【ひょうたんやまヒロ歯科通信255】麻酔

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉 裕規です。

昨日は、一日中大阪都構想のことずくめでしたね。皆さんは、投票に行かれましたでしょうか?

話は変わって今日は、歯科の麻酔のことについて書いていきたいと思います。         ひょうたんやまヒロ歯科では、土日も診療をしている為急性症状のある患者さんが多く来られます。皆さん、結構少しの痛みや違和感程度であれば我慢してしまうようで、来院された時には  痛みや腫れがピークにに出ている状態で見せていただくことが最近多いように感じます。

急性症状がでている際には、痛みを止める為に麻酔をさせて頂いているんですが、なかなか麻酔がきちんと効いてくれなくて、痛みを我慢していただいて応急処置を行わなければならない時があります。

では、なぜ麻酔が炎症があった場合は効きにくくなるんでしょうか?

主な理由は2つです。

1つは、炎症が起こっている場合は、炎症の起こっている部位は酸性に傾きます。        麻酔は酸性に傾いた場合は、麻酔が効きにくい状況になってしまいます。            2つ目の理由は、痛みには閾値があり、その閾値が下がってしまいます。            簡単に言えば、痛みに敏感になってしまうということです。

痛くなってからでは、麻酔もききにくい状態で治療を行わなければいけなかったり、術後の痛みにも影響する事があります。

治療の基本は、早期発見、早期治療になりますので痛くなる前に、検診を受けておいて下さい。 是非、ひょうたんやまヒロ歯科までお電話下さい。

【ひょうたんやまヒロ歯科通信060】痛くない麻酔

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉裕規です。

ここ最近の、私のブログでは歯医者のことから離れたことを書くことが多かったので、今日は歯医者のことについて書きたいと思います。

以前、高田が麻酔を痛くなくする為に、院内でしている事として表面麻酔としてペンレスというシールを麻酔前に貼ってから治療を行うと、麻酔のチクッとするのを和らげることができると紹介をさせて頂きました。

写真 2

今日はそれに追加して、麻酔をなるべく痛くなく受けて頂くために行っている事を紹介できればと思います。

ひょうたんやまヒロ歯科では麻酔をする際に痛くなくする為にしていることが3つあります。

1.麻酔前には、ペンレスという表面麻酔のシールを貼る。(以前に高田が書きました)

2.使用している針は33Gのものを使用する。

3.麻酔の液を体温程度まで温める。

です。

針は細ければ細いほど、刺されていることを感じません。

G(ゲージと言います)は数が大きければ大きいほど細くなります。

yjimage-1

33Gの針は現在一番細い針になり、最も痛みを感じにくい針になっています。

そして、ひょうたんやまヒロ歯科では麻酔の液をカートリジウォーマーを使用して       体温程度(37℃)にまで温めています。                          体温程度まで温めた麻酔の液と室温程度の液では体温程度まで温めたほうが痛みが少ないんです。

yjimage

この3つで麻酔をなるべく痛くなくさせて頂いています。

今まで歯医者で麻酔で痛い思いをした、少しでも痛くない治療を受けたいという方は      是非、ひょうたんやまヒロ歯科までお越し下さい。                     スタッフ共々心よりお待ちしています。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信036】麻酔を痛くなくする表面麻酔

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科

受付兼助手の高田です。

いよいよ本格的な夏が始まり、世間では夏休みモードですね!!

学生さんの1ヶ月ぐらいある夏休みがうらやましいです…(笑)

以前私が書いたブログで院内紹介をさせて頂いた際に観葉植物を紹介しましたが

今日は治療に関係することを書いていきたいと思います。

皆さん、歯医者に行かれた時に一番嫌なのは何ですか?

私は麻酔の針をさされる瞬間が一番嫌いです。

例えば歯を抜く時や虫歯の治療をする時などに使用します。

そこでひょうたんやまヒロ歯科ではチクッとするのを少しでも軽減するように表面麻酔を使用しています。

「ペンレス」といいます!!

写真 1

名前の由来は英語のPAINLESS(日本語に訳すと痛みなし)からきているらしいです。

写真 2

一見ただのシールのように見えますが、このシールを貼ることによってチクッとするのを感じなくする魔法のシールです(笑)

このシールのおかげで、ひょうたんやまヒロ歯科で治療されている患者様はほとんど「全然痛くなかったよ〜」って言って頂けます!!

特にお子様などの治療時には特に麻酔を嫌がる子が多いのでこのシールを貼る事で嫌がっていたのを忘れてしまうぐらい麻酔を平気でしています。

私はまだ経験したことがないんですが、いつもホンマに痛くないんやーって思いながら感心しています。

私も過去に経験した事のある麻酔といえばチクッとしてとても痛かった思い出があります。

歯医者で働く前は、表面麻酔が存在している事を全く知りませんでした。

このような注射が痛くない表面麻酔があると怖い治療も少しでも怖さが緩和できるのではないでしょうか!!

皆さんも痛いのが嫌で歯医者に行くのをやめてしまったとか無痛治療を体験してみたいと思われる方は是非、ひょうたんやまヒロ歯科にお越し下さい!!

スタッフ共々心よりお待ちしております!!

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています