【ひょうたんやまヒロ歯科通信531】ちょっとしたコト

皆さん、こんにちは。

土日診療もやっている近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

最近は、東京都の舛添知事や三菱自動車の燃費の不正の問題がありますが、過去にもマンションの偽装の問題や、強度不足の問題等いろいろありました。

このような問題を見て、いつも思うのが過去のブログでも書きましたが、やはり物事を行う人間のモラルによるところが大きいのではないかと思います。

これは、歯科でも同じですが、いくらでも手を抜いて治療しようと思えば、できますし時間を短縮することもできます。                                  ただし、その後に痛みが出るとか噛めない等の問題が出てきます。

ひょうたんやまヒロ歯科でも、初めてムシ歯になってしまったという患者さんよりも、過去に治療をされていたものをやり直すといった治療の方が多いくらいです。

本当にちょっとしたコトなんです。ちょっと気を使ってあげれば、ちょっと器具を滅菌してれば、ちょっと噛み合わせのコトを口の中で考えてあげれば、ちょっとレントゲンを取れば、     ちょっときちんと削ってあげれば…

このちょっとしたコトをしてもらえず、治療を行ったはずなのにまた治療をしなければいけない。

もし自分の家族に治療するときにはそんなコトしないはずなのに…

ひょうたんやまヒロ歯科では、このちょっとしたコトを手を抜かずに行っていきたいと思っています。ひょうたんやまヒロ歯科に来ていただける患者さんに自分の家族に行うような治療を行なっていきたい。そのような治療を行っております。

少しでもお困りのことがあったり、治療のコトを聞いてみたい時はひょうたんやまヒロ歯科まで ご気軽にお電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です