヒロ歯科通信1508】上顎洞炎🌸

皆さんおはようございます!

東大阪にあるひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

皆さん花粉症は大丈夫でしょうか⁉️

最近は暖かくて晴れている日が多いので、辛い人は辛いのではないでしょうか?

前回花粉症からの上顎洞の炎症について書かせて頂きました。

上顎洞の炎症に関しては、審査・診断が非常に大事になってきます。

実はこの上顎洞炎は花粉症などでもなるというお話をさせて頂きましたが、歯が原因で上顎洞炎が起こる場合もあるんです❕

歯が原因でなる上顎洞炎のことを、歯性上顎洞炎と言います。

歯の虫歯をずっと放置していたり、神経を抜いている歯の感染が根っこの先の部分にあると、上顎洞に炎症が波及するんです✨

それは何故か?

前述したように、上顎の根の先は上顎洞と近接しています。そのため、根尖性歯周炎が広がると、細菌が上顎洞に達し、上顎洞炎を惹起します。

こうして歯性上顎洞炎は形成されていきます。

間に骨が介在していれば、上顎洞に炎症が波及しない場合も多いです。

こうなれば治療は歯の処置をしてあげないと、上顎洞炎が完治しないのです。

ただの上顎洞炎という風に書いていますが、審査・診断が大事ということを分かって頂けたでしょうか?

これからも花粉が辛いとは思いますが、上顎洞に違和感を感じる場合は耳鼻科または歯科を受診するようにして下さいね。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1506】花粉症🌸

こんにちは。

近鉄瓢箪山駅前にある、ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉です。

ここ最近鼻をグズグズいっている方が多く見受けられるような気がします。

私自身花粉症がないのでわからないのですが、非常に花粉が舞っていて苦しくなってきているようですね。

かなりひどい時などは、薬を飲む必要があるだとか…

花粉症の方は、辛い季節だと思いますが、頑張りましょうね。

これくらいの時期に多く見受けられるのが、上顎洞炎です。

では、上顎洞とはどこなのか?という説明から始めたいと思います。

頭蓋(顔面と頭部)には3種類の空洞があります。

一つは口腔、もう一つは鼻から気道をつなぐ鼻腔、そして鼻腔の外側にある空洞の副鼻腔の3種類です。

副鼻腔は下の絵にあるよう様に、前頭洞、蝶形洞、篩骨洞、上顎洞の4種類で、それぞれ左右に一つずつ合計8個あり、その中には空気が入っていて、小さな穴で鼻腔とつながっています!

副鼻腔の表面には薄い粘膜があり、粘液を出しています。さらに、線毛という小さな毛がたくさん生えていて、粘液を鼻腔のほうへ押し出す役割を果たしています。

なかでも、 上顎洞は最も下にあり、上顎の奥歯のすぐ上に位置しているため、歯と密接な関係にあります。

第461回 上顎洞炎 | 岡山市の審美・矯正歯科・インプラントは石井 ...

花粉症があったり、風邪を引くとこの副鼻腔に炎症が起こり、歯が痛く感じることも多々あります。

この歯が原因なのか、あるいは副鼻腔が原因なのかで治療方針が変わってきます。

また診断には、レントゲン写真が必要になることもあるので、上の歯が痛くて、場所が分かりにくいと言った場合は、耳鼻科あるいは歯医者の診断が必要になってきます。

花粉症が出てくるこの季節、歯が痛くなった場合は是非歯科医院に来てください。

審査・診断を行なわせて頂きます。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1502】花粉症

こんにちは。ひょうたんやまヒロ歯科の中上です。

だんだん暖かい日も増えてきましたね。

実家の庭の梅も咲いてきてきれいになってきました!

ただ、この季節にはやつが来るんです。。。。”花粉”です。。。。

花粉症のかたは皆さんそうだと思いますが、きついですよねー。。。診療中にくしゃみをしては患者さんに申し訳ないですし、、、

去年まではアレグラで対応していたのですが、今年は内服していても症状が出てしまい困ったものです。耳鼻科医に相談し、ビラノアという薬に変更しました。系統はアレグラと同じ抗ヒスタミン薬なんですが、1日1回の薬剤です。

これが、僕にはよく効きました!鼻もすーすー通っています!なによりうれしいのは1日1回なので薬が切れる機会が半分になること!とても助かります!

人にもよるとおもうのですが、いい薬です!皆さんも是非試してみてください♪

 

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信744】花粉症!!

皆さんこんにちは
ひょうたんやまヒロ歯科
受付・助手の福西です。

最近花粉が凄いですね。
最近は本当に花粉症の人工が増加しているそうで、私もその1人です……
何年か前に花粉症と診断されてから年々酷くなってる気がしますwww
皆さんはどうでしょうか?

花粉症の症状はくしゃみ、鼻水、めのかゆみが多いですが、喉も痛くなることないですか??

つい先日スタッフ間で皆喉が痛いって話をしていたら花粉だったみたいですw
花粉症は本当辛くて嫌ですね……

外出時はもちろん予防していると思いますが、色々調べてみました!!

食べ物でも対策出来る事を皆さん知ってますか??
調べてみるとヨーグルトやレンコンやわさび、バナナなど色々あるそうです。
逆に良くない食べ物もあるそうで、生のトマトやメロン、ファーストフード!!
気をつけないとダメですね!!
でもなんでか悪化させてしまう食べ物の方がすぐ食べれるものなので、よく口にしてると思いませんか?w

必ず悪いとは言えませんが少し控え目にするようにしましょう!

皆さんがしている花粉対策があれば是非教えて下さい!

【ひょうたんやまヒロ歯科通信202】歯の被せものが出来るまで①

おはようございます。 ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。 今日はあいにくの天気ですね〜。 昨日までは暖かかったのですが、今日の雨を境にまた少し寒さが戻るみたいですよ。 ただこの時期花粉症の方は雨が降った方が楽になるので、この天気の方がいいかもしれませんね。

スクリーンショット 2015-02-25 23.17.29

昨日の院長の補足になりますが、上顎洞に炎症が起こる1つの原因の中に、花粉症でのアレルギー性鼻炎もあるんですよ。 なのでこの時期によく花粉症の方が、歯医者に歯が痛いと来院されるのです。 皆さんも花粉症で歯が痛いと感じることがあるかもしれませんので、気になれば1度診査診断を受けるようにして下さい。

私は今週の土・日もヒロ歯科に出勤するので、このブログを週に3回書くことが出来ます。 今行っている藤本研修会で、座学から実習に移り、自分で口の中に入れる修復物を作る行程が一通り終わりましたので、その報告を3回に渡ってしたいと思います。

今回の内容は虫歯を削って・形を作り・型を取り(患者様が医院でするのはここまでです)・模型を作る行程です。

以前にも修復物については行程を書かせて頂きましたが、今回はより詳細に1つ1つのステップを自分の作った物を写真で交えながら説明したいと思います。

まず虫歯を削る行程。 私達歯科医師が患者様のお口に大きな虫歯(神経治療をしたり、プラスチックの詰め物では無理なもの)がある場合は、虫歯を取り除き、修復物が入るように歯を削ります。

スクリーンショット 2015-02-25 23.22.19

 

DSC_0017
形を削った状態

 

次に修復物を作成するために、型を取ります。

image1
削った状態を型にします。次にここに石膏を盛ります。

 

患者様が歯科医院ですることはここまでです。 この後の修復物が出来るまでの行程を、どうなっているのかより説明したいと思います。

この後に、この型に石膏を流し込みます。

image2
出来上がった石膏です。

image3
石膏をより細かくパーツで分けました。

本来我々歯科医師は多くの場合石膏を作るところまでを行い、後は技工士に模型を送り修復物を作ってもらうことが主流となっております。

この模型は削った時の模型と形が同じですよね? こうして患者様のお口の中の状態と同じ模型を作り、修復物を作っていきます。

ではどのように修復物が出来上がっていくのでしょう?

次回は、模型上で蝋を使って歯の形を作っていく行程を書きたいと思います。