【ひょうたんやまヒロ歯科通信1338】筋肉と輪郭

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

前回のブログで筋肉と遺伝について書かせて頂きました。

筋肉の生まれつき遺伝的に強い方や弱いけども後天的な要素によって発達する方がいると書かせて頂きました。

実はこの筋肉と顔の輪郭には関連があるんです。

顔の輪郭には丸顔、逆三角形、エラが張った形、面長楕円形とありますが実はこのエラが張ったタイプの方には筋力が強い傾向があります。

これは噛む筋肉のちょうどエラの部分にあたる所についている咬筋というものに関連しています。

筋肉の強い方にはその付着部位である骨がその力に耐えるためにしっかりとした方が多いんです。

なのでそれがエラの張ったようになることが多いんです。

もしエラが張っているかもという方は力が強くないかどうか、今まで自分の力で歯を割ったことがないか、詰め物や被せものが外れることが多くないかチェックしてみてください!


——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信1337】筋肉と遺伝

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

前回のブログは少し脱線してプロテイン=タンパク質について書かせて頂きました。

今回のブログではもう少し脱線して、筋肉について書いていきたいと思います。

ただし筋肉がどうやれば大きくなるとか腹筋割りたいとかそういう話ではありません。

今回の話は筋肉と遺伝の話です。

筋肉というのは負荷をかければかけるほどその負荷に耐えようとして太く大きくなっていきます。これは万人に共通する事でこれが変わる人はいません。

ただし同じ負荷をかけても太くなるスピードや太くなり具合などは個人によっても違うんです。

これは遺伝子が持っているタンパク質を合成する能力が関わっているとされています。

遺伝が関与しているのでお父さんやお母さんが筋肉質な方は子供も筋肉質といったように生まれ持った能力が関与しその後の生活の仕方等によって発達具合が変わってくるんです。

実は人間の物を噛んだり開けたりするのにも筋肉が関与しています。

なので噛む筋力が強い方もいれば弱い方もいます。

そのために筋力が強い方は歯が自分の筋力に耐えられず欠けてしまったり、歯が割れてしまったりするんです。

さらに神経を取ってしまった歯は神経の残っている歯に比べて自分の歯が少なくなってしまうために割れやすくなってしまったりします。

ですので筋力が強いと判断される方は治療の方法も変わってしまうこともあるのでもし食いしばっているかもとか歯ぎしりがあるかもとかと疑いがある方は是非ご相談ください!


——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com