【ひょうたんやまヒロ歯科通信1568】正しい歯の磨き方

こんにちは。東大阪近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りてすぐにあるひょうたんやまヒロ歯科の院長 松倉裕規です。

突然ですが、皆さんはどのように歯磨きを行っていますか?

知っているようで知らない歯の磨き方について今回は解説させていただければと思います。

コツ1:歯にしっかりとブラシをあてて磨く

コツ2:力を入れすぎないこと

コツ3:小刻みに動かして磨く

一番大切なこととしては「1本1本を丁寧に磨くこと」です。

特に奥歯はブラシが行き届きづらくなかなか1本を丁寧に磨くというのが難しい箇所ではあるんですが、そのため虫歯になりやすい箇所でもあるので、ブラシの持ち方を斜めにしたり縦にするなどして工夫してみることが大事になります。

また、前歯の裏側もしっかり磨きにくい部分ではありますがハブラシのはしの部分を使い、歯の裏にブラシをしっかりと押し当てながら上下に動かして磨くのがポイントです。

歯並びが整っていない歯(ガタガタしている歯)に関してはブラシを直角にあてるように意識し、歯の側面も磨くように意識してみましょう。

そしてブラシはなるべく小刻みに動かすように心がけて見ると良いです。

小刻みに動かすことで細かい汚れがとれることもあるので意識してみると良いでしょう。

歯垢(プラーク)はほおって置くと歯石になってしまったり知覚過敏の原因になってしまうことになったりもするので歯に残さないように歯磨き毎に必ずキレイに歯垢(プラーク)を覗くことがとても重要です。

よくやりがちですがコツの部分にも書かせていただきましたが、磨く際には「力をいれすぎない」ことがポイントです。

力を入れて磨いたほうが汚れがとれるのではないかと思われがちですが、力をいれすぎるとブラシの形が変形し、歯にしっかりとブラシがあたらず、汚れが逆にとれなかったりします。

そのため、力を入れるのではなく「ブラシを歯にしっかりとあてて左右上下に動かす」という意識で磨くのが正しい磨き方です。

今回書いたことに関して日頃から少しでも意識して記事を書いていただければ幸いに思います。

当店は土日も営業している歯医者なので歯磨きの仕方など困ったことがあればお気軽に診察にお越しくださいませ。

———————————– ⻭のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け 『ひょうたんやまヒロ⻭科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった 10 歩の⻭医者 ●土日診療・ネット予約 OK ネット予約はコチラhttps://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp ●クレジットカード・デンタルローン取扱

———————————–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です