【ひょうたんやまヒロ歯科通信1128】2025万博

皆さん、こんばんは。

東大阪近鉄瓢箪山駅前で本格ホワイトニングをしているひょうたんやまヒロ歯科、副院長の松倉 徳明です。

今回は変則で、深夜にブログの更新を行っております。

この訳は後ほど…

皆さん昨日の勤労感謝の日は何をされましたか?

私は家族とゆっくいご飯を食べに行きました。

夕方くらいは少し怪しかったですが、お天気にも恵まれて非常にゆっくりすることが出来ました。

まだまだ3連休で休みが続いている方も多いのではないでしょうか!?

しっかり息抜きして下さいね。

実は先ほども深夜にブログを更新していると書かせて頂きましたが、今非常に気になっていることがあります!

それは2025年に開催される、万博です!!

もう皆さんご存知のように、日本からは大阪が誘致を目指しています!

以前にお伝えした、御堂筋ランウェイの中でも万博誘致のPRをしていました。

その最終PRがパリで行われ、決選投票が現在行われている状況です。

大阪とロシアとアゼルバイジャンとの三つ巴です。

大阪はこれで勝てば、1970年以降の万博開催になります。

非常に厳しい戦いですが、どうなることでしょう。

明日の朝起きれば、結果が出ていると思います。

皆さんも開催地が大阪になるよう、祈っていて下さいね。

それではまた明日!

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています・ネット予約OK ネット予約はこちら

https://ssl.haisha-yoyaku.jp/x6524221/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

●クレジットカード・デンタルローン取り扱い

●ホワイトニングもやっています(マイホワイトニングという名前です)

http://mywhitening.com


【ひょうたんやまヒロ歯科通信638】ドラフト会議

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科院長の松倉 裕規です。

最近めっきり涼しくなってきた(たまに寒いぐらい)なーと思っていましたが  ここ数日はまた暑いぐらいになってきて服を何着ていくか迷ってしまいますね。

今日は、スポーツ界で一大イベントがあります。

何かご存知ですか?

今日5時から行われる「プロ野球ドラフト会議」です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-8-51-41

私はこのブログでも何回も書いていますが、大の阪神タイガースファンです。  昔から私の祖父の代からファンです。

去年のドラフトでは、高山 俊選手をヤクルトとの競合になりながらも何とか獲得することができ去年は目まぐるしいぐらいの活躍をしてくれました。

このドラフトで獲得できた選手が次の年の主役になっていくわけなのでどの選手を獲得できるかでそのチームの出来が決まってくると言っても過言ではないほどです。

そのため、いろいろなドラマがドラフトでは起きます。

去年も、ハズレくじをあたりと勘違いして一旦また外れかとがっかりさせられてから一気にテンションが上がったのを覚えています。

今年も、数多くの有望な選手がいるようです。

どこの球団が、どのような選手を獲得できるのか楽しみに見てみたいと思います。

【ひょうたんやまヒロ歯科通信536】神経治療③ 〜顕微鏡〜

皆さんおはようございます。

ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。

この土・日はなんだか読めない天気が続きますね〜。

今日も午前は晴れですが、午後から雨が降るとか… 本当にハッキリしてほしいものです。

今週の土・日曜日は、ひょうたんやまヒロ歯科は、院長・副院長どちらも診療を行っております。

歯にお困りの方は、お気軽にご連絡下さい。

http://hiro-dental.com

以前からのブログで、ひょうたんやまヒロ歯科のコンセプトとして、

ひとりひとりの患者さまに、親切かつ丁寧に説明をする歯科医院を目指しています

ということをお伝えさせて頂いております。

そして現在は神経治療について書かせて頂いています。

前回は、神経治療では何に気をつけて、ひょうたんやまヒロ歯科ではどのように治療をしているか書かせて頂きました。

今回は、神経治療をしていくにあたって、ひょうたんやまヒロ歯科で使っている顕微鏡の話をしたいと思います。

歯科の治療の時に使う顕微鏡のことを英語で言えば、〝マイクロスコープ”と言います。

写真 2

前回も説明したように、歯の神経が入っている管は非常に微細な構造をしています。

かなり小さい上に、口腔内というかなり限られた環境の中で、光がほとんど届かない中で処置をしなければならず、細かいところまで肉眼で確認するのは不可能です。

そこで歯科用の顕微鏡(マイクロスコープ)を使用することで、細かいところまで見る事が可能になり精度の高い治療をすることができるんです。

スクリーンショット 2015-04-08 20.14.38
この穴の一つ一つが神経の入っている管になります

では精度の高い神経治療とはどんなものか。

・見つけないといけない神経の管を見落とすことなくしっかり見つけられること

・神経の管の道筋に沿って神経を取り切ること

・中を消毒の薬で洗うこと

・器具等が折れている場合は顕微鏡で見ながら除去できること。

etc…

様々あります。

当たり前かもしれませんが、肉眼ではこれらのことが非常に困難なんです。

以前に院長が何度か書いていましたが、歯に穴が空いていたり、幼若な神経にはMTAという特殊な薬を使います。

スクリーンショット 2014-10-18 14.08.49 スクリーンショット 2014-10-20 11.54.18

このような薬を詰める時も、顕微鏡を使います。

マイクロスコープは本当によく見えるので、歯内治療の質を高めてくれます。

しかしマイクロスコープを使用しなければ、歯内治療が成功しないかというとそういうわけではありません。

昨日もお伝えしたように、歯内治療の原因は細菌になりますので、細菌の量をいかに減らすかが成功するかにかかっています。

つまり、細菌の感染を減らすラバーダムが必須になってくるんですね!

03_16_01007

顕微鏡(マイクロスコープ)を使うとどのように治療の精度を上げることが出来るか、わかりましたでしょうか?

顕微鏡(マイクロスコープ)を使った精密な治療を受けてみたいと思った方は、気軽にひょうたんやまヒロ歯科までご連絡下さい。

次回は神経治療の時に使う薬について書きたいと思います。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信243】お披露目(カメラ)

おはようございます! ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。 こんなに晴れた週末はいつぶりでしょうか。 明日も晴れて、連日とても過ごしやすい陽気になるそうですよ〜。

実は以前の227・232回でもお話しさせて頂いたように、当院に新しいマイクロスコープ(顕微鏡)が登場しました。 *ブログでは下の方にスクロールして頂くと、バックナンバーも見れますので、ぜひご覧下さい!

そして前はそのマイクロスコープにまだカメラが付けられていない状態を報告させて頂きました。

とうとう先日新しいマイクロスコープにもカメラが付き、やっとこれで新しいマイクロスコープも設備が整いました!

image2

image1
以前からあったマイクロスコープ

違いがお分かりでしょうか? 実はカメラの色が違うんです! ただカメラの色が違うだけで、性能や型は全て同じなんです!! それだけなんです!!!

image3

以前からあったマイクロスコープ
以前からあったマイクロスコープ

これで2つの部屋で、全く同じことが出来るようになりました。この顕微鏡は治療の精度を上げるためには、必要不可欠のものなんです。

なおかつここにカメラが付くことで、患者様にもしっかり見てもらって分かりやすい説明をすることが出来るんです。

これからもひょうたんやまヒロ歯科は、より患者様に分かりやすく・精度の良い治療を行っていきたいと思っております。

ぜひそのような治療を受けたい場合は、ひょうたんやまヒロ歯科にご連絡下さい。 土・日診療も行っております。

 

 

【ひょうたんやまヒロ歯科通信232】新しい仲間(機械)

おはようございます。 ひょうたんやまヒロ歯科副院長の松倉 徳明です。 今日は久しぶりにスカッと晴れて、気温も上がるようですよ〜。 皆さん絶好のお出かけ日和なんで、何処かに出掛けるのではないでしょうか? 土・日診療のひょうたんやまヒロ歯科もしっかり診療しておりますので、歯にお困りの方は是非ご連絡下さい。

先日もブログ227回で院長が書いていたように、ひょうたんやまヒロ歯科につい先日新しい仲間が来ました。

ありがたいことに、1番の部屋にもマイクロスコープが増設されたんです! ただしまだ付いていない機能があるのです。

DSC_0147

 

実はこれが2番の部屋にある、最初のマイクロスコープなんですが、皆さん違いが分かりますか?

写真 2

 

そうです! この横についたカメラがまだ1番の部屋のマイクロスコープにはまだないのです!!

これが今回の新しい仲間になります。

image1-7

ではこのマイクロスコープの横についているカメラがどんな働きをしているかというと…

この図を見て下さい。

以前に院長が穴の空いている歯の部分を、お薬で修復処置をした写真になります。

右下の白くなっている部分が分かりますか?

私たちは処置中、このような視野で作業をしています。 ただこれは非常に拡大されているので、裸眼で見たり私が以前に紹介させて頂いたカメラでは作業の部分が小さすぎて見にくいのです。

スクリーンショット 2014-10-18 14.08.49
右下に穴が空いてしまっています

 

 

スクリーンショット 2014-10-20 11.54.18
右下に修復のお薬が入っています

ただこのカメラがマイクロスコープに付いていることによって、皆さんにより私達と同じ視線でどのようになっているか、写真に収めることが出来るのです。

非常に分かりやすいですよね?

ちなみにこれが、普通の口腔内用のカメラで撮った写真です。 拡大率が違うでしょ?
ちなみにこれが、普通の口腔内用のカメラで撮った写真です。
拡大率が違うでしょ?

患者様にはなかなか気づいてもらっていない影の功労者のカメラが、もう少ししたら1番の部屋のマイクロスコープに付くことになります。

また皆さん興味があれば、席に着いた時に見てみて下さい。 小さく見立たなく付いていますが、凄い働きをしているんですよ!

このような精密な説明や治療を希望する場合は、是非ひょうたんやまヒロ歯科にご連絡下さい。 お待ちしております。

【ひょうたんやまヒロ歯科通信228】神経治療の話

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉 裕規です。

今日は東京では4月にもかかわらず雪が降ったらしいですよ!瓢箪山も気温がガタっと      下がってとても寒い一日になりましたね。

前回のブログでマイクロスコープを新しく設置しましたと書いたんですが、最近の初診の患者  さんに説明する機会が本当に多い歯の神経治療について書きたいと思います。         神経治療については過去にこのブログでも書いた事があるんですが、本当にこの神経治療が   きちんと行われていなくて困っている方が多いので、もう一度書いておきたいと思います。

歯の神経治療はきちんと守るべき事を守っていれば非常に成功率の高い治療になります。

神経治療を行う上で、敵になるのは細菌です。                       細菌が存在しなければ、歯の神経治療は必要ありません。しかし、お口の中には必ずどんな方でも細菌が存在します。そのため、細菌の量をいかに減らすかが成功につながるんです。

歯の神経治療を行う上で必ず守らなければならない事は                   無菌的な状況下で治療を行う事。

これさえ守っていれば、一定の成功率を得る事は可能です。                 ではこの無菌的な状況はどのような事をすれば達成できるのか?               これも過去のブログで何度となく書いてきましたラバーダムです。              ひょうたんやまヒロ歯科に来院される方で今まで過去の治療でラバーダムを経験されたことのある方は1人もいません。ラバーダムは別に最新の治療法ではありません。             もう1864年あたりには存在していて、アメリカの専門医の使用率はなんと90%を超えます。   この日本での使用率は悲しい事に5%に満たないんです。                   理由は簡単です。コストと面倒だからという理由です。                   その歯科医師の勝手な理由のせいで、患者さんが不利益を被ってしまうんです。

スクリーンショット 2015-04-08 20.14.12スクリーンショット 2015-04-08 20.14.38

それに加えて、マイクロスコープを使用することさらに成功率をあげることができます。

きちんとした神経治療をうけたいと思われたらひょうたんやまヒロ歯科までご連絡下さい!!

【ひょうたんやまヒロ歯科通信227】マイクロスコープ2台目

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉 裕規です。

今日もまたまた残念ながら雨模様ですね。まだもう少し天気が回復するのは時間がかかるようです。ただ大分と気温が上がってきましたねー。もう夜でも少し肌寒いくらいで、ダウンなどは必要なくなりましたね。

今日、ひょうたんやまヒロ歯科に新しい機材が設置されました。新しいといってもひょうたんやまヒロ歯科にはもう1台はあったんですが、新しく増設しました。                ひょうたんやまヒロ歯科には治療用の椅子が2台、お掃除などで使う椅子が1台あります。    各部屋に分かれていますが、治療用の椅子では1台には過去にブログでも書いたことのあるマイクロスコープが設置してあります。                              開業当初は1台のみで治療をさせていただいていたんですが、次第にマイクロスコープを使用するような治療が増えてきましたので、毎回麻酔のみをマイクロスコープのない部屋でさせて頂いて、 治療時には、マイクロスコープのある部屋に移動して頂いて行っておりました。

DSC_0147

副院長もマイクロスコープを使用する治療が多くなってきましたので治療用の部屋では両方マイクロスコープを使用した治療を行えるよう、新しく設置しました。               マイクロスコープを使用することで治療の精度を高める事ができるので、精密な歯科治療をしてみたいと言う方はひょうたんやまヒロ歯科までお電話下さい。

【ひょうたんやまヒロ歯科通信117】拡大鏡

こんにちは東大阪の近鉄瓢箪山駅の駅前にあるビル二階のひょうたんやまヒロ歯科の副院長の松倉徳明です。今日も朝から天気の悪い中一生懸命診療中です!本当に月日が流れるのもあっという間ですね。もう11月ですよ。年が変わるまであと2ヶ月。今年も良い年だったなって思えるようあと2ヶ月頑張っていきましょうね〜。ちなみに以前にもお伝えさせて頂きました、ジンジャモール瓢箪山with東商店会の8の市は今月もあります。今月は8日が土曜日になっております。ひょうたんやまヒロ歯科に初診で来て下さった患者様には歯ブラシをプレゼントするので、何か歯のことでお悩みの方は是非お越し下さい。

スクリーンショット 2014-10-04 18.11.13

以前から口腔内カメラやiPhoneと副院長の最新メカ情報を書かせて頂いています。今回も新たな物が仲間に加わりました。メカではないのですが、普段の診療の際に使うメガネが新しくなりました。診療の時に使うメガネって?と思う方がいらっしゃると思います。歯医者の診療の時に、大量の水や空気を使います。その時にどうしても私達の顔の方に水や唾液などが飛んできてしまうのです。更に観血処置の時は血液が飛んできてしまう場合や金属を削る時に金属の破片が飛んでくるのです。そんな時に感染予防や目の保護の為にメガネをします。そのメガネが最近届いたのです。

image1-3

どうです?黄色でカッコいいでしょ?

あと歯医者で使うメガネと言えば、拡大鏡というものがあります。これは何かと言うと、以前に院長がマイクロスコープについて書いていましたが、口腔内を細部まで見る為には顕微鏡で見たり視野を拡大する必要があるのです。その中でも根管(神経治療)を見るほど拡大する訳でもなく、歯石を取ったり被せものをかぶせる為に形を整えたりする際に細部が見えるようにするように弱拡大で見たい時にこのメガネを使うのです。分かりやすく言えば、ルーペです!これがようやく私の元に届いたのです。

image3 image2 image1

これをかけると本当に世界が変わったようによく見える!細かい見にくい部分の汚れや、形がちゃんと削れているかなどがよく分かるようになったのです。つまり診療の質が上がるということです。

これから診療中はこの拡大鏡を使う頻度が高くなると思いますが、何このメガネ?と冷ややかな目で見るのではなく、患者様に行う診療の質を高める為だと温かい目で見守っていて下さい。保護用のメガネは、ひょうたんやまヒロ歯科のスタッフ全員で揃えましたので、また皆がどんな色のメガネをしているか見ていて下さいね。

精密な診療を希望される方は、是非ひょうたんやまヒロ歯科までお越し下さい。

【ひょうたんやまヒロ歯科通信106】MTAセメント

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉 裕規です。

前回のブログで根管治療の際に気づいているのに穴をあけてしまったということを伝えることをしなかったのか気づかないままに穴をあけてしまってそのまま治療を終了してしまっているのか歯に穴があいてしまっている症例について書かせて頂きました。穴があいていると異常出血や細菌感染が起きるため塞ぐ必要があると書かせて頂き、保険治療適応の材料では十分に穴を塞ぐことができず保険適応外の材料を使用する必要がありますとお伝えしましたがそれがどのような材料なのか書きたいと思います。

歯にあいた穴を埋める材料は「MTAセメント」と言います。                 MTA(Mineral trioxide aggregate)セメントとは1993年にアメリカで開発された水硬性のセメントです。1998年以降に諸外国でも使用されるようになっており良好な結果が報告されています。

このMTAセメントは強アルカリです。そのPhは12でほとんどの細菌はph9.5で破壊されるとされています殺菌作用が強く硬組織誘導能があり生体親和性に優れ、拒絶反応をおこしにくい材料とされています。

前回も載せましたが歯に穴があいてしまった症例です。スクリーンショット 2014-10-18 14.08.49

穴があいている部位の不良な組織を除去して

スクリーンショット 2014-10-20 11.54.08

 

穴が開いている部位をMTAセメントで封鎖します。

スクリーンショット 2014-10-20 11.54.18

充填後のレントゲンです。穴があいてあった部位からMTAが出ています。

199_4683

こうしてMTAセメントにて穴があいてあった部位を塞いで通常の根管治療に移っていきます。  不幸にも歯に穴があいてしまった場合の治療手順は以上のようになります。          この処置に必須になるのはラバーダムをして無菌的に治療を行うこと、顕微鏡を使用しきちんと穴があいてしまっている部位を処置してあげること、MTAセメントをきちんと使いこなす技術です。このいずれかが欠けても治療は失敗に終わってしまいます。                 このような知識、技術がなければ穴があいた歯を抜歯と判断されてしまい本来抜歯の必要のない歯まで抜歯をされてしまいます。

もしこのように説明をうけ抜歯と判断されたが…と思われる方はひょうたんやまヒロ歯科までご相談下さい。スタッフ共々お待ちしております。

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています

【ひょうたんやまヒロ歯科通信073】キャリア教育体験学習(イキイキ ひょうたん山)2!

皆さん、こんにちは。

東大阪の近鉄瓢箪山(ひょうたんやま)駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科      院長の松倉 裕規です。

昨日、ブログで書きました東大阪のジンジャモール瓢箪山で9月8日、9日と行われるキャリア教育体験学習(いきいき ひょうたん山)がありひょうたんやまヒロ歯科にも高野さんと荒谷さんが来てくれました。

どんな子達が来てくれるのか少し不安なところもありましたが、二人とも来た瞬間から元気よく挨拶をしてくれたので不安も吹き飛びました。

2人ともかなり緊張しているのが分かり、初々しかったです。(笑)

最初は歯医者に来るのもなかなかないと言っていたので歯医者の雰囲気になれるのも大変だったと思います。しかも一番最初の患者さんは抜歯(しかも2本も…)

でも、だんだん慣れてきてくれて患者さんが入ってきたら大きな声で「こんにちは〜」とフレッシュな声で挨拶をして医院の雰囲気を明るくしてくれたり、エプロンをかけてくれたり、コップを置いてくれたりしながら歯科業務がどんなものか体験してもらえたと思います。

DSCN2920

最後にはお互いの口腔内の模型をとってもらって記念に持って帰ってもらったり、実際に患者さんから抜歯させていただいた歯をキレイにした物をマイクロスコープで実際の歯はどのようになっているのかを見てもらいました。

本当に明るい二人でひょうたんやまヒロ歯科のスタッフも元気をもらい昼からなお一層頑張って働いてくれていたように思います。高野さん、荒谷さん来てくれてありがとう!!

今回、経験させていただいて本当によかったなーと思っているので、またこういう機会があったら協力させて頂きたいと思います。

突然のお願いに快く受諾していただいた患者さん、本当にありがとうございました。

また、引率の先生等も本当に丁寧に説明していただき至らない点も多かったと思いますが、ありがとうございました。

明日も一日、瓢箪山ジンジャモールのいろいろなお店で体験学習があるようなので、もし見かけたら温かく見守って上げて下さい。

頑張れ、東大阪市立縄手南中学校2年生!!

——————————–

歯のコンシェルジュサービスをひとりひとりの患者様にお届け

『ひょうたんやまヒロ歯科』

ウェブサイト:http://hiro-dental.com

ツイッター:@hirodentist

●東大阪近鉄『瓢箪山駅』から歩いてたった10歩の歯医者

●土日診療も行っています