【ひょうたんやまヒロ歯科通信1464】唾液の流れ

皆さんこんにちは。

近鉄瓢箪山駅前で土日診療をしている、ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

なんとなくここ最近もう一段寒くなった気がしますね〜。

また季節が進みそうですね。

そろそろウチも冬支度していかないといけませんね〜。

皆さん風邪には注意しましょうね。

前回は虫歯が出来るメカニズムについて書かせて頂きました。

今回は虫歯が出来る口腔内の環境について書いていきたいと思います。

実はお口の中って唾液が出ていることは皆さんご存知ですよね⁉️

唾液の効能について書かせて頂きたいと思います。

唾液は前にも書かせて頂いたように、

・歯を再石灰化させてくれる

・酸に対する緩衝作用がある

これはすぐにパッと思いつくかと思います。

他にはどんな効能があるのでしょうか⁉️

・食物残渣を洗い流す

・口腔内に微生物が大量に繁殖することを防ぐ

・浄化作用がある

こういったい色々ないい効果があるんです✨

つまり唾液が流れないところは、虫歯の好発部位になってくるのです。

では、主に言われているのはどこがリスクが高いのでしょうか?

実は上の一番奥の歯の内側と外側は唾液が非常に流れにくく、虫歯になり易い部位と言えます。

ではこれに対しての、アプローチはどうすれば良いかと言うと…

唾液が少ない方は、唾液マッサージであるとか、歯科医院で原因を診てもらうことが必要になるかもしれません。

それ以外に関しては、歯ブラシを上の奥歯の外側・内側に鏡を見て当てるようにすること。

そして歯質の強化として、歯科医院で定期検診を受けながらフッ素を使っていくと言うこと。

これが出来ることになってきます。

唾液のことが分かると、虫歯のことも分かってくる訳です。

唾液を理解して、虫歯になりにくい環境を整えていきましょう❕

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1463】虫歯が出来るメカニズム

皆さんこんにちは。

近鉄瓢箪山駅前で土日診療をしている、ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

ここ最近暖かい日もあれば、ちょっと涼しく感じる日もあり、なかなか体温調整が難しいですね。

体調管理を注意していきましょうね。

以前に皆さんにカリオロジーについて書かせて頂いたことを覚えてますでしょうか⁉️

虫歯が出来たので、歯医者で治してもらうという考え方から、何故出来たのか。

虫歯にならないようにするために歯医者で診てもらうという考え方が非常に大事ということを書かせて頂きました。

まずは虫歯の発生のメカニズムを今日は知って頂きたいと思います。

実を言うと、人間の口の中は脱灰といって酸によって歯が溶かされてしまうことと、再石灰化といって溶かされた歯を再び硬くすることを繰り返しています。

虫歯の勉強でよく出てくる図があります。

実は人間の口の中は中性に保たれているのですが、食事をするとこれが酸性に傾きます。

これが歯が脱灰を始める時なんです。

ただし、ここで人間の唾液の凄いところで、緩衝作用が働き、中性に戻そうとするんです。

これを再石灰化と言います。

この再石灰化をして、中性に戻ると歯は虫歯になりにくくなるんです。

では、再石灰化をしている時にまた物を食べてしまうとどうなるのでしょうか⁉️

せっかく酸性から元に戻ろうとする間に、また酸性になってしまいますよね?

こうなると実は虫歯になってしまう可能性が上がってしまいます。

このような状況は、ダラダラ食べを続けたり、時間を決めて食事をしなかったりすると起こり易くなってしまいます。

これが虫歯が出来るメカニズムなんですね。

なので、ちゃんと時間を決めて食事をしたり、再石灰化を促すような歯磨きをしたりすることが非常に大事になってくるんです。

甘いものの量以上に、食べ方が虫歯になることに対して非常に大事なポイントになってくると思って下さい。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1434】割れ方の対策

皆さん、こんにちは☀️

近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅前で本格ホワイトニングをしているひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

最近の瓢箪山の夕立のレベルが凄くないですか⁉️

あの勢いが一時間も続けば、瓢箪山は水没してしまうのではないでしょうか?

皆さんも夕立に備えて、折り畳み傘などを用意しておく方がいいかもしれませんね🌂

以前から歯の割れる(破折)の話をさせて頂いております。

歯の割れ方は誰にも予測がつかないので、歯の破折に備えることが大事というお話で終わっていましたね📕

実は歯が割れるというのは、単純に歯が大きく削られてしまう事によりおこってきます。

大きな虫歯があり、大きく削らなければならない。

つまり、残っている歯が薄くなってしまう。

そうすると、歯も物理的に力が加わると割れてしまうんです。

なので、ひょうたんやまヒロ歯科ではどのような場合でもなるべく大きく歯を削らないように心がけています。

ただし、虫歯は必ず取りきらなければなりません。

虫歯が残ると、またそこから虫歯が進行してしまうので、残すことはしてはいけません。

ここがジレンマになってくるんです。

では上の図のように、虫歯は全て取り切った、しかし内側に薄い歯が残ってしまった。

このような場合はどうすれば良いのでしょうか⁉️

また次回書かせていただきたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信1433】院内勉強会✏️

皆さんこんにちは。

近鉄瓢箪山駅前で土日診療をしている、ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

ここ数日快晴が続いていますね!

少し外に出ると、すぐに日焼けをしてしまいます💦

皆さんはどのような格好で普段過ごしているでしょうか!?

ちょっとでも暑さに配慮をしないと、エラいことになってしまいます😢

皆さんも熱がこもらないような服装で過ごすようにしましょう。

実はひょうたんやまヒロ歯科では院内勉強会を行っているんです✏️

これは院内のドクターと歯科衛生士が日々の診療の質と連携を深めるために、行われています。

先日のテーマはカリオロジーといって、虫歯が出来るメカニズムがテーマでした。

内容は非常に濃く、凄くタメになるものでした。

皆さんは虫歯が出来て歯医者にくる際に、虫歯が出来たから治してもらおうと考えますよね?

多分多くの方が、そのように考えると思います。

では、何故その虫歯が出来てしまったのでしょうか⁉️

何故その部位に出来たのでしょうか⁉️

出来たから→治す。

これでは、虫歯が出来ると言う、根本を治せないと言うことなんです。

皆さんに何故出来たかを分かってもらって、虫歯が出来ないようにしてもらうと言うことが大事だと言うことに目を充てているんです。

非常に細かな違いですが、これが大きな違いなんです💡

ここが、私が先日の勉強会で大きく気づかされたところでした❕

内容は次回からもっと詳しく書いていきたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1324】根先性歯周炎🦷

皆さんこんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山駅にある、ひょうたんやまヒロ歯科医院で4月から勤務させて頂いています、歯科医師の安田です。

今回は初めてのブログで何を書くか非常に迷いましたが、私がひょうたんやまヒロ歯科に来て、多くの患者様が悩みを抱えている歯の根っこの病気の一つである、根尖性歯周炎についてのお話をさせていただきます💡

この病気は、虫歯や歯周病などによって歯の根っこの部分に感染が起こってしまう状態をいいます。

初めは自覚症状が出ないこともありますが、歯をかんだ時に痛みが走ったり、歯が浮いたような症状が出たり、症状が強い時にはズキズキした自発痛が出たり、腫脹がみられることもあります。

場合によっては歯茎や顔面が腫れて強い痛みが生じ、麻酔をしても痛みが治まらないといった非常に怖い状態になる恐れがあります。

また炎症が続いたまま放置しておくと、歯の周りの骨が溶けてしまい、歯を抜かないといけなくなったり、骨髄炎といって顎の骨にまで悪影響を及ぼしてしまうリスクが出てきます。

この根尖部に感染が起こることは、過去に神経を取っている歯に起こりやすい病気になっています😈

神経を取っているのになぜ痛くなってしまうのか?ということです。

この質問に答えるのに一番簡単なのがこの絵を見ていただくことです。


これがなんだかわかりますか?

この黒く染まっているところは歯の神経が通っているところです。

ではこの中で実際に私たちが触れる根管はどの程度なのでしょうか?

実は全体の根管の60%しか触ることができないと言われています。この絵で言うところの太くなっているところです。

つまり神経を取っていますと言っても全ての神経を取りきっているわけではないので適切な治療を行わないと炎症を取り除くことができずに痛みを伴うことがあるわけです。

今回のお話は以上になります。

次回にこの話の続きとして、どのようにすれば根尖性歯周炎ができないようにすることが出来るかを書かせていただきたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1305】虫歯😈

皆さん、お久しぶりです✨

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

皆さんのGWはいかがでしたか⁉️

私の今年のGWはStay homeを守り、なるべく外出しないようにしていました。

家族との時間をゆっくりと過ごすことができ、リフレッシュできました❗️

運動をして、お風呂に入り、食べることの幸せを感じたり、なかなか基本的なことの重要性を感じたりしていました😆

その中でフと、皆さんの口腔ケアってどのようにしているのか気になってしまいました😅

ということで、あまり外出できないこの時期だからこそして頂きたい・知って頂きたいお口の中の情報を伝えていこうと思います💭

いきなりですが、誰もが一度はなったことがあると思う虫歯ですが、なぜ虫歯になるか知っていますか⁉️

虫歯はstreptococcus mutans (ストレプトコッカス ミュータンス)という口の中に存在する細菌が主な原因といわれています。

この細菌は、食べ物の糖を分解して、そこから酸を出します💨

その酸によって、歯が溶かされて虫歯になるのです❗️

なので、虫歯を防ぐには、原因となる糖を含む食べ物に注意が必要です。

すなわち、甘いものを食べたら歯磨きが大切です‼️

当たり前のことかも知れませんが、この時期だからこそお家で食べたら磨く✨

これを実践して頂ければ、また習慣も変わっていくのではないでしょうか⁉️

次回は今回お伝えした、虫歯関連の話をもう少ししたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com

【ひょうたんやまヒロ歯科通信1188】歯と口の健康習慣👄

皆さんおはようございます。

ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

本日は快晴ですね☀️

なんだか最近気温が上がってきて、夜が寝苦しくなってきましたね!

気持ちを切り替えて、元気にいきましょう!

今週は歯科界にとって、非情な大きなイベントがある習慣なんです!

カバのテツオ君について書かせて頂いた時にも少し触れていたのですが…

実は6/4火曜日は日本歯科医師会が虫歯の日とちなんで、虫歯予防デーだったんです!

https://www.jda.or.jp/enlightenment/poster/

そして6/4〜10までを歯と口の健康習慣としています!

各地で関連するイベントも多く行われていました🎊

この時期には毎年、このことについて書かせて頂いています!

皆さんもいつも以上に、歯に関心を持つようにして下さいね✨

これらのことを踏まえて、ひょうたんやまヒロ歯科でも少しでも患者様に歯のことやお口のことを理解して頂けるよう、皆様により丁寧に説明をしていきたいと思います。

まずは、何か歯でお困りの際は、放ったらかしにせずご連絡下さい!

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ホームページから365日・24時間予約出来るようになりました!!

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信829】夏休み検診

皆さんおはようございます!

東大阪にあるひょうたんやまヒロ歯科、副院長の松倉 徳明です。

ひょうたんやまヒロ歯科は日曜診療も行っております。

歯に困ったが、なかな歯医者に行くことが出来なかったという方は、ご連絡下さい!

http://hiro-dental.com

毎日暑いですが、夏バテは大丈夫ですか?

7月半ばも過ぎ、大阪市立の小中学校では一学期の終業式も行われて、ついに夏休みに入った様ですね。

子供の頃、夏休みといえば、海やプール、花火や夏祭りなど、夏ならではのイベントがとても楽しみでした。

長期の休みを利用して、家族旅行に行ったり、祖父母の家に泊まりに行ったりもしたものです。

休みということで、つい普段の生活リズムが崩れておやつなどの間食が増えたり、食後の歯磨きの習慣がおろそかになったりしがちです。

歯の痛みなど、気になることはありませんか?

症状が出る前であっても、お口の中の病気を予防することはとても重要です。

普段歯医者に行く時間がない方も、夏休みに是非、歯科検診をおすすめします!

お口の中の状態を見たり、細かいところを調べるのは自分自身ではとても難しいことです。

ひょうたんやまヒロ歯科では歯科検診を行い、虫歯や歯茎の状態、歯の汚れや、歯磨きの仕方など確認させて頂きます。

気になる方は早目のご予約をよろしくお願いします。

思い切り夏休みを楽しんで下さいね!

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ホームページから365日・24時間予約出来るようになりました!!

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信524】虫歯治療

皆さんおはようございます。

ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

今週の前半は雨が多くて、嫌な天気が続きましたね! しかし今週後半からは天気が戻ってくるようですよ!

ひょうたんやまヒロ歯科は明日の金曜日は、通常通り診療をしているのですが、副院長は1日・院長が半日診療になります。

お間違えのないようにして下さい!

歯にお困りの方は、お気軽にご連絡下さい。

http://hiro-dental.com

hirodentalLOGO

以前からのブログで、ひょうたんやまヒロ歯科のコンセプトとして、

ひとりひとりの患者さまに、親切かつ丁寧に説明をする歯科医院を目指しています

ということをお伝えさせて頂いております。

そして今は、治療の内容について書かせて頂いています。

前回は治療をする前に麻酔をするのですが、その麻酔のお話をさせて頂きました。

今回はいよいよ虫歯を取っていく話です。

歯医者なので、虫歯を取るということは当たり前の話なんですが、これが実はなかなか難しいんです!

何が難しいかというと、どこからどこまでが虫歯か見極めることが難しいんですね。

スクリーンショット 2016-05-10 11.20.48

虫歯と言っても、大きいものから小さいものまであります。

虫歯を取っていくと、黒色がなくなってくるので、色の判断がより難しくなってきます。

スクリーンショット 2016-05-10 11.21.18

私達は基本的に虫歯を、色・柔らかさを基準に取っていっています。

しかしこれもまた判断が難しくなってくるんですね。

この時にひょうたんやまヒロ歯科では、う蝕検知液というものを使っています。

スクリーンショット 2016-05-10 11.32.07

これが何かというと、判断が難しくなってきた虫歯を色で染めて分かり易くする薬なんです。

スクリーンショット 2016-05-10 11.21.50

虫歯が残っているとこんな風に色がついてくれるので、またその部分を取っていく。

そして完全に虫歯を取り切る。

そうすることによって、虫歯の取り残しが極力なくなるようにしています。

虫歯が残ると、また中でどんどん広がってしまいます。

治療をしたのに、していないと一緒になってしまう。

それが起こらないように、目で見て・手指感覚で判断、それでも難しい時は薬で確認をする。

これをひょうたんやまヒロ歯科では徹底しています!

今まで歯医者に通って治療をしたのに、また痛くなった。

そんな思いをしたことがある方は、もしかしたら虫歯の取り残しがあるかもしれませんよ!

きちんとした虫歯の治療を受けたいという方は是非、ひょうたんやまヒロ歯科までお越し下さい。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信422】乳歯の特徴

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10本にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉 裕規です。

最近は、天気も良く寒いですが、過ごしやすい日が続いているのではないでしょうか?

最近、子供の初診を見る事が多くなってきていますが、お母さんからよく質問されていることがあるので今回はその問い合わせに答えたいと思います。

よく「うちの子虫歯が進むのが早いんですけど、異常なんでしょうか?」と言われることが   多いんです。

過去のブログでも書きましたが、歯の表面はエナメル質という体の中でも一番硬い組織でおおわれています。このエナメル質が物をすりつぶしたり、歯の大切な神経を守っているんですが、   乳歯は、大人の歯に比べるとこのエナメル質が大人に比べて半分ぐらいしかないんです。

スクリーンショット 2015-12-09 20.44.31

このため、乳歯は虫歯の進行が、大人の歯に比べて早いんです。               虫歯はエナメル質の中だけであれば、再石灰化の可能性がありますが、            エナメル質の下にある象牙質に進んでしまうと一気に広がってしまいます。

なので、異常な訳ではなく、もともと子供は虫歯になるスピードが早いので、ならないように  毎日のブラッシング、定期検診、フッ素による予防などが必要になってくるんです!!

治療が終わったら、虫歯になりにくいように、また虫歯が小さい時に治療できるように     定期検診には来てください。

ひょうたんやまヒロ歯科ではスタッフともども、お待ちしております。